スペシャルインタビュー

特集

坂口健太郎がゲーム好きな一面を披露。「『ファイナルファンタジー』が大好きで、ほぼ全部プレーしています」


 オンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」を通じた父と子の絆を描いた人気実話ブログが、書籍化、ドラマ化を経てスクリーンへ。自身もゲームが大好きだという坂口健太郎が撮影を振り返る。

──台本を読んだ感想は?

「『ファイナルファンタジー』(『FF』)というゲームの世界を大事にしつつも、父親と子どもの話になっていて温かい気持ちになりました。僕が演じるアキオは、父親とどこか距離がある青年なんですが、言おうとしたことを言えなかったり、もう一歩を踏み込めなかったり、微妙なニュアンスで演じる部分がたくさんあって。映像を見た時、意外と難しいことをやっていたんだなと思いました。アキオは強いキャラクター性がない、普通の会社員でしたから。でもそういった繊細な距離感も、吉田鋼太郎さんとだからできたように思います」

──現場では吉田さんとどのようにコミュニケーションを?

「鋼太郎さんとは今回初めてご一緒して、最初は緊張していたんですが、現場にいやすい空気作りをしてくださって、僕も肩の力を抜いて過ごせました。合間にもいろんなお話をしてくださって。僕が普通に息子としていられる時間を、鋼太郎さんが作ってくれたなと思います」

──特に印象に残っているお父さんとのシーンはありますか?

「鋼太郎さんと直接会話をするシーンが少なかったので、僕がいない場面でお父さんがどんなお父さんでいるんだろうなっていうのはすごく気になっていて。完成した作品を見てみたらすごく面白かったですね。お父さんが(プレーヤーキャラの言葉として)『~するぴょん』って語尾につけて画面に文字を打ち込むんですけど、鋼太郎さんはこのノリノリな語尾をどう読むんだろうと思っていたら、見事な『ぴょん』で笑ってしまいました(笑)。あと、これは僕と一緒のシーンなんですけど、お母さんからゲームを禁止されたお父さんがクイズ番組を見ている場面が本当に面白くて。ぼそぼそ答えを言いながら見ているのが最高で、カメラに映っていないところでニヤニヤしていました(笑)」

──坂口さんご自身もゲームが大変お好きだそうですね。

「はい。実は『FF』が大好きで、ほぼ全部プレーしています。みんなに意外だって言われるけど、ゲーム全般すごく好きなんです。『FF XIV』のプロデューサー兼ディレクターの吉田(直樹)さんと山本監督は、現場で僕がゲームをプレーするシーンを見てすぐにそれが分かったみたいで『坂口くん、ゲームすごいやるでしょ?』って言われました(笑)」

──そもそも、最初にハマったゲームタイトルは?

「ハマったのは『ドラゴンクエスト』とか、それこそ『FF』といったRPGです。親もRPGが好きで、やるようになったんだと思います。ゲーム禁止の家ではなかったので、結構遊んでいました。僕は、ゲームは悪ではなくいいものだと思っているので、今の子どもたちにも『どんどんやっていけ』って思います(笑)。最近はeスポーツという一つの競技として成立していて、感覚も変わっているでしょうしね。ここからもどんどんゲームというものは大きくなるだろうし、そういう意味で『光のお父さん』は、今の時代に即した作品なんじゃないかなと思います」

──最後に読者へメッセージをお願いします。

「親に限らず、友達との間にも、作っていないのに生まれてしまう溝ってあると思うんです。そういう問題を抱えている人って多い気がしていて。そんな方に、一歩踏み出してくれと言うつもりはないですけど、この作品を見て何かを感じていただければと思います。そして、『FF』に興味を持った方はぜひゲームをプレーしてみてください(笑)」


【OUR MUSIC~絆を感じる映画】

 パッと思い浮かんだのは「最強のふたり」(2012)かな。あと「グリーンマイル」(00)。例えば家族の間には、基本的に絆ってあるものじゃないですか。でもそうじゃない…もともと絆が存在しない人同士にだんだん絆が生まれていくのがいいなって。僕はわりと「このジャンルが好き」というのがなく、雑食ですね。「グリーンマイル」もそうですけど、最近、ちょっと昔の映画を見返したいなと思っているんです。ほかには「アルマゲドン」(1998)、「アジョシ」(11)とか。どれも何度か見たことはあるんですけど、今はまた違った気持ちで見られるんじゃないかなって。

 最近は映画をスマホで手軽に見られますけど、僕はあまりスマホでは見ないですね。でも、身近になったのはすごくいいことだと思います。まずは見ることが大事だと思うし、自分が出演した映画も、見てもらわないことには始まらない。すごくいい作品を作ったと思っても、見てもらえなかったら広がっていかないですから。作り手のエゴになってはダメだと思うので、まずはたくさんの方に見ていただくことが最優先だと思っています。

【プロフィール】 
坂口健太郎(さかぐち けんたろう)
1991年7月11日東京生まれ。蟹座。O型。出演ドラマ「連続ドラマW そして、生きる」(WOWOWプライム)が今夏放送。7月30日から上演の舞台「お気に召すまま」に出演する。8月2日公開の映画「ドラゴンクエストユア・ストーリー」ではヘンリー役を務める。
【映画情報】 
「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」

6月21日公開
原作/マイディー 監督/野口照夫 山本清史
出演/坂口健太郎 吉田鋼太郎 佐久間由衣 山本舞香 佐藤隆太 財前直見

仕事一筋の父(吉田)が、昇進を目前に突然会社を辞めてしまう。父の本音を知りたい息子のアキオ(坂口)は、オンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」の世界に父を誘導し、正体を隠して共に冒険に出るという計画を練るが…。
【プレゼント】
サイン入り生写真を1名様にプレゼント!

応募はコチラ→https://www.tvguide.or.jp/tvguide_enquete
(応募締切:2019年5月29日午前11:59)

ハガキでの応募方法は「TVガイド」5/31号(P98)をご覧ください。
「TVガイド」の購入はコチラ→https://zasshi.tv/category/TVG

取材・文/高瀬純 撮影/須田卓馬 ヘア&メーク/廣瀬瑠美 スタイリング/檜垣健太郎(little friends)



キーワード

PAGE TOP