NHK「正午ニュース」の井上二郎アナ
が福岡局で新・夕方ニュースを担当

博多ニュース

 NHK福岡放送局は’15年3月17日に定例記者会を開催し、新年度の番組を紹介。その中で、現在、全国放送の「正午ニュース」を担当している井上二郎アナの福岡局への異動と、夕方ニュースへの起用を発表した。

 井上アナが担当するのは3月30日スタートの「ロクいち福岡」(毎週月曜~金曜、午後6:10~7:00)。4年ぶりにタイトルを刷新したニュース番組だ。午後6:10~6:45に福岡局独自のニュースを紹介し、午後6:45~6:52まで九州・沖縄のブロックニュースを放送する。

 神奈川県出身の井上アナは’98年にNHKへ入局。沖縄局、神戸局を経て東京アナウンス室へ。「福岡は初めてです。地域の人々に“いちばん”信頼されるニュース番組に育てていければ。すべてにおいて“いちばん”を目指したいと思っております」とよく通る低音の声で語った。現在「おはサタ!」(毎週土曜、午前7:30)でキャスターを務めている近江友里恵アナが井上アナとのコンビを組む。「ちなみに2人の身長差は30cmです」と近江アナ。

 現在、放送中の夕方ニュース「熱烈発信!福岡NOW」の野村正育アナは東京へ異動。ラジオ第一の「正午のニュース」(毎週月曜~金曜、午後0:00)などを担当する。同じく「熱烈発信!福岡NOW」の佐々木理恵キャスターは「おはサタ!」などに出演する。

 また、明治時代の産業革命遺産や長崎の教会群など世界遺産の候補地に九州ゆかりの場所が多いことから、特集番組を継続的に編成することも発表された。まずは、4月3日の「きん☆すた」(午後8:00)で「世界遺産への道~明治の産業革命遺産~」と題して取り上げる。

PAGE TOP