瑛太主演「ハロー張りネズミ」にロッチ・中岡&人気グラドル・片山萌美が出演。「萌美ちゃんの胸も見どころ」

ニュース

 TBS系で7月期にスタートする連続ドラマ「ハロー張りネズミ」(金曜午後10:00、開始日未定)に、お笑いコンビ・ロッチの中岡創一、人気グラビアアイドルの片山萌美が出演することが決まった。主人公の探偵“ハリネズミ”こと七瀬五郎(瑛太)が入り浸るスナック「輝(キララ)」のマスター役を中岡、アルバイト従業員の萌美役を片山が演じる。中岡は「瑛太さんたちが活躍される探偵ドラマという部分はもちろん、大根仁監督が萌美ちゃんの胸に尋常じゃないほど執着して撮影していたので、そういう部分も見どころだと思います」と冗談交じりに、目が離せない内容をアピールする。

 同ドラマは、弘兼憲史氏の同名漫画を原作に、東京都板橋区の下赤塚にある「あかつか探偵事務所」のスケベだが人情に厚い探偵の五郎が、相棒の木暮久作(森田剛)らと共に無理難題ばかりの依頼を解決していくストーリー。演出はドラマ「モテキ」「まほろ駅前番外地」(テレビ東京系)などを手掛けた大根氏が務める。

 基本的に無気力で年齢不詳のマスター役を演じる中岡は、「まだ、せりふの数は少ないのですが、リラックスしてやらせてもらっています」と進行中の撮影を振り返り、「同じシーンでご一緒した瑛太さんと森田さんは、オフから急にオンになるところにびっくりしました。さすが役者さんだなと。ギャップがすごいですね」と共演者に刺激を受けている様子。

 また、露出の多い格好で登場し、下心のある五郎や木暮とコミカルなやりとりをする萌美役の片山も、「クランクイン前はすごく緊張していたのですが、皆さんがつくり出す穏やかな空気にリラックスして臨めました」と現場の雰囲気を明かし、「1話の中に、私たちがいるスナックの場面が2シーンほどあるのですが、そのシーンがある意味でキーになると思うので、注目して見ていただけたらと思います」と見どころを訴えている。

関連リンク
PAGE TOP