石丸幹二と山本未來が「ドクター調査班」に出演。“独裁者”と“死に神”をそれぞれ熱演

ニュース

 4月22日からテレビ東京系でスタートする、谷原章介主演の連続ドラマ「ドクター調査班~医療事故の闇を暴け~」(金曜午後8:00)の第2話(29日)と第3 話(5月6日)に、それぞれ石丸幹二と山本未來がゲスト出演することが分かった。

 同作は医療事故調査にスポットを当てたヒューマン医療ミステリーで、架空の組織「医療事故調査委員会」(通称・MAIC)の第7班を軸に展開。医療事故が起きた現場への潜入調査を目的に設置されたMAICは、医師や弁護士で構成されており、消化器外科医・華岡慧(谷原)もメンバーの一人だ。ドラマでは、華岡が一癖も二癖もあるMAIC第7班のメンバーたちと共に、違和感を覚えた現場を徹底的に調べ上げ、医療事故の背後に潜む関係者や患者の真実を解明していく姿が描かれる。

 石丸が演じるのは、天才外科医の川越雅彦。卓越した医療技術を持ち、患者たちから“神様”とあがめられる一方、同僚や看護師たちからは、その傍若無人な振る舞いから“独裁者”と恐れられている男だ。第2話では、そんな川越が業務上過失致死の容疑で逮捕されるという波乱の物語が展開する。

 石丸は「私が演じる川越雅彦は肝臓がんの権威。オペ室でゴルフクラブを振り回すなどきてれつな外科医だが、正義感の強い男で、演じがいのある役柄でした。白衣を着る役柄は増えてきましたが、オペのシーンの撮影は今回が初めて。手慣れたスタッフの下、撮影はスムーズに運び、手際の良さに感動しました。今作は、医療に関わるさまざまな人間が織り成すヒューマンドラマで、人間くさい川越医師も気に入って演じました。どうぞお楽しみに」とアピールする。

 一方、第3話では、山本が“死に神ナース”と呼ばれる看護師・黒沢純子に扮(ふん)する。黒沢には「患者の容体が悪化すると必ずその近くにいる」とのうわさがあり、死亡患者も出ていたため、華岡らMAIC第 7 班のメンバーが潜入調査を開始する。

 山本は「本来、看護師と聞いたら医師と患者の懸け橋的存在をイメージしますが、今回は『死に神ナース』という、皆に恐れられ、怖がられている役だったので、そのギャップを楽しみながら演じました。ドラマの内容とは裏腹に、とても和やかな現場の中で、共演者の皆さんとの談笑の輪に加わりつつも、死に神としての距離をキープしながら撮影に臨みました。もしも死に神と呼ばれる看護師があなたの隣にいたら…、そんな想像をしながらオンエアをお楽しみください」とコメントしている。

関連リンク
PAGE TOP