柄本佑主演のFODドラマ「ROAD TO EDEN」。オードリー・春日の出演をサプライズ発表! 「ちゃんと見ていれば、どこかで出てきます」

ニュース
キーワード

 10月26日から動画配信サービス・FOD(フジテレビオンデマンド)で配信される連続ドラマ「ROAD TO EDEN」の完成披露試写会に、主演の柄本佑と共演の久松郁実が登壇した。同作は、地球とは別の架空の惑星を舞台に、ニュークローン軍に反乱するレジスタンスのメンバーで、物資を盗んでは労働者階級に配る義賊を名乗る主人公・カイト(柄本)ら5人の仲間が「エデン」を目指す。

 撮影は台湾の金門島で敢行。柄本は約3週間の滞在期間中で、唯一自ら外食したのは、近くのカフェで出演者と火鍋を食べたのみだったそうで、「当然、(アルコールを)飲みたいわけですが、酒がなくて、近くにコンビニがあるから買ってきていいか聞いたらダメだと言われ、ただの女子会でした。火鍋食って甘いの飲んで、まぁ盛り上がった」と語り、会場を笑わせた。

 また、アクション初挑戦の久松は、「メインキャスト5人にそれぞれ武器が割り当てられ、私の武器は槍(やり)なんですけど、 両方に刃が付いていて全然うまく扱えきれなくて、よく自分を痛めつけていました」と回想。また、柄本は、お笑いコンビ・オードリーの春日俊彰が出演していることを明かし、「ちゃんと見ていれば、どこかで出てきます」とアピールした。

キーワード
関連記事
PAGE TOP