柴咲コウが連続ドラマ初主演! 妻の秘密を通して描く“新しい夫婦のカタチ”

ニュース

 女優の柴咲コウが、来年1月期に日本テレビ系で放送される連続ドラマ「〇〇(まるまる)妻」(水曜午後10:00、開始日未定)で、連続ドラマ初主演を果たす。脚本家の遊川和彦氏ら、空前の大ヒットを記録した「家政婦のミタ」(日本テレビ系)のスタッフが再集結しておくる意欲作で、柴咲は少年隊の東山紀之扮(ふん)するニュースキャスターの“謎の妻”を演じる。

 「女王の教室」(日本テレビ系)、「純と愛」(NHK)など、数々の話題作を手掛けてきた奇才・遊川の“マジック”がさく裂だ。タイトルの「○○」には、歯に衣(きぬ)着せぬ物言いで人気のキャスター・久保田正純(東山)と、彼を献身的に支える妻・ひかり(柴咲)の重大な秘密が隠されているが、現時点でそれは明らかにされておらず、真相は第1話で判明するという。

 この前代未聞の試みとともに繰り広げられる物語は、「俺の言葉で社会を変えてやる」という熱き志を持つ正純を、内助の功でニュース番組のメーンキャスターに押し上げたひかりの“○○”が明らかになると同時に幕を開け、多様化する男女関係を象徴するような“新しい夫婦のカタチ”を提唱する、究極のラブストーリーになるとのことだ。

関連リンク
PAGE TOP