スペシャルインタビュー

特集

KLMオランダ航空と「家族対抗歌合戦」の変わらぬ絆。すべてはプロデューサーの情熱から始まった!

 フジテレビ系でレギュラー放送されていた時代から、「オールスター家族対抗歌合戦」にとってKLMオランダ航空は欠かせないパートナーというイメージがあり、8月10日にBSフジでオンエアされる特番「KLMオランダ航空100周年『オールスター家族対抗歌合戦 令和元年!熱唱スペシャル!!』」でも、優勝賞品の日本―アムステルダム往復航空券と視聴者プレゼントを提供している。このほど、番組との結びつきについて、KLMオランダ航空マーケティング&eコマース部部長・岩本星雨(いわもとせいう)氏にうかがった。

──今回の収録で審査員の方々も語っていましたが、レギュラー放送時代からKLMオランダ航空は「オールスター家族対抗歌合戦」の大事な要素の一つでした。番組がBSフジで復活してからも、それは変わっていませんね。

「KLMオランダ航空は100周年、日本での事業は68年目を迎えましたが、その歴史のなかで長年パートナーとしてご協力いただいたのがフジテレビさんであり、『オールスター家族対抗歌合戦』でした。私どもはオランダという小さな国の航空会社ですが、日本では比較的広く名前を知っていただいている。なぜかというと、やはり1972年から15年あまり、日曜日のゴールデンタイムに毎週この番組が放送されていたことが大きい。その番組がせっかく復活するとなったら、協力しないという選択肢はなかったですね。番組のストーリーを美しくする手助けをしないわけにはいかない、と申しますか」

──確かに美しいストーリーですが、何しろ30年ぶりの復活ですから、簡単に話が進まないこともあったのでは?

「正直、『この額の航空券を提供することで、どんな効果が望めるのか』といった上層部からの疑問もありましたが、時間をかけて丁寧に説得しました。浜口哲夫さん(レギュラー時代からのプロデューサー)の情熱に感化された部分が大きいです。浜口さんは、最初に弊社のコールセンターに連絡したそうです(笑)。レギュラー時代に面識があった人間が入れ替わっていて、当時のツテは頼れない。それならば…とお考えになったんでしょうが、なかなかできないことだと思います。それでコールセンターからタイアップの提案があると聞き、浜口さんとお会いして、その情熱に触れて、動きだしました。企画書を書きながら浜口さんの顔が浮かびましたし、レギュラー時代も、こういった取引を超えた取り組みがあったんだと思いましたね」

──今回は、「KMLオランダ航空100周年」が番組の冠タイトルになります。

「100周年を同じ一つの名前で迎える航空会社は私どもが初ですが、それを記念するさまざまな企画のなかで、一緒に大きくやりましょう、視聴者プレゼントも、というお話をいただきまして、二つ返事で『ぜひ』と。今までと違う形で番組にご協力できたと思っています」

──収録をご覧になってみて、いかがでしょうか?

「ご高齢の方が多く出場されていて、皆さんお元気だな、と。日本は高齢化社会と言われていますが、お元気なご高齢の方が多いことは、私どもも自分たちのビジネスを通じて感じています。この番組もそれを象徴するものの一つとして、視聴者側を勇気づけてくれると思いました。個人的に、家族の大切さが改めて求められる時代になってくると思っていますが、『家族』を前面に押し出している番組はあまりない気がします。そんな時代に昭和の人気番組が復活して7回目を迎えることができたのは、番組のコンセプトが今の時代に通じるものがあったからではないかと考えています」

──今後も番組に関わり続けていくつもりでしょうか?

「できれば。もちろん企業として予算など考えなければいけないところはありますが、KLMオランダ航空とオランダという国の魅力を伝えていただける番組として、共に歩んでいければ、と思っています」


【番組情報】 
「KLMオランダ航空100周年『オールスター家族対抗歌合戦 令和元年!熱唱スペシャル!!』」
BSフジ 
8月10日 午後7:00~8:55

取材・文/佐藤新





キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年12月13日号
発売日:2019年12月4日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:TOKIO×嵐

新着連載

PAGE TOP