スペシャルインタビュー

特集

【「サイン」連載企画】《第7回》森川葵、大森南朋と撮影の合間には“プチプチ潰し”!?「仲良くしていただいている、という感じです!」

 大森南朋さん主演でおくる重厚な法医学サスペンスドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(テレビ朝日系)。どこまでも“真実”と“正義”に忠実に、遺体の声なき声に耳を傾ける法医学者たちが、不都合な“事実”を隠蔽(いんぺい)する権力社会に立ち向かっていく本作も、いよいよ8月29日放送で第7話に突入します。柚木貴志(大森南朋)や高橋紀理人(高杉真宙)らの活躍もあり、3年前に中園景(飯豊まりえ)の妹・優を襲った野田(濱正悟)を確保。事件解決に安堵する一同でしたが、和泉千聖(松雪泰子)の元に北見永士(横山涼)殺人事件で逮捕された宮島清花(柳美稀)から連絡が入ります。告発の内容はなんと「私は、本当は殺してません」。「なぜ今頃?」と疑問に思った千聖は、柚木に相談。北見殺人事件に後悔の念を抱く柚木は、清花に接見しに行きますが…。

 再び動きだした北見の事件。不穏な空気が漂う第7話、インターネットTVガイドの連載企画第7弾は、1話で北見の死を憂いており、何やら北見と関係がありそうな謎の女性・島崎楓を演じる森川葵さんへインタビュー! その役どころについてや森川さんの恋愛観、撮影中に襲った“悲劇”などについてお伺いいたしました。

──撮影を終えた率直なお気持ちをお伺いしてもよろしいでしょうか。

「第1話に出て以降、間が空きましたが、7~9話でまた帰ってきました。撮影日数としてはそんなになかったのですが、すごくやりがいのある役だったので、充実した日々を過ごすことができました。無事にクランクアップできて、ホッとしています」

──今回の役が裏で暗躍するようなミステリアスな役だったと思いますが、難しかったところや意識したところはありますか?

「楓の家庭事情が描かれているわけではないので、『なんでこんなふうに育ったんだろう』といろいろと想像できる役でしたが、あまり考えすぎないようにしながら演じるようにしました」

──正義を貫く法医学者と、権力を求める法医学者の対立が描かれていると思うのですが、譲れないモットーや女優業をやるうえで貫いていることはありますか?

「考え込みすぎないことですね。1人で悩んでいてもどうにもならないことがいっぱいあるので、現場に行って気になるところは人に相談します」

──今までどんな方に相談してきましたか? 相談しやすい方とか。

「現場だと監督ですね。初めの頃は楓の服装が定まってなかったんです。初めは『ずっと黄色い服装にしようか』という話も出ていて。でも『そうじゃなくてもいいんじゃないかな』って、話を監督としました」

──どうして「そうじゃなくてもいいんじゃない?」と思われたのでしょうか。

「一つの色に絞ると、キャラクター付けはされて分かりやすくなるとは思うんです。でも、どれだけ『この色が好き!』という色があったとしても、その色の服を毎日着続ける人はいないんじゃないかと。楓はお金持ちだから、いろいろな色だったりテイストだったりを持っていてもいいかなと思ったので、監督に伝えて楓の衣装が出来上がっていきました」

──ところで、タイトルにかけて“事件”なエピソードがあったりしますか?

「新幹線を…乗り間違えたことですかね。新幹線が発車する3分前に駅に着いたんです。走ればギリギリ間に合うっていうところだったので、急いだんです。ホームまで急いで上がって乗ったのに、逆方面に行く電車に乗っちゃってたんです(笑)。『あれ! これ違う!』って気が付いて降りられたから、違う方面に行かなくて済んだんですけど、新幹線1回分の金額を無駄にしちゃいました(笑)」

──“新幹線乗り間違い事件”はこの撮影の時だったんですか?

「撮影の最中でした。少しお盆休みがあったので実家に帰ったんです。それで、実家から東京に帰ってこようとした時に乗り間違えちゃいました。撮影ギリギリに着く新幹線ではなく、早めに着くものだったので撮影には遅れなかったんですけど、『は~…』って感じでした」

──さてここからは、森川さんの恋愛観をお聞きしてもよろしいでしょうか。

「仕事ができる人には魅力を感じますね」

──大森さん演じる柚木と仲村トオルさん演じる伊達明義で選ぶとしたら、どちらが…。

「(食い気味に)どっちも嫌です!(笑)。なんかちょっと、どっちも癖があるじゃないですか! 真っすぐ過ぎる柚木先生とダークサイドに染まってしまう伊達先生…どっちも嫌ですね!」

──この世にどちらかしかいない、どっちか選んで! と言われたら…。

「2人しかいないって言われたら、恋愛を諦めます!(笑)。もちろんお二人はすてきなんですよ。かっこいいんです! ただ、役で見た時はどっちも選びたくないですね」

──どちらかを選ぶではなく、“選ばない”という方を選ぶのですね(笑)。では、今回大森さんとご共演されてみていかがでしたか?

「大森さんはちょっと時間が空いたりすると、声をかけてくださるんです。敵対している立場なので、『しゃべりかけたりしないほうがいいかな』と思ってたりしたんですけど、芝居と空き時間とでは、はっきり分けて接してくださって。普通に話しかけてくださったので、うれしかったです」

──どんな話をされていたのか聞いてもいいですか?

「今日、プチプチ(梱包材)を現場に持ってきてたんです。そしたら『何あれどうしたの? 家から持ってきたの?』って聞いてくださって、『家からではないんですけど荷物が届いてて。ハマりますよね、プチプチ!』と返したら、『うん。俺も気が付いたらやっちゃってる時ある!』みたいな…そんなやりとりをしたりしてます(笑)」

──今日、撮影を少し見させていただいたのですが、合間の皆さんの雰囲気から「仲良いんだろうな」という感じが伝わってきたのですが…。

「“仲良い”とかではなくて“仲良くしていただいている”という感じです!(笑)」

──すごく優く、良い先輩方に囲まれての撮影だったことが森川さんから伝わってきます! 最後になりますが、放送を楽しみにしている視聴者の皆さんに一言お願いいたします。

「私は日本でこんな結末のドラマを見たことがなくて…。本当に衝撃の展開だと思うんです。だんだん視聴者の方も、私(楓)が何かしているんだろうなと感づくとは思うんですけど、結末は誰も想像できない展開になっていると思います。そこを楽しみに最後まで見ていただけたらうれしいです」

──森川さん、ありがとうございました!


【プロフィール】 
森川葵(もりかわ あおい)
1995年6月17日生まれ、愛知県出身。2012年女優デビュー。以降、ドラマ「スプラウト」(12年/日本テレビ系)でヒロインを務め、「35歳の高校生」(13年/日本テレビ系)や、「ごめんね青春!」(14年/TBS系)など数々の話題作に出演。15年にはドラマ「テディ・ゴー!」(フジテレビ系)でドラマ初主演を務める。その後も「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(16年/フジテレビ系)や、「賭ケグルイ」(18年~19年/TBSほか)では2シーズンにわたって早乙女芽亜里役を演じている。ほか、18年公開の前作に引き続き、20年春公開の映画「嘘八百」シリーズ第2弾に出演する。
【番組情報】 
「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」 
テレビ朝日系 
木曜 午後9:00~9:54
【プレゼント】
森川葵のサイン入り生写真を1名様にプレゼント!

●応募方法:インターネットTVガイドのTwitter公式アカウント(@internetTVG)をフォローし、下記の投稿をリツイート。
https://twitter.com/internetTVG/status/1166960377302634496?s=20
さらに、ツイート内のリンクをクリックし、必要事項を入力してください。

●締め切り:2019年9月30日(月)正午

●発表方法:当選者の発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます。あらかじめご了承ください。

テレビ朝日担当 Y・O 
撮影/尾崎篤志





キーワード

関連記事
PAGE TOP