北大路欣也&泉谷しげる&志賀廣太郎の「三匹のおっさん」が帰ってくる! 正月に「家族が一緒に見られるドラマ」

ニュース
キーワード

 かつて“三匹の悪ガキ”と呼ばれていた、還暦を過ぎたおっさんが私設自警団を結成し、町内の悪を成敗する痛快ドラマ「三匹のおっさん」が、2018年1月2日(午後9:00)に、テレビ東京系のスペシャルドラマとして帰ってくる。

 北大路欣也、泉谷しげる、志賀廣太郎が、還暦を過ぎたおっさん3人組を演じ、個性際立つコミカルな演技と絶妙なコンビネーションで人気を博してきた同作は、14年1月、15年4月、17年1月とこれまで3シーズンが放送されてきた。今回は、商店街の福引で当たった日光への旅行で、映画撮影のロケに出くわし、ひょんなことからスター女優と知り合うところから物語が始まる。地元に帰った3人は、悪ガキ時代に通った映画館の存続を巡る騒動に巻き込まれていくことになる。

 主演の3人は、シリーズ初の地方ロケに「日光結構!」とダジャレも飛び出すほどノリノリ。北大路は「爽やかで、明るくて、リズムがあってね、平和で楽しくて、愛らしいドラマだと僕は思う。それで現代と遊離しているかといったら、とんでもない。もうピシャっと現代と合ってるし」と本作の特徴を端的に表現した。お正月の放送ということで、志賀は「お屠蘇(とそ)飲みながら、あるいはおミカン食べながら、楽しんでもらえれば」と穏やかに語り、泉谷は「今、欣也先輩が言ったように、家族が一緒に見られるドラマってなかなかないからな~。子どもと一緒に見られる番組が少ないから何とかしてくれと言われるんだよ、俺に言われても困っちゃうんだよな。でもよくぞ、これができてよかったと思いますよ、ホントに」とお正月に家族で見るのに適している作品であることをアピールした。

 さらに、泉谷が「『三匹のおっさん』は永遠に続けたいくらいのものなので、わしらが死んでもやります、みたいなね。その頃になるとCGやアニメーションもできるだろうし(笑)」と冗談でその場を沸かせれば、志賀は「末永くよろしくお願いしますということだし、今の世の中の生き方というか、そういうことにもちょっと思いをはせてもらえればいいですね」と真面目に締めるベテラン同士のコンビネーションを垣間見せた。

 そして、小学生の女の子から「三匹のおっさん」を楽しみに見ているというラブレターをもらったという北大路は、「われわれ3人がそろわないといけないんだけど、スタッフの方々も本当に縁の下の力持ちで一生懸命僕らを支え、吹き上げてくれている。僕らとっても幸せですよ。こういう友情や人間関係はなかなか持てるようで持てないしね。そういう意味で仕事上ではあるけれど、『三匹のおっさん』の絆は大事にしたいなと」と語り、絆と縁を確認し合い、全力投球することを誓った。

キーワード
関連記事
PAGE TOP