柄本佑が「ヤッさん」で伊原剛志の相棒に。山本舞香、上地雄輔、板谷由夏、里見浩太朗も出演

ニュース

 俳優の柄本佑が、7月22日にスタートするテレビ東京系の連続ドラマ「ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~」(金曜午後8:00)のキーパーソン役に抜てきされた。主演の伊原剛志扮(ふん)するヤッさんの相棒となる青年・タカオを演じる。

 同作は、移転間近の東京・築地市場を舞台にした人情グルメドラマ。宿無し無一文でありながら食の天才という謎の男・ヤッさんが、東京に憧れIT企業に就職したものの、流れ流れて宿無しとなってしまったタカオと共に、“食”を冒瀆(ぼうとく)するやからたちが巻き起こす事件を解決すべく、築地や都心を爆走する姿を痛快に描いていく。

 役どころについて柄本は、「最初はダメ人間なんですが、ヤッさんと出会って、最後には男らしくなっているのかなという役です」と解説し、「ヤッさんをはじめ、すごい人たちか周りにいて、タカオは普通の人、むしろちょっとダメな人なので、共感できることは多いです」と語る。

 役作りのために、初めてジムに通って筋力トレーニングに励んでいるといい、「初日の撮影でいきなり腕立てを50、60回やったんですが、筋トレをやっていたので乗り切れました」とエピソードを披露。主演の伊原とのコンビネーションにも手応え十分で、「一緒にやっていても、タカオとヤッさんという感じが最初から出ている気がしますし、この関係はとても面白い関係だなと思っています」と自信を見せている。

 ほか、そば好きでそば職人になることを夢見る女子高生・ミサキ役で山本舞香、ヤッさんが懇意にする築地市場の仲買人・正一役で上地雄輔、韓国料理店の女主人で、ヤッさんとは長い付き合いのオモニ役で板谷由夏、ヤッさんの過去を知る老舗そば店の店主・橋田役で里見浩太朗が共演することも発表された。

関連リンク
PAGE TOP