元刑事が描いたリアリティー溢れる警察小説を貫地谷しほり主演でスペシャルドラマ化

ニュース

 テレビ朝日系では、元大阪府警暴力犯担当刑事という経歴を持つ二上剛が退職後に書き上げ、「第2回本格ミステリーベテラン新人発掘プロジェクト」を受賞した話題の警察小説を、同名タイトルで映像化。スペシャルドラマ「黒薔薇 刑事課強行犯係 神木恭子」を3月19日(午後9:00)に放送する。主人公の女性刑事・神木恭子に貫地谷しほり、神木とコンビを組む主任刑事・折原圭作に岸谷五朗が扮(ふん)する。

 ドラマは、昇任試験に失敗した恭子が、図らずも東京臨海署刑事課強行犯係に配属されるところから展開。少々粗っぽいがやり手のベテラン刑事・折原に認められてコンビを組んで、ある殺人事件を担当することになった恭子は、複雑な謎を解き明かすうちに、警察官だった父親の死の真相を知ることになる。

 やがて父の死の真相は、警察組織の闇までをも浮かび上がらせていくが、全ての鍵は黒い薔薇(ばら)を好む凛とした老婦人(野際陽子)が握っていた。事件解決のため、巨大な権力に押しつぶされ命を落とした人々のため、そして父親の復讐のため、恭子と折原は警察官としては取ってはならない手段で最後の闘いに挑んでいく。

 壮大なスケールとリアリティーにあふれた物語に貫地谷は「役作りも何が正解かわからないという感じでした。まるで初めてお芝居を始めたころに味わったような感覚です」と圧倒されながらも、「このドラマは神木恭子の成長物語でもあると思うのですが、どの登場人物もストーリーの最後まで分からない不思議な魅力があり、そこも面白いと思います。重々しい空気もあり、台本を読んだ時にはその重々しさにゾクゾクしましたし、見る方にもゾクゾクしていただけると思います」と手応えをアピールする。

 岸谷も「脚本を読んだ時はリアルな刑事ドラマで、テレビドラマというよりも映画のような感じがしました」と手応え十分。「リアリティーがある中で、ドラマというエンターテインメントを演出されているので、実際にあるかもしれない、という感覚で警察内部を探っていくと、事件と重なって…という展開がとても面白いですね。そんな複雑怪奇なところが魅力だと思います」と力を込めている。

関連リンク

TVガイド最新号

TVガイド
2019年7月26日号
発売日:2019年7月17日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:山田涼介

新着連載

PAGE TOP