カメラマン・金子ノブアキ、ジェンダーレスのヘアメーク・徳井義実、敏腕編集長のリリー・フランキーが真木よう子をサポート

ニュース

 7月13日スタートのフジテレビ系連続ドラマ「セシルのもくろみ」(木曜午後10:00)に、金子ノブアキ、チュートリアルの徳井義実、リリー・フランキーが出演することが分かった。同作は、ファッション雑誌業界を舞台に、専業主婦・独身・共働き・シングルマザーなどさまざまな立場の女性たちが、ぶつかり合いながらも幸せを探していく群像劇。専業主婦だったが、読者モデルにスカウトされたことから人生が変わっていく主人公・宮地奈央を真木よう子が演じる。

 金子が演じるのは、女性ファッション誌「ヴァニティ」の専属カメラマン・山上航平。イケメンで乗せ上手にしてプロ意識の高いモテ男だ。「いろいろな場面で素晴らしいカメラマンと幾度も出会ってきました。いいキャラクターを作り上げることで彼らへの敬意を表することができればと思います」と意気込みを語っている。

 また、徳井は、主人公の奈央の良き理解者であるジェンダーレスのカリスマヘアメーク・安原トモに扮(ふん)する。奈央にとって絶対的な味方であり、現場で絶大な信頼を寄せる特殊な存在という役どころだ。常に冷静沈着でソフトな語り口、スマートなルックスでオシャレに決めたカリスマヘアメーク役を徳井がどのように仕上げるのか期待がかかる。徳井は「ジェンダーレスな役は前からやってみたいと思っていたんです。取材で“演じたい役柄は?”と聞かれた時は“オネエの殺人鬼”と答えてきましたから。うっすらそこに近づいたかな」と念願かなった様子で、「女装とかコントですることも多いので、女性的な身のこなしなどはこれまでにも意識はしてきました。女性の身のこなしの演技も嫌いではないので、もう準備はできているかもしれません」と自信をのぞかせる。

 「ヴァニティ」の編集長・南城彰を演じるリリー・フランキーは、「“世渡りのうまい毒気の抜けたオジサン編集長”として、“男”を強く出さないように演じていきたいですね。特に女性には見てもらいたいドラマなので、視聴者の目を汚さないようにうまく伝えていければと思っています」とアピール。“オンナのもくろみうごめく”ファッション誌業界で、一般主婦から読者モデルへと羽ばたき、成長していく奈央をそれぞれサポートしていく男たちに注目だ。

関連リンク
PAGE TOP