スペシャルインタビュー

特集

超特急がCDデビュー7周年にシングル「Hey Hey Hey」をリリース! 「聞いているだけで幸せになれる世界へ誘う」

 CDデビュー7周年を迎えた6月10日に、ニューシングル「Hey Hey Hey」をリリースした超特急。表題曲&各メンバーをイメージしたカップリング曲をそれぞれプレゼン!

──「Hey Hey Hey」がCDデビュー7周年記念日にリリースされました。

タカシ 「デビューできた日にシングルを出せるのは、すごくうれしいです。今回の楽曲はファンキーな中にジャジーさもあって、“カッコいい”に振り切った超特急が見られます」

リョウガ 「オシャレに見せて、歌詞に“YABAMIZAWA”って入ってるところが超特急らしくて安心したというか(笑)。好きだなと思いました」

ユーキ 「ツアータイトルの“EUPHORIA”も歌詞に入っていて。最高の至福という意味で、聴いているだけで幸せになっちゃうみたいな、そういう世界へ超特急が誘うという雰囲気が出てます」

カイ 「ダンスも全体的にカッコよくて好きです」

──本作には各メンバーの個性を反映したカップリング曲がそれぞれ収録されますが、自分の曲のプレゼンをお願いします。

カイ 「僕の『Before Dawn』は、歌詞もメロディーも今までで一番セクシーなんじゃないかなと思います」

ユーキ 「オシャレなR&Bテイストで、大人な魅力があるよね」

カイ 「より深い一面で魅せられる曲だし、ピアノの旋律が奇麗なので、踊るのが楽しみです」

リョウガ 「僕の曲『激おこスティックファイナリアリティぷんぷんドリームわ~るど』は、タイトルを超越してるくらい本当にカオスな曲。一度聴いたら中毒になると思います」

ユースケ 「ゲームの要素が強いよね。聞き覚えのある音が入ってたりして」

タクヤ 「『Four Seasons』は男気のある歌詞で、こんな人に憧れますね。自分も8号車(ファンの総称)のみんなに超特急に付いてこい! と言える存在になれればと。それをこの曲で表現したいと思います」

カイ 「タクヤはミディアムな曲でセンターになることが多いから、この曲も単純にタクヤらしいなって思いました」

ユーキ 「『Play Back』はダンスが映えそうな楽曲になってます。間奏がめちゃめちゃ攻めていて、ライブでは迫力あるダンスを披露すると思います」

タカシ 「ユーキがダンスする時に見せる、ただ者じゃない感じを曲の世界観から感じました」

カイ 「ダンスしてるユーキの顔が想像できるよね」

ユースケ 「僕の『TAXI』は口ずさみたくなる曲で、ライブでも盛り上がるんじゃないかな。歌詞に黄色が入ってるので、やっぱり自分は黄色(のイメージ)なんだなって(笑)」

タクヤ 「外国のタクシーは黄色が多いからね」

カイ 「でもユースケはタクシー乗らないじゃん。河川敷を徒歩でしょ?」

ユースケ 「まぁ、あんまり乗らないけど。貯金したいから(笑)」

タカシ 「僕の『小さな光』はバラードです。ジャンルはブラックミュージックなんですよ。ボーカルとしていつかは挑戦したい曲調だったので、感慨深いものがありました。人間味があって、一緒に励まし合えるような歌詞に共感してもらえると思います」

ユーキ 「タカシは最近、“光”のイメージがついてきた。歌でみんなを照らす存在みたいな」

タカシ 「“小さな光”も、もしかしたら自分を表してくれてるのかな。バックボーカルだから、決して大きくはないけど」

カイ 「後光ですよ!」

──現在開催中のツアーで、ついに47都道府県の“開通”を果たすとか。

リョウガ 「そうなんですよ。昔から目標に掲げていた全国開通を達成することができるので、ちゃんと記憶に残る、超特急の歴史に残るようなツアーにしたいです」

ユーキ 「毎回いろんなことに挑戦しているんですけど、今回もてんこ盛りで高カロリーなライブになっています。一つ一つ、その会場でしか味わえないようなライブをお届けします!」


【OUR MUSIC~幸福感に浸れる】

タクヤ 「back numberが好きで。中でも『HAPPY BIRTHDAY』は幸福になれます。ボーカルの(清水)依与吏さんが、自分の誕生日にツアー先で歌詞を書いて、気付いたらCDになってたというエピソードもすてき!」

リョウガ 「茅原実里さんの『みちしるべ』。『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』という泣ける系のアニメの曲というのが大きいんですけど、切なくて、すごく優しい曲調が心を打ちます」

カイ 「ずっと真夜中でいいのに。の『ヒューマノイド』。もともと歌声が好きで、真理をつくような絶妙な歌詞もいいなって。特に2番のAメロの歌詞が好きです」

タカシ 「UVERworldの『美影意志』。ド直球に愛を伝える歌詞がすごくカッコいい。UVERworldの曲は歌声も含めて、気持ちがめちゃくちゃ伝わってくるんです。僕もそんなボーカルを目指したいです」

ユーキ 「ブルーノ・マーズの『Treasure』。歌詞もアドベンチャー感があって、曲を聴くだけでワクワクして心が躍るので、幸福感に襲われます(笑)」

ユースケ 「僕はウソツキの『一生分のラブレター』。何でも自信を持って好きと言えるのは本当にカッコいいなぁって思える楽曲で、自分も好きなものは好きって言い続けたくなります」


【プロフィール】 
超特急
メインダンサー&バックボーカルグループとして2012年6月にCDデビュー。18年に「Mnet Asian Music Awards」にて「Favorite Dance Artist Japan」を受賞。現在、全国33公演で計10万人を動員するホールツアーを開催中。それぞれ役者としても活動している。
カイ
1994年9月27日神奈川生まれ。天秤座。O型。
リョウガ
1994年10月23日 神奈川生まれ。天秤座。O型。
タクヤ
1994年11月24日東京生まれ。射手座。A型。
ユーキ
1995年1月2日徳島生まれ。山羊座。AB型。
ユースケ
1995年12月24日神奈川生まれ。山羊座。B型。
タカシ
1996年9月23日大阪生まれ。天秤座。A型。
【作品情報】 
シングル「Hey Hey Hey」
発売中
¥1000ほか(CD/SDR)

タイトル曲は現在開催中の、グループ史上最大規模となる全国ホールツアー「EUPHORIA~Breakthrough,The Six Brave Stars~」のテーマ曲。“メンバーセンター盤”6種には各メンバーをイメージした楽曲をそれぞれ収録している。

取材・文/加治屋真美 撮影/峰フミコ ヘア&メーク/杉野智行、青山佑綺子





キーワード

関連記事
PAGE TOP