浜田雅功が体調不良で会見を欠席。今年の「笑ってはいけない」は超過酷!?

ニュース

 大みそかに日本テレビ系で放送される「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!大晦日年越しスペシャル!『絶対に笑ってはいけない科学博士24時!』」(午後6:30)の記者会見が行われ、出演のダウンタウンの松本人志、月亭方正、ココリコ(遠藤章造、田中直樹)が顔をそろえた。

「絶対に笑ってはいけない」シリーズは、「大晦日年越しスペシャル!!」としては11回目を迎える恒例企画。今回は「科学研究所」がテーマで、5人が新人科学研究員に扮(ふん)し、襲い掛かる数々の笑いのトラップに挑戦。仕掛け人として、各界から豪華ゲストが登場するなど予測不能な展開が待ち受け、こらえきれずに笑ってしまうと尻たたきなどのお仕置きが待っている。

 収録は既に終わっており、松本は「一応やるだけのことはやりました。本当は去年で辞めると言っていたんですが、皆さんの熱いご要望でもう一回やってみようという、ほっしゃん。みたいなことになってしまいました」と、SNSで芸能界引退をにおわせてすぐに撤回した所属事務所の後輩の話題を絡めてぼやき、笑いを誘った。

 毎年、(秘)ゲストがお茶の間を沸かせる同番組だが、今回は同局ドラマ班とのタッグが実現したことから、さらにスケールアップ。「ガキ使」初登場となる松坂桃李ほか、これまでをしのぐメンツが続々と登場するといい、田中も「役者さんが例年より多く登場された。せりふや動きを完璧に入れてこられるのでクオリティーがすごいと思った」と感嘆しながら振り返った。

 また、ダウンタウンの浜田雅功は声帯炎による体調不良でこの日の会見を欠席。一同は「あれ(収録)くらいから体調が悪くなった」(松本)、「後遺症だと思う。収録が進むにつれてどんどん元気がなくなっていった」(方正)、「最年少の僕ら(ココリコ)が45歳なので、上の皆さんは大変だったと思う」(遠藤)と口をそろえ、今年もハードな内容が展開されたことをうかがわせた。

関連リンク
PAGE TOP