スペシャルインタビュー

特集

山田孝之が映画「ステップ」でシングルファーザー役に挑戦!「一緒に生きている人のことを考える時間が少しでも増えたら」

 映画「ステップ」でシングルファーザー役を演じる山田孝之。今回の役について「やるべきだ、と思った」という彼が、この作品で伝えたい思いとは?

──映画「ステップ」でシングルファーザーの役に挑戦しています。オファーを受けた理由は?

「3、4年ほど前に飯塚健監督から誘ってもらって脚本を読んだら、妻を失って娘を育てるという今まで経験したことがない役だったので、やってみたいと思いました。自分と重ねるというよりも、やるべきだな、と思ったという方が近いですね」

──撮影前には、どのような準備をなさったのでしょうか?

「特別な準備というより、とにかく妻のことを考え、思い続けるということをしていました。僕が演じた健一の視界の中には、いつでも妻がいるんですよ。亡くなってからも、娘が成長して生意気なことを言った時にはそれを共有していて、“育ってるね”みたいに2人で苦笑する感覚になるんです。一緒にいた頃にした会話や、奥さんとの思い出は自分の中で作っていました。書き出したりはしないんですけど、自分の中にその役の履歴を作って演じていくという過程は、どの作品の時でも一緒ですね」

──仕事と子育ての板ばさみになった健一がイライラしてしまうシーンもありますよね。

「みんなが優しくて心温まる感動ストーリーだと、僕は違うと思ったんです。見た人の心に残る作品にするためには、とにかく真っすぐにうそなく向き合おうと思っていました。周りの人たちに優しくしてもらっていても、健一はいろいろなことで大変さを感じているので、子どもが小さくてぐずっている時なんかは、しっかりと健一の“イラつき”を見せようと思っていました。娘のことで担任の先生に呼び出されてカフェで会っているシーンは、すごく嫌な顔をしてると思います。『訳の分からないことを言って…この世間知らずが』って(笑)。そこをただの奇麗事で済ませるとよくないな、いつも優しいパパじゃなくてイラつくこともあるけど音を上げられないし、弱さも見せながら、やるしかないってところを見せていこう、と思っていました」

──健一を演じてみて、家族観などに変化はありましたか?

「子どもに対しての感覚は変わっていないのですが、奥さんに対しては感謝の気持ちが生まれました。奥さんが疲れている時に子どもが宿題をやらずにテレビを見ていたら手伝うようになったり、皿を洗うようになったりしたのは、健一の人生を歩んだからできるようになったことかもしれないです。ささいな変化なんですけど(笑)。たぶんこれって、何をするかということより相手のことを考える時間が増えているということじゃないですか。すごく大事なことだと思うから、こういった作品が公開されて、奥さんや子どもだけじゃなく、会社の人であったり一緒に生活している人であったり、一緒に生きている人のことを考える時間が少しでも増えたら、意味があることだと思います」


【MY『父親と見たい』MOVIE】

 父は多趣味で自由人。僕もその血を引き継いでいると思うけど、そういえば一緒に映画を見たことはないような気がします。うちの家族はテレビドラマやスポーツを見る習慣があまりなくて、一緒に見ていたのはクラシックの音楽番組「題名のない音楽会」(テレビ朝日系)や、「世界遺産」(TBS系)。だから、今も父と見るとしたら人がお芝居しているものじゃない方が自然かもしれないですね。地球の動きが分かるものや、動物の生態を撮ったものなんかが面白いんじゃないかな。技術が発達して、夜の野生動物の様子を奇麗に撮った作品なんかもありますよね。面白い自然系のドキュメンタリーを探して、一緒に見たら楽しそうだなと思います。


【プロフィール】 
山田孝之(やまだ たかゆき)
1983年10月20日鹿児島県出身。天秤座。A型。99年に俳優デビューし、2003年に「WATER BOYS」(フジテレビ系)でドラマ初主演。昨年はNetflixオリジナルドラマ「全裸監督」が話題を呼んだ。近年の主な出演作に、映画「50回目のファーストキス」(18年)など。
【作品情報】 
映画「ステップ」
4月3日公開

結婚3年目に30歳の若さで妻を失いシングルファーザーとして娘を育てることになった健一(山田)。父娘は周囲の協力も得ながら10年の時を重ねていく。直木賞作家・重松清の原作を、山田とは「荒川アンダー ザ ブリッジ」でも組んでいる飯塚健監督が映画化。
【プレゼント】
Next Break People
サイン入り生写真を1名様にプレゼント!

応募はコチラ→https://www.tvguide.or.jp/tvguide_enquete
(応募締切:2020年4月1日午前11:59)

ハガキでの応募方法は「TVガイド」4/3号(P106)をご覧ください。
「TVガイド」の購入はコチラ→https://zasshi.tv/category/TVG

取材・文/細谷美香 撮影/藤本和典 
ヘア&メーク/灯(ROOSTER) スタイリング/澤田石和寛 
衣装協力/YOHJI YAMAMOTO(ヨウジヤマモト プレスルーム)、Dr.Martens(ドクターマーチン・エアウエア ジャパン)





キーワード

関連記事

TVガイド最新号

新着連載

PAGE TOP