片平なぎさ主演の人気シリーズが35作目。「新しい風を感じた」と手応え十分

ニュース

 フジテレビ系の金曜プレミアム枠で6月26日放送の「山村美紗サスペンス 赤い霊柩車35 黒の審判」(午後9:00)では、「女の友情と裏切り」をテーマに、片平なぎさ演じる主人公・石原明子の婚約者である黒沢春彦(神田正輝)に、浮気と殺人の容疑がかけられる衝撃の展開が待ち受ける。

 主演の片平は「脚本家の方が変わり、新しい風を感じました。今回は、明子の“女”の部分が多く描かれていて、とても新鮮で楽しみでした」と新作に手応え十分。杉田かおるや南野陽子との共演については、「南野さんはとても明るく、いつもハミングしているかわいらしい方。杉田さんは年下の旦那さまとラブラブで、とても穏やかになられていました。幸せな女性たちは、やはりいいお顔をされますね」と笑顔で語っている。

 また、神田は「今回でシリーズ35作目と非常に長く続いている作品ですが、今までにない展開で、驚きました。私が演じる春彦に、なんと浮気疑惑が! 初めて台本を読んだ時は、率直に早く出来上がりが見たい作品だと思いました。新たな『赤い霊柩車』が完成しました」と、見どころをアピールしている。

関連リンク
PAGE TOP