速水もこみちが浅見光彦3作目に手応え。「ミステリー好きにもご満足いただける」

ニュース

 TBS系では、ベストセラー作家・内田康夫氏の原作をドラマ化した人気旅情ミステリー「浅見光彦シリーズ34『壺霊(これい)』」を11月17日(午後9:00)に放送する。今作が3作品目となる3代目の主人公・浅見光彦役の速水もこみちは、「1作目、2作目までは自分なりの光彦をどう演じたらいいのかと迷いの中で撮影をしてきましたが、3作目となり少しだけ自分なりの光彦像がつかめてきたような気がします」と、手応えを明かしている。

 同シリーズは、ルポライターの光彦が、旅先で遭遇する事件の謎を解き明かし、解決していく人気ミステリー。今回は京都を舞台に、持ち主に不幸をもたらす“紫式部”という名の高麗青磁のつぼをめぐり、突然死した京焼の大家・大勝涼矢(小木茂光)の事件の謎を光彦が解き明かす。光彦を溺愛する母・雪江(佐久間良子)らおなじみのキャラクターのほか、事件の鍵を握る女性・諸橋琴絵(賀来千香子)、謎の男・奥宮泰三(鶴見辰吾)が登場する。原作小説の「壺霊」がドラマ化されるのは今回が初めて。

 速水は、「京都での撮影は、歴史ある町だけに演じる側も気持ちが入りやすい独特の雰囲気がある」と撮影を振り返り、「ミステリー好きの方々にもご満足いただける作品になっていると思います」と作品の出来栄えに自信たっぷりの様子。ドラマを制作する矢口久雄プロデューサーも、「京都を舞台に雪江役の佐久間良子さんと、ゲストの賀来千香子さんのあでやかな着物姿もお楽しみいただけます。そして、光彦を取り巻く俳優陣が、それぞれの持ち場でとてもいい味わいの演技を見せてくれています」と見どころを語っている。

関連リンク

TVガイド最新号

TVガイド
2019年11月1日号
発売日:2019年10月23日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:ビートたけし×村上信五

新着連載

PAGE TOP