テレ東の片淵茜アナらを輩出した
女子大生がDJを務める番組が復活

博多ニュース

 ラブエフエム国際放送(福岡)は2016年9月28日に改編会見を行い、現役女子大生がDJを務める新番組「CAMPUS BEATS」を10月1日からスタートさせると発表した。毎週土曜午後3:00から1時間、ソラリアプラザ(福岡)1階にあるスタジオから生放送する。

 出演は福岡女学院大学の江越楓、当間琴子、福岡大学の朱雀愛海(すじゃく・なるみ)、秋山佳連。初回は4人そろって登場し、以降は2人ずつランダムに出演する予定だ。

 ラジオはもちろん、今回初めてメディアに出演する朱雀が会見場に登場。「メンバーお薦めの音楽情報や、キャンパスで流行しているモノやコトなどを伝える番組です。リスナーのみなさんにもメールやSNSを通じて参加していただきたいと思っています。(個人的には)洋楽だったらテイラー・スウィフトが好きで、番組では映画音楽などもかけたいですね。例えば「プラダを着た悪魔」のサントラとか。(大学では)工学部で化学システムを専攻している“リケ女”です(笑)」。

 2015年9月まで放送されていた「AFTER SCHOOL MUSIC」の後継プログラムになる。同番組終了後に寄せられたリスナーからの継続を望む声に応える形で番組が実現した。「AFTER~」からはモデルの丸林広奈、鷲崎万梨子、テレビ東京アナウンサーの片淵茜らが巣立っている。

PAGE TOP