小林稔侍主演シリーズ9作目。「亡き妻への思いが人情捜査につながっている」

ニュース

 TBS系の「月曜ゴールデン」では、小林稔侍が演じる駅弁好きな刑事・神保徳之助が活躍する人気シリーズの第9弾「駅弁刑事・神保徳之助9」を5月11日(午後9:00)に放送する。

 同作は、駅弁好きな東京日暮里警察署の刑事・徳之助が、事件捜査で全国を旅するシリーズ。亡き妻と約束した全国の駅弁をめぐる旅を果たせなかった徳之助が、心に悔いを抱きながらも、駅弁フェアで出会ったフリーライターの工藤美奈子(遠藤久美子)とコンビを組んで、人情味あふれる地道な捜査をする姿が人気を博している。今回は、日暮里署管内で発生した安西留美子(遊井亮子)という女性が公園で何者かに切り付けられる傷害事件をきっかけに、10年前の殺人事件の真相に徳之助が挑む。

 傷害事件の凶器から出た指紋と、被疑者死亡で解決したはずの殺人事件で現場から見つかった指紋が一致したことで、警視庁捜査1課の課長・沢本紀彦(西村雅彦) や刑事・北村祐介(小林健)らも動きだし、徳之助たちの捜査資料が持ち去られてしまう。その動きに警察の失態を隠蔽(いんぺい)しようとする思惑を感じた徳之助は、美奈子の協力を得て、傷害事件の現場で目撃された容疑者・土居実(斉藤祥太)を追って、彼の出身地長野県松本市へ向かう。

 小林は、息の長い人気シリーズとなっている魅力を、「このシリーズも9作目になりました。亡くなってしまった妻への思いを込めながら生きる徳之助の姿が、そのまま人情捜査にもつながっているのでしょう」と明かし、「今回は、長野県松本市にお邪魔しました。美しい景色とおいしい駅弁が楽しめますので、ぜひお楽しみに」と見どころである恒例の駅弁シーンをアピールしている。

関連リンク
PAGE TOP