上川隆也が検事時代の佐方貞人を熱演。佐方シリーズの第2弾は“エピソード0”

ニュース

 テレビ朝日系では、柚月裕子氏原作の傑作法廷ミステリーシリーズを上川隆也主演で映像化したスペシャルドラマの第2弾「検事の死命」を今冬に放送する(日時未定)。今回は、ぶれずに正義を貫く主人公・佐方貞人の検事時代が描かれ、佐方が志田未来演じる事務官とタッグを組んで痴漢冤罪(えんざい)事件の真相に挑む。

 1月に放送された「最後の証人」に続く今作は、検事を辞めて弁護士に転身した、いわゆる“ヤメ検弁護士”の佐方が活躍する同シリーズの“エピソード0”といえる作品で、佐方が米崎地方検察庁検事だったころのストーリーが展開する。

 検事・佐方が担当するのは、ごった返す電車の中で起きた痴漢行為。女子高校生・仁藤玲奈(竹富聖花)の臀部(でんぶ)を触ったとして逮捕されたのは、名門女子高校の教師・本多弘敏(津田寛治)だった。しかし、本多は一貫して“自分はハメられた”と主張し、玲奈から「金を払えば許す」と脅されたと打ち明ける。

 社会的信用の高い教職に就いている上に名家の婿で、政治家や法曹界の重鎮などの後ろ盾もある本多に対し、母子家庭で育った玲奈はどこか投げやりで、佐方の事務官・増田陽子(志田)は彼女の態度に疑問を抱く。果たして、うそをついているのはどちらなのか? 佐方が検事としての使命を全うすべく、激動の公判に挑む。

 シリーズ2作目にして“過去の佐方”に扮(ふん)することになった上川だが、「『最後の証人』の佐方とつながるよう、逆算しながら一つ一つのピースを探して演じていく作業はとても楽しい」と充実した表情。作品については「サスペンス的要素が強い作品。誰が真実をしゃべっているのか、誰がうそで塗り固めた証言を繰り返しているのか。痴漢という身近な犯罪だからこそ、そこに向き合う人の内実が浮き彫りになっていきます」と見どころを語る。

 また、佐方の相棒として登場する陽子の奮闘も見どころの一つ。陽子は佐方に振り回されながらも、真実を追求するためなら労をいとわない真っすぐな女性で、志田は「とにかく率直に感情を出す女性なので、台本を読んで最初に感じたことをストレートにお芝居に出すことを意識しました」と明かし、「シリアスなシーンが続く中、陽子の存在にホッとしていただけたらうれしいです」とアピールしている。

TVガイド最新号

TVガイド
2019年7月26日号
発売日:2019年7月17日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:山田涼介

新着連載

PAGE TOP