ダレノガレ明美が岡村隆史の恋人に立候補!? 岡村の悲しいクリスマスイブの予定も明らかに

ニュース

 テレビ局近くのダイニングバーを舞台に、常連の岡村隆史と店主の田村亮が毎回来店するゲストから“ここだけ”の話を引き出すシチュエーショントークバラエティー「おかべろ」(土曜午後2:24、関西ローカル)。12月24日の放送は、ダレノガレ明美が仲良しのメーク担当の女性と共に登場する。

 登場早々、「クリスマスに呼ぶゲストが私ってことは、本命でしょ?」と岡村に問い掛けるダレノガレ。すると岡村は、話したい人は誰かと聞かれた際にダレノガレの名前を挙げたことを明かす。その理由について「一人でどんどんしゃべってくれるから」と岡村が続けると、ダレノガレも思わず納得。そんな中、岡村と田村が、ダレノガレの恋人について掘り下げようとすると、「しゃべることはあるけど、言えない!」とダレノガレはかたくなに拒否する。それでも引き下がらない岡村と亮によって、トークは結婚など、核心を突いたところにまで発展する。

 放送日がクリスマスイブであることから、自然と話題はクリスマスへ。ダレノガレの「クリスマスは何しているの?」という質問に対し、岡村は「仕事」と即答。すると「(仕事が)終わったらおいでよ、女子会!」「そろそろ結婚しないと!」と自身のペースで岡村を追い込み、岡村が「今田耕司さんも坂田師匠(という独身の先輩)もいるから、まだ大丈夫」とすねてしまう場面も。

 恋多き女性として知られるダレノガレに、亮が「岡村さんにはどんな女性が合ってると思う?」と質問すると、「さばさばしている、私みたいな子がいいと思う!」と言い、なんと自分自身を推薦する。そして、「私っていい女なの。宅飲みを2回したら、絶対好きになると思う!」と猛烈にアピール。それを聞いた岡村が「俺らが付き合ったら、いじられ倒すで!」とツッコみを入れるが、「最高に面白くない?」とあっけらかんと答えるなど、まさかの展開になる。

 ダレノガレが席を外すと、同行のメーク担当の女性に、岡村と亮が質問。「気を付けておいた方がいいこと、あります?」との問いには、「トイレが長い。2時間メークの時間をもらっていても、30分くらいトイレに行っていて…」と思わぬ苦労話を告白する。トイレで何をしているのかを本人に聞いてほしいという願いを受け、岡村と亮が戻ってきたダレノガレに、トイレでの行動を聞くことに。すると、意外過ぎる行動が明らかになる。

関連リンク
PAGE TOP