石原さとみが型破りな“校閲ガール”を熱演。地味だけどスゴい校閲の仕事とは?

ニュース

 女優の石原さとみが、10月から日本テレビ系でスタートする連続ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(水曜午後10:00、開始日未定)で主演を務めることが分かった。出版社の校閲部を舞台にした“お仕事ドラマ”で、石原は「地味なんだけど、世のため人のためになっているお仕事をされている皆さんを応援できるドラマになるよう頑張りたいと思います!」と張り切っている。

 宮木あや子氏の小説「校閲ガール」シリーズを基にした同作。校閲とは、文書や原稿などの内容の誤りや不備な点を調べ、直し正すことで、編集者から「ゲラ」と呼ばれる途中段階の原稿を預かって深く読み込み、「『一番最初』だと、『一番』の意味が二重になってしまいます」「現在○○線に○時○分の列車は存在しません」など、文章の間違いや矛盾、疑問点を指摘するのが校閲者の仕事だ。

 ドラマでは、ファッション雑誌の編集者を目指して出版社に入ったものの、校閲部に配属された河野悦子(石原)が、文章と対峙(たいじ)することにやりがいと喜びを見いだし、作家に直接会いに行ったり、事実確認のために現場に乗り込んだりと、本来は地味なその仕事に新風を巻き起こしていく姿が描かれる。

 石原は「校閲というお仕事は、ひもといていくと私自身とも密接に関わりがあることを知りました。撮影までに実際に、校閲のお仕事をされている方とお会いしていろいろと教えていただき、また、ファッション大好き女子として、秋冬ファッションも勉強していきたいと思います!」とイメージを膨らませ、「華やかなファッションとピリッと効いた毒舌な会話劇と、真剣に仕事に打ち込む河野悦子を楽しみにしていただけたらうれしいです」とアピールする。

 宮木氏は「かわいかったり格好よかったりする女の子が主人公の映像作品が大好きです。だから『校閲ガール』のドラマ化の話を頂いた時は跳び上がるほどうれしかったです。しかも、主演はとびきりかわいくて、これからどんどん格好よくなりそうな石原さとみさん。私が石原さんを知ったのは映画『包帯クラブ』ですが、その後、瞬く間にすてきな女優になられた石原さんが、どんな河野悦子を演じてくださるのか今から楽しみでなりません。見る人皆が楽しめる、地味にスゴいドラマができることを願っています」とコメントを寄せている。

関連リンク

TVガイド最新号

TVガイド
2019年11月1日号
発売日:2019年10月23日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:ビートたけし×村上信五

新着連載

PAGE TOP