スペシャルインタビュー

特集

【やすらぎ集中配信】草刈民代が今作に懸ける意気込み。「面白い話の中にある人それぞれの悲哀を反映するのが目標」

 脚本家・倉本聰先生がシニア世代のために書き下ろし、2017年に放送された帯ドラマ劇場「やすらぎの郷」(テレビ朝日系)。石坂浩二さんを中心に浅丘ルリ子さん、加賀まりこさん、野際陽子さん、八千草薫さんら昭和を代表する豪華俳優陣が集結し、テレビ界に貢献した人のみが入居できる老人ホームでの日常が描かれていました。それから1年半。「やすらぎの刻~道」で「やすらぎの郷」のその後が描かれることに! さらに、石坂さん演じるシナリオライター・菊村栄が新たに生み出すシナリオとして、昭和から平成にかけての激動の時代を生きた山梨の養蚕農家のある夫婦の物語も並行して展開します。

 このドラマで菊村たちが暮らす、やすらぎの郷「La Strada」を創設した元大手芸能プロダクション総帥・加納英吉の娘・名倉みどりを演じるのは、「やすらぎの郷」に引き続いての登場となる草刈民代さん。やすらぎの郷の総務理事として施設運営の責務を担う役どころの草刈さんに、「“名倉みどり”という役を演じるのが楽しい」という今作で感じていることについて伺いました!

──2017年の「やすらぎの郷」に続き、今回「やすらぎの刻~道」への出演が決まってどう思われましたか?

「『またやるんだな』って。『やすらぎの郷』は本当にいいドラマだったので、また続きがあるというのはうれしく思いました」

──今回は1年間の放送です。

「1年間というのはすごく長いので、どういう話になるのかなって思ったんです。でも、菊村栄先生の描くドラマと並行して『郷』での物語が紡がれていくというのを伺って『なるほど!』と思いました」

──前回から変わったと感じる部分はありますか?

「前回は私もいろんな人に直接関わっていましたが、今回は新たに(板谷由夏さん演じる)有坂エリさんが入って、彼女がいろんな情報を持ってきてくれる役回りになっていて、そこが前作とは違う印象です。前回の放送から丸1年半空いていたこともあって、やすらぎの郷『La Strada』も変わってきている感じがしました。私が演じるみどりさんも1年間を通して時間とともに変化してくと感じましたし、いろいろなエピソードを通してすべての登場人物の時間の経過が明らかに表現されているところがすごいなって思います」

──その変化というのは、台本を読んですぐに感じるものですか?

「はい。『前はこういうシーンはなかったな』とか、ちょっとしたエピソードのなかに、人々が変化していく様子が微妙な形で描かれていると感じます」

─このドラマの撮影が進んでいく中で感じている魅力について教えてください。

「『やすらぎの郷』もそうでしたけど、すごく面白い話の中に人ぞれぞれの悲哀というか、苦しみとか悲しみとかが必ず表現されていて。前回の菊村先生のセリフにあったと思うのですが、チャプリンの名言の中に『人間の行動はアップで見れば悲劇、ロングで見れば喜劇』という言葉があって、本当にまさにそういうことだなって感じますね。一つ一つが面白おかしい話だけど、例えば年を重ねていくことの苦しみがともなっていたりとか、また喜びがともなっていたりとか、そこがやはり面白いところですよね。演じる上でも、そういうところをしっかり拾って反映できたらいいなって思います。今回はそういうことを目標にしたいです」

──お話を聞いているだけでも、その深さがうかがえます。

「日常の些細(ささい)なことなんだけど、実は人はそういうことに揺れ動かされるわけじゃないですか? そういうことが散りばめられているんです。引退した人たちが集っているやすらぎの郷だけど、そこでもいろんな事件が起こり…。それも、事件をただの笑い話としてしまえばそれで終わってしまうけど、実はその中に人それぞれの人生が描かれているという。人が生きていくっていうのはこういうことなんだなって、いろんなシーンで感じますね」

──今回は、その中で「道」という別世界も描かれていきます。

「私が出ている『やすらぎ』の方は読んでいるんですが、台本がとても長いので『道』は今のところまだ完全には読めていません(笑)。でも、『道』の最初の方も、戦争中であれだけ深刻な境遇でも、やっぱり子どもはいつの時代でも子どもらしいことを考えていたりとか、そういう普遍性がありますよね。それに加えて、戦争中は今よりも自由がない中で、でも当時の人はそれが当たり前として生きているじゃないですか。戦争に行かなきゃいけないということもありますし。その時代を経験された倉本先生じゃないと描けない世界観だと思います。その時代の『道』と現在の『やすらぎ』、それが1本のドラマとしてすごくうまく移り変わっていくのが、すごいなって思います。皆さんそう思っていると思うんですけど、私も倉本先生の作品に出られてよかったなと本当に思います」

──草刈さんはこのドラマの撮影に臨む時にどんなことを楽しみにしていますか?

「この役を演じること自体が楽しいですね。どんなシーンがということではなくて、役自体、本当にやりがいがあるというか。これだけたくさんの人が出ていますけど、一人一人の個性がはっきりと特徴づけられて描かれていますから、それを形にしていくっていう面白さは、撮影していて楽しいですね」

──このドラマの放送が始まってすぐに平成が終わり、令和という新しい時代に突入します。

「年号が変わるということについては、今はあまり実感がありません(笑)。どう変わっていくんですかね? それを受け身の感覚で見ているところはありますね。時代そのものがどう変わっていくかは全然想像つかないですね。来年は東京でオリンピックもありますし、いろいろ変わっていくと思いますけど、良い方向にいってほしいです」

──では、最後にこのドラマの展望をお聞かせください。

「『道』は清野菜名ちゃんと風間俊介くんが時間を経て、風吹ジュンさんと橋爪功さんに変わります。『道』の主人公たちがどのような人生を送るのかを見るのが楽しみですね。記者会見でも言ったと思うんですが、私も、みどりさんがこの1年をどのように生きたのかを打ち出せるような演技を目指したいです」

──ありがとうございました!


【プロフィール】 
草刈民代(くさかり たみよ)
1965年5月10日生まれ。東京都出身。バレリーナとしてデビューし、96年には映画初出演となる「Shall we ダンス?」で初主演。2009年にバレリーナ引退以降は、女優として活動。NHK大河ドラマ「龍馬伝」や「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系)などに出演。また、4月6・7日には歌手としてのファーストライブも開催された。10月4~14日には東京芸術劇場で、舞台「PURGATORIO-あなたと私のいる場所-」(https://www.purgatorio-stage.com/)に出演する。
【番組情報】 
テレビ朝日開局60周年記念 帯ドラマ劇場「やすらぎの刻~道」
テレビ朝日系 
月~金曜 午後0:30~0:50
キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年11月1日号
発売日:2019年10月23日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:ビートたけし×村上信五

新着連載

PAGE TOP