来春の朝ドラ「半分、青い。」に六角精児、高木渉ら個性派俳優陣が出演

ニュース
キーワード

 2018年4月2日にスタートするNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月~土曜午前8:00ほか)の新たな出演者が発表され、六角精児らの出演が決まった。ヒロイン・楡野鈴愛(永野芽郁)の同級生・西園寺龍之介(矢本悠馬)の父親・満役で出演し、町で一番お金持ちの不動産会社社長で常にギラギラしているという役どころの六角は、「実際に自分が生きた時代をさかのぼって味わえるというのは、とても楽しみで興味深いです。さまざまなことがイケイケのにぎやかな時代、バブリーに演じたいです」と意気込んでいる。

 同ドラマは、北川悦吏子氏の脚本で、大阪万博の翌年の1971年に岐阜で生まれたヒロインの鈴愛が、左耳の失聴を乗り越え、失敗しても「やってまった」と言いながら明るく前を向いて生きていく姿を描く。物語序盤の岐阜編では、鈴愛と同じ日に同じ病院で生まれた幼なじみの萩尾律(佐藤健)、“ブッチャー”というあだ名のガキ大将・龍之介、鈴愛の良き相談相手となる町の洋品店の一人娘・木田原菜生(奈緒)たちを中心にストーリーが展開される。

 新たに出演が発表されたのは、六角のほか、龍之介の母・富子役を広岡由里子、菜生の父・五郎役を高木渉、菜生の母・幸子役を池谷のぶえ。今作が連続テレビ小説初出演となり、洋品店「おしゃれ木田原」の主人で“おしゃれ”を名乗りながら独特のセンスの持ち主という五郎を演じる高木も、「出演が決まって今はうれしさと緊張感でいっぱいです。撮影しながらどんな家族になっていくのか、これからとても楽しみです」と出演のよろこびを明かしている。

キーワード
関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年11月22日号
発売日:2019年11月13日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:Kis-My-Ft2

新着連載

PAGE TOP