ボイメンの冠番組「BOYS AND MEN 栄第七学園男組」が東京から初放送!

トレンドニュース

 8月24日に発売したシングル「YAMATO☆Dancing」でオリコンデイリーランキング初登場1位、ウィークリーランキング2位を獲得したBOYS AND MEN。名古屋から全国への勢いが止まらず、“ボイメン”の愛称で親しまれている彼らは、2014年3月より2時間半の生放送でおくる「BOYS AND MEN 栄第七学園男組」(CBCラジオ 毎週月曜日22:00~)を担当中。通常は名古屋・新栄のスタジオから放送している本番組が、8月29日に東京・九段下のCBCラジオ・東京スタジオより生放送を敢行した。 その模様をリポートする。

「BOYS AND MEN 栄第七学園男組」は架空の学校“栄第七学園”を舞台に、ボイメンが生徒として“国語”“保健”などの授業、部活動、放課後と、実際の学校の活動をモチーフにしたコーナーを展開している。部活動の“第七学園合唱部”は今年5月にアルバム「チキン」を発売、“第七学園演芸部”は「キングオブコント2016」(TBS系)の予選に挑戦するなど、各ジャンルで本格的な活動を繰り広げている。

 今回は『全国制覇 超前哨戦!第七学園 首都殴り込みSP』と題し、中継が盛りだくさんのスペシャルな内容で生放送した。出演メンバーは水野勝、辻本達規、本田剛文、平松賢人、土田拓海の5人。2017年1月7日に日本武道館でライブの開催が決定していることから、土田が日本武道館付近でライブ前哨戦のストリートライブを行う模様を中継。ギター片手に、自らを“TAKUMI”と名乗り即興ソング「夢の場所」を披露した。また、平松はCBC東京支社内での肝試し生リポートに挑戦。辻本は町に出て「3か月前が誕生日だったので祝ってください!」と一般の方に声をかける中継も行った。

 コーナーの合間にはリスナーからのお便りを元にトーク。番組の冒頭に辻本が「愛する赤い自転車が盗難の被害に遭った」と報告すると、「泣けるけど、(辻本の報告の仕方が)笑える!」といった反響のメッセージがあり、生放送らしくリアルタイムでリスナーを巻き込んで話が展開された。番組公式のGoogle+では、“日直”と呼ばれるその日の担当メンバーが、リクエストに応じて写真を投稿。ラジオを聴きながらメンバーの表情を楽しむこともできる。

 毎回、リスナーから1000通を超えるメッセージが届くため番組内でその全てを紹介しきれないが、放送終了後にメンバーは全てのリスナーからのメールに目を通している。お互いにメッセージを見せ合い楽しそうに話す様子は、まさに学校のよう。また、番組は少数精鋭のスタッフで制作。本番前の打ち合わせや、放送終了後の反省会ではディレクターとメンバーが椅子を寄せ合い、輪になって意見を交換し合う姿も見られた。チームとしてお互いに信頼が厚く、本番中に水野は、ガラス越しにいるスタッフのリアクションを確認しつつ、トークを回していた。

 くだらないことを全力で真面目にやるボイメンらしさあふれる「BOYS AND MEN 栄第七学園男組」は、日ごろラジオを聴く習慣がない方でも気楽に聞ける番組。是非一度、放送を聞いてもらいたい。


TVガイド最新号

TVガイド
2019年8月30日号
発売日:2019年8月21日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:410円
表紙:

新着連載

PAGE TOP