「花子とアン」人気キャラ、窪田正孝演じる朝市の嫁をめぐるドラマが放送

ニュース

 NHK BSプレミアムでは、連続テレビ小説「花子とアン」のスピンオフスペシャル「朝市の嫁さん」を10月18日(午後7:30)に放送する。主人公・花子(吉高由里子)の幼なじみ・朝市(窪田正孝)を中心に、本編では描かれなかった朝市の嫁・ちづ江(石橋杏奈)をめぐる物語が描かれる。花子にいちずな思いを寄せ、その窮地に手を差し伸べてきた朝市。その純粋で、報われなかった姿が人気を博してのスピンオフとあって、窪田は「朝市のお嫁さんを見たいという多くの声を頂けて、うれしかったです。やっと朝市にもお嫁さんができて、春がやってきました」と満面の笑みを浮かべる。

 物語では、花子に結婚の報告をするために上京した朝市の後を追ったちづ江が、ひょんなことから花子の友人・醍醐(高梨臨)、ライバル作家・宇田川(山田真歩)らと出会い、彼女たちの知られざる恋模様も明かされる。当初は、誰がメーンになるか知らなかったという窪田は、「やはり花子しかいないと思っていたら、朝市の嫁さんをやると聞いて驚きました。僕よりもお嫁さん役の石橋さんの方がプレッシャーだったんじゃないかな」と、自分よりも相手役を気遣うところは、まさに朝市そのものだ。

 今作の見どころになるのは、花子には一度も思いを伝えられなかった朝市が、ちづ江に告白する場面。「ラストのシーンは、ワンカットで長まわしだったので、1回で決めようとぶっつけ本番のつもりで気持ちを乗せました」と演技を振り返り、「花子じゃない人との恋は新鮮でしたし、緊張もしました。一番好きなのは花子だけれども、その思いを乗り越えられる人と出会えて、幸せになれてよかった」と手応えを口にする。一方、自身が注目するのは、花子とちづ江の対面シーンのようで、「朝市が大好きになった2人が向かい合った時に、どういうお芝居をするのか。早く見てみたいです」と興味が尽きない様子だ。

 演じ切った今、あらためて、「“花子とアン”は笑いもあり、涙もあり、すごく朝にふさわしいドラマだった。心に響くせりふや個性の強いキャラクターがあったからかな」と語り、「最後までみんなが信頼し合っていて、それは画面には映らないスタッフも同じでした。優しい気持ちにさせてくれた作品です」と、強い思い入れをにじませていた。

PAGE TOP