「野呂盆六」シリーズが遂に最終回。橋爪功も「できることはやった」と完全燃焼

ニュース

 奇妙な方言を使いながらも鋭い推理力で事件の真相に迫る警視庁捜査1課の刑事・野呂盆六(橋爪功)の活躍を描く人気シリーズが、テレビ朝日系で9月19日に放送される「土曜ワイド劇場 天才刑事・野呂盆六ファイナル」(午後9:00)で最終回を迎える。

 今作では、盆六の双子の兄・瓶五(橋爪=二役)が最終回にして初登場。瓶五は盆六と7歳の時に別れ、イギリスで売れないミステリー作家をしているという設定だ。そんな2人が、1枚の写真をめぐる難解な殺人事件に遭遇。盆六は現場にいた気鋭のミステリー作家・滝水美々奈(東風万智子)を怪しむが、瓶五は彼女の後見人とも言えるクラブのカリスマママ・芦屋遥比(藤真利子)に疑いの目を向ける。そんな中、瓶五にも真犯人の魔の手が忍び寄る。

 一人二役に初めて挑んだ橋爪は「めんどくさい(笑)。1日のうちに、何回も気持ちをチェンジしなきゃいけないし、衣装チェンジだけでも腹が立ってね(笑)」とジョークを交えて苦労を明かすが、「瓶五はイギリス帰りだっていうんで、カタコトの日本語みたいな感じでやってます。盆六さんの方は多少高めの声で、お兄ちゃんの方は低めの声でっていうふうに考えて、撮影に臨みました」とベテランらしい工夫でキャラクターを立体化させた。

 毎回、大きな見どころとなっている盆六と美女たちとの対決もこれで見納め。橋爪は「いろんな女優さんと一対一で対決できるので、相手がどういう芝居をなさるのかなとか、そこは楽しかったですね」とこれまでを振り返る。今回も「来ていただいたゲストの方に、少しは『演じた』という気になって帰っていただきたいんで、多少、味付けというか工夫を提案したんです」と余念がなく、「できることはやった。うまくいっていればいいなと思います」と完全燃焼した様子だ。

関連リンク
PAGE TOP