FBS「ナイトシャッフルG」に代わる
新番組で斉藤優とパンチ佐藤が司会に

博多ニュース

 FBS福岡放送は、2016年4月15日から新番組「福岡夢実現バラエティー 頑張るキミに花束を!」をスタートさせる。日曜放送時代から22年間続いた長寿番組「ナイトシャッフルG」(1994年5月~2016年3月)に代わる、毎週金曜午後7:00のバラエティーだ。人知れずがんばっているけれども、なかなか報われていない人などを探し出し、その人にとっての花束(喜び)を提供する内容だ。

 司会はパラシュート部隊の斉藤優、パンチ佐藤、伊藤舞アナ。三頭政治ならぬ三“藤”体制で進行し、斉藤とパンチはロケにも出る。ロケ撮影されたVTRをスタジオで流し、3人が“茶の間目線”で視聴する構成だ。

 予定されている企画は、嫁不足の地域に都会の女性を連れてお見合いを行ったり、味はいいのに繁盛していない飲食店を応援したり、男児に恵まれないある一族の末えいを追いかけたり…。

 また「ナイトシャッフルG」で展開された「ホームランキャッチプロジェクト」も継続。ヤフオクドーム(福岡)のホームランテラス席に全試合陣取って、ホームランボールをキャッチしようとした企画だ。昨季「ノボせもん」というお笑いコンビが挑戦していたが成功できず。今季はホームゲームだけでなく、ビジターゲームでも行うことに。つまり、昨季はできた、ホームゲーム以外はアルバイトができなくなる状況だ。30歳となった彼らの人生を懸けた挑戦も追いかける。こちらは毎回放送するレギュラーコーナーだ。

 司会3人の意気込みは以下の通り。

斉藤優
「主役はあくまで、がんばっている福岡のみなさん。普段、なかなか報われない人たちにスポットを当て、時間と情熱をかけた展開を楽しんでいただく番組です。僕も福岡に来て丸十年。福岡のみなさんに恩返しができればいいなと。22年続いた『ナイトシャッフルG』があって、いつか、その司会をやりたいと思っていて、それがこういう形なんですけど、本当に司会をやることになりました。でも、責任を背負えないなと思っているんですけど(笑)。こうなっちゃったんで、全身全霊で、22年といわず、パンチさんが亡くなるまで(笑)、がんばりたいです。それから『(ナンデモ特命係)発見らくちゃく!』(毎週月曜深夜0:54)という番組をやっている藤谷(拓稔)くんというプロデューサーが今回も演出をやります。本当に“テレビの鬼”のような男でして、ロケも鬼のように長いですし。それが2倍、3倍になりそうで『きついなぁ』と思っています(笑)。お金がない分、情熱と時間と、ディレクターさんの汗とで補っている番組ですので、新番組でも(藤谷Pが)豪腕を振るうと思うんですが、われわれのエナジーでいろんな面を埋めて、東京にも槍を刺せるような『(探偵!)ナイトスクープ』(ABC朝日放送)のような番組にしていきたいと思っています」

伊藤舞アナ
「昨春に娘を出産しまして、今春から仕事に復帰。今回、新番組に出演させていただくことになり、久しぶりに人前に立っているので、めっちゃ緊張しています。『めんたいワイド』(毎週月曜~金曜午後3:48)を7年近く担当させていただき、その時は『見ている方に楽しんでもらえたら』という思いでやってきました。『ナイトシャッフルG』も『家族みんなで』というコンセプトでやってきた番組なんですけど、新番組は『見て楽しんでいただく』から1歩踏み込んで『この番組にお願いしたら、何とかしてくれるんじゃないか』と、夢を私たちに預けていただけるような、そんな番組にしていきたいと思います。今の時代、夢を口に出すのが恥ずかしかったり、私もそういうタイプなんですが、自分の思いを口に出せない人がたくさんいると思うんですけど、勇気を出して夢を語ってくださった人たちを、私たちが(しっかり)フォローできる、そんな番組にしていきたいです。優さん、パンチさんとも、今はあんまり仲良くないですけど(笑)。今から、こちらも盛り上がっていきます。チームワークができ上がる過程も楽しんでください」

パンチ佐藤
「天国の仰木監督(パンチが現役時代にオリックスを指揮した仰木彬監督)が『お前は芸能界でやっていった方がいい』と言ってくださってから、芸能界に飛び込んで22年目になります。最初は、野球解説者じゃないし、芸人じゃないし、俳優じゃないし、自分はどういうスタイルなのか悩んだ時期もあったんですが、ロケ中にある女性から『あなたをテレビで見ると元気になるの』って言われて、そうだ『元気配達人』というキャッチフレーズでがんばろうと思いました。それから、グルメリポートしても、取材先から『元気、もらえたな』って言ってもらえるようになりました。そこに今回のオファーがあり、まさに『僕しかいないんじゃないか』という気持ちになりました。大学生活、社会人生活、プロ野球生活などいろんな経験をしてきた僕にしかできない応援があるんじゃないかと、燃えています」

 初回4月15日の放送予定も分かった。「美味しいのにナゼ!? 借金300万円! 倒産寸前のラーメン店、奇跡の復活プロジェクト!」と題しておくる。福岡市城南区にあるラーメン店に注目。手間ひまをかけて、こだわり抜いて作った絶品ラーメンなのに、なぜか客が少ない。気付けば借金300万円に。妊娠6カ月の妻を守るために、夫である店主は立ち上がろうと決意する。そんながんばっていながら報われない店主を救おうと、番組が奇跡の復活プロジェクトチームを結成した。

PAGE TOP