スペシャルインタビュー

特集

吉沢亮&吉岡里帆が長井龍雪監督の最新アニメ映画「空の青さを知る人よ」でかつての恋人役に

 長井龍雪監督の最新作「空の青さを知る人よ」で、アニメ映画の声優に初挑戦する吉沢亮と、かつての恋人役を演じる吉岡里帆。物語の魅力やアフレコの裏側を聞いた。

──まず、初めて台本を読んだときの印象を聞かせてください。

吉沢 「長井(龍雪)監督の作品は『あの花』(『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』)も『ここさけ』(『心が叫びたがってるんだ。』)も、元から好きで見ていました。長井さんの作品の、若い人たちが全力で叫ぶ姿とか、リアルとファンタジーの絶妙な混ざり具合とかが、もともとすごく好きで。今回もそういうテイストがあるけど、今までの作品と比べて恋愛要素が強いので、そこが魅力なんじゃないかなと思いながら台本を読みました。個人的には僕が演じる慎之介の、13年ぶりに会う元カノに対してダルい絡み方をする、格好悪さが好きです(笑)」

吉岡 「ダルい絡み方って(笑)」

吉沢 「人間臭いというか、だせえなって(笑)」

吉岡 「確かに(笑)。私も吉沢さんと似ていて、ティーンエージャーのキラキラした甘酸っぱい恋と、大人の恋愛が同じ空間にあるところが魅力的だと思います。あと、姉妹であるあおいとあかね、13年前の“しんの”と今の慎之介の4人の話が同時進行していくのが斬新だと思いました。それに、過去のしんのと現在の慎之介が同じ場所にいて、何の違和感もなく物語が進んでいくのは新しいなって。周囲のみんなも、自然に13年前のしんのがそこにいることを認めている。だけど本人同士の関係性はすごくリアリティーがあって」

──ご自身の役を演じるうえで、一番大切にしていたことは?

吉沢 「やっぱりしんのと慎之介の演じ分けかと思います。声優のお仕事が初めてだったので、普段のように表情や仕草で感情を表現することがまったくできない。その中で、声だけで2人のキャラクターの違いをどう変えるのかは、すごく意識していました」

吉岡 「私は、初めはあかねに対して大人っぽくて強いイメージがあったんです。それで実際に声を出したら、音響監督の方に『さすがに大人すぎる』って言われて(笑)。地声もちょっと低めなので、ショックだったんですけど(笑)。できるだけ高い声にしてほしい、思っているよりも若い声がちょうどいいと言われたときに『声優はそういうことなのか』って、結構ハッとさせられたんです。なのであかねの声質は、高い音に調整しました。自分の限界に近いところに(笑)」

吉沢 「僕も声のトーンは、しんのはできるだけ高い声で、慎之介はできるだけ低い声でと意識していましたね。演じるうえでは、2人をある意味別人と捉えていたというか。性格が真逆なので、同じ人間ということを一度忘れて演じました」

吉岡 「キャラクターの捉え方でいうと、あかねはおっとりしていてマイペースなので、優しさと柔らかさみたいなものを意識しました。あと、妹のあおい(若山詩音)と一緒に声入れができたので、あかねの演技はあおいだったり、しんのや慎之介に引っ張られるような感覚が強かったです」

──しんのと慎之介のように、もしも13年前の自分が現在の自分に会ったら、何と言うと思いますか?

吉沢 「…『ひげ濃っ!』て」

吉岡 「あはは(笑)!」

吉沢 「『そんなひげ生える!?』って思うと思います(笑)」

吉岡 「私はなんだろう…『全然身長伸びなかったね』って落ち込むかも(笑)。高校生の時から今も身長が変わっていないんです。当時『27歳くらいまで身長は伸びる』って信じてたんですけど、駄目でしたね(笑)」

吉沢 「その頃の自分が思っていた大人になれているかは分からないけど…目立ちたがり屋だったのでそういう仕事には就けてるのかなって思います」

吉岡 「そうですね。一生懸命生きてきたつもりだし、そういうふうにやってきて良かったと今思っています。だからこれからも、真面目に頑張れって言うと思います」


【OUR MOVIE~アニメーション】

吉沢 「僕はすごくベタですけど…『千と千尋の神隠し』(’01)です。もう神アニメですね。たぶん人生で一番見ている映画。10回以上は確実に見ていて、それくらい好きです」

吉岡 「私は、映画じゃないですけど(テレビアニメの)『四畳半神話大系』(’10)です。私の地元の京都がテーマになっている作品で、すごく面白くて。原作の森見登美彦さんも好きです」


【プロフィール】 
吉沢亮(よしざわ りょう)
1994年2月1日東京都生まれ。水瓶座。B型。’19年の出演作にNHK連続テレビ小説「なつぞら」、映画「キングダム」ほか。’20年3月20日に「一度死んでみた」、初夏に「さくら」と出演映画が公開待機中。’21年放送のNHK大河ドラマ「青天を衝け」の主演を務める。
吉岡里帆(よしおか りほ)
1993年1月15日京都府生まれ。山羊座。B型。主演映画「見えない目撃者」が公開中。出演ドラマ「時効警察はじめました」(テレビ朝日系)が10月11日にスタート。’20年1月より上演の舞台「PARCO PRODUCE 2020『FORTUNE』」に出演する。
【作品情報】 
「空の青さを知る人よ」
10月11日公開 
監督/長井龍雪 脚本/岡田麿里 声の出演/吉沢亮 吉岡里帆 若山詩音 松平健ほか

13年前に事故で両親を失った、音楽好きの高校生・あおい(若山)と姉のあかね(吉岡)。恋人との上京を諦め、親代わりとして地元で就職したあかねに、あおいは負い目を感じていた。ある日、あかねの元恋人であおいの憧れの人、慎之介(吉沢)が町に帰ってきて…。
【プレゼント】
サイン入り生写真を1名様、映画オリジナル傘を3名様にプレゼント!

応募はコチラ→https://www.tvguide.or.jp/tvguide_enquete
(応募締切:2019年10月16日午前11:59)

ハガキでの応募方法は「TVガイド」10/18号(P114)をご覧ください。
「TVガイド」の購入はコチラ→https://zasshi.tv/category/TVG

取材・文/齋藤春子 撮影/峰フミコ
ヘア&メーク/小林正憲[SHIMA](吉沢)、信沢Hitoshi(吉岡) スタイリスト/九[Yolken](吉沢)、Maki Maruko(吉岡) 衣装協力/KOH’S LICK CRRO(吉岡)





キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年11月1日号
発売日:2019年10月23日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:ビートたけし×村上信五

新着連載

PAGE TOP