松井玲奈が飯塚健作品で、連ドラ初主演&SKE48卒業後初の歌手活動

ニュース

 TBSほかで3月にスタートする連続ドラマ「神奈川県厚木市 ランドリー茅ヶ崎」(MBS=3月13日スタート・日曜深夜0:50、TBS=3月15日スタート・火曜深夜1:11)で、松井玲奈が連続ドラマ初主演することが決まった。風変わりなサービスをするコインランドリーのアルバイト・南雲凪(なぎ)役を演じる松井は、「台本を読んで、思わず“にやり”と笑わずにはいられない文字列が映像になって動きだしたらどうなるのだろうかと、演じる身ではありますが、とてもとても楽しみに感じています」と喜びを語っている。

 同作品は、アイロンがけと洗濯物の畳みサービスがあるコインランドリーを舞台に、店員の凪とオーナー(滝藤賢一)、個性的な客の日常を描くストーリー。監督・脚本は、ドラマ「荒川アンダー ザ ブリッジ」、映画「風俗行ったら人生変わったwww」などで知られる飯塚健氏が務める。また、主演の松井と姉妹ユニット「チャラン・ポ・ランタン」が結成したコラボユニット「松井玲奈とチャラン・ポ・ランタン」が主題歌を歌う。松井はアイドルグループ・SKE48卒業後、初めての歌手活動となる。

 監督を務める飯塚氏は、「登場人物は皆、等身大の日常を生きている者ばかりです。“漠然とした不安”を洗ってくれるコインランドリーが舞台です。洗濯、乾燥を待つ、わずかな間、交わされるだらだらな会話。疲れた深夜にだらっとご覧いただくには向いているかと。きっと、このランドリーが近くにあったら通いたくなると思いますよ」と見どころをアピールしている。

 松井と共演する滝藤は、「飯塚ワールド全開の作品に、飯塚ワールドで全壊を熱望していた私がついにさく裂の予定です」と待望の飯塚作品への出演を明かし、「歌って踊って芝居もできるエンターテイナー・松井玲奈さんを座長に、時には大胆かつ丁寧に、そしてたまには勢いで、積み上げていく所存でございます」と松井の活躍に期待を寄せている。

関連リンク
PAGE TOP