鈴木亮平が憧れの人・神谷明と対談。ベテランの姿勢に「目標になる」と感無量

ニュース

 2月27日放送のNHK Eテレ「SWITCHインタビュー 達人達(たち)」(土曜午後10:00)では、俳優の鈴木亮平、声優の神谷明が対談する。

 人気アニメ「シティーハンター」の主人公冴羽りょうの声を担当した神谷に憧れ、一時期は声優を目指したという鈴木は、「神谷さんの第一印象は“冴羽りょうの声だ!”です。僕らの世代は神谷さんの声で育ったし、冴羽りょうを人生の教科書として生きてきたくらいなので、ずっとお会いしたかった」と長年の夢がかなった対談だったことを明かす。

 同番組は、2人の出演者がお互いの仕事場に赴き、交互にインタビュアーを務め、仕事や人生について語り合うもの。対談では、裏社会の殺し屋で女性に弱い冴羽りょうをはじめ、「キン肉マン」や「北斗の拳」の主人公役など、数々の当たり役を持つ神谷が講師を務める声優の専門学校を鈴木が訪れ、変幻自在に使い分ける声色の秘密に迫る。

 また、神谷も、鈴木が主演する舞台「ライ王のテラス」の稽古場に足を運び、役柄に応じて体重を 増減させるストイックな役作りへの思いを聞き出す。

 神谷が声を吹き込むアテレコを見学した鈴木は、「今年で70歳になられるのに、もういいやと言わず、いまだに情熱を持って走り続けていることが素晴らしいし、目標になる」と仕事への姿勢に引きつけられた様子。

 一方、神谷も、鈴木が役者として駆け出しの時代から現在まで、日々のトレーニングや役作りのためのリサーチを記録しているノートを目にし、「役者としてだけでなく、人間としての鈴木亮平を見せてもらった。彼みたいにやっている人はなかなかいない」とうれしそうな表情を浮かべる。

 親子ほど年が離れた2人が、役者論から生き方まですっかり意気投合する姿から、どの世界にも共通する“本物像”が浮かび上がる。

関連リンク
PAGE TOP