舞祭組が初主演ドラマに本人役で登場。とある会社の愛すべき“ブサイク社員”に!

ニュース

 アイドルグループ・Kis-My-Ft2の派生ユニットである舞祭組(横尾渉、宮田俊哉、二階堂高嗣、千賀健永)が、10月18日から日本テレビでスタートする連続ドラマ「平成舞祭組男(へいせいぶさいくサラリーマン)」(土曜深夜0:50、関東地区のみ)で、ドラマ初主演を果たす。とある製菓会社の営業企画二部を舞台にしたヒューマンコメディーで、舞祭組の4人は同社の愛すべき“ダメ社員”を熱演する。

 舞祭組は、Kis-My-Ft2の“後列”で目立たない存在だった4人を、所属事務所の先輩であるSMAPの中居正広が全面プロデュースしてデビューさせたユニットで、自虐的な歌詞の楽曲とキャッチーなダンスで人気を得ている。

 今作では、そんな4人がそれぞれ“本人”として登場。横尾は間が悪い営業企画二部のリーダー、宮田は天真らんまんな企画二部一の“KY社員”、二階堂は一生懸命なあまり他人との距離が極端に近い体育会系、千賀はおしゃれで仕事はできるが、どことなくずれているという設定だ。劇中では、4人がリストラの危機にさらされながらも、会社の内外で発生するトラブルに果敢に立ち向かっていく姿が軽妙に描かれる。

 脚本は、ドラマ「35歳の高校生」(日本テレビ系)、「ルーズヴェルト・ゲーム」(TBS系)といった大作や話題作を手掛けてきた山浦雅大氏と、「キングオブコント2009」などを制したお笑いトリオ・東京03が共同で担当。リアルな人物描写で人々を魅了してきたこの2組と、崖っぷちからの“下克上”を果たした異色アイドルのコラボレーションがどんな化学反応を起こすのか、注目が集まりそうだ。

 脇を固めるキャストも多彩で、リストラ社員を選定するために異動してきたキャリアウーマン・南条愛をマイコ、総務部に勤めるマドンナ・湊里香を南沢奈央、上司に甘く部下に厳しい企画部課長・芹沢公彦を野間口徹、企画部部長・伊丹秀夫を志賀廣太郎が演じる。

関連リンク
PAGE TOP