スペシャルインタビュー

特集

城田優、「私のおじさん」話題のキスシーンに「できればない方がありがたい(笑)」

 岡田結実さんが初の連続ドラマ主演に、遠藤憲一さんが初の“妖精役”に挑戦しているドラマ「私のおじさん~WATAOJI~」(テレビ朝日系)。ポンコツな新人ADの一ノ瀬ひかり(岡田)が、彼女の前に突然現れて「妖精」を自称するおじさん(遠藤)からのアドバイス(言いたい放題言っているだけ?)で成長していく姿が描かれています。

 番組制作会社に就職したひかりが配属されたのは、体当たりロケでおなじみの超過酷なバラエティー「限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!」。そこにいるのは、“バイトリーダー”的なチーフAD、働き方改革を盾にサボり気質の若手AD、いわゆる“お局”AP、はしご外しをするプロデューサーとくせ者ぞろい。中でも、ディレクターの千葉迅は番組制作のために妥協を許さない、周りからすればとにかく“面倒な男”です。しかも、女関係にはだらしない“クソ野郎”…。そんな千葉を演じる城田優さんを直撃し、妖精のおじさんが出現するという“ぶっ飛んだドラマ”に見えて、実は社会派なテーマを取り上げる今作について伺いました!

──撮影も終盤に差し掛かっていると思いますが、あらためて「私のおじさん」はどんなドラマだと思いますか?

「妖精のおじさんが出てくるということで、非常にファンタジックで非現実的なんですけど、内容自体はとても現実的です。今旬ないろいろな問題、特にエンタメの世界で問題視されていることとかがフィーチャーされています。テレビやエンタメの裏側が出てきますが、エンターテインメントに携わっていない視聴者の方にしっかりと届くようなメッセージだったり、どの職種にも共通するものがあるので、ファンタジックに見えてとても地味というか、現実的な話ではあるかなと思います」

──城田さんが演じる千葉はアツい鬼ディレクターですが、どんなキャラクターか教えてください。

「仕事においては非常に真面目で、登場人物の中では誰よりも諦めない心を持っていて、少しでも可能性があればそれを突き詰めていきます。『テレビのバラエティーだから、まあいいか』ということをしない、自分のやりたいことに対して非常に真摯(しんし)で真っすぐで有能なディレクターだと思います。それゆえに、時に人をこき使ったり、周りが見えなくなるようなことがあって、言葉遣いもパワハラだと言われてしまったら完全に負けてしまうようなところもあるんです。でも、演じながらそんなに悪いやつではないかなと、僕は思っていますね」

──なるほど。一方で、だらしない“クソ野郎”な部分もあります。城田さんご自身は、クソ野郎とは言わないまでも、だらしない部分などはありますか?

「僕自身はだらしないことだらけですよ(笑)。『今日こそやろう』と思っても、絶対に今日はしないですし、途中で諦めてしまったり後回しにしてしまったりと、日々反省ですね。洗い物や洗濯ものといった家のこととか、仕事でも『リミットはいついつです』って言われると、『早くやろう』っていうのがあまりなくて…。夏休みの宿題とかも最後にやるタイプでした。とにかくめんどくさがり屋なので、『これは行った方がいいな』と思う会でも、『今日は疲れているから休もう』って思ってしまうこともあります。非常にめんどくさがり屋のクソ野郎でございますよ(笑)」

──いやいや(笑)。千葉は女性関係にだらしなくて、毎回出てきたキスシーンも話題になっています。

「『城田優のキスシーンが!』って視聴者の皆さんの熱がどんどん上がっていっているんですけど、物語の本筋とは関係ないです(笑)。ですので、あまり期待しないでください。いろんな女優さんと接近してお芝居をするというのは、平常心ではできなくて、遠慮もしますし、気も使いますし…。できればない方がありがたい(笑)」

──記者会見で「実はすごく“緊張しい”」だとおっしゃっていましたが、キスシーンとなるとさらに緊張しますか?

「やっぱりキスシーンなんでね…。緊張感がすごいので、そのシーンのことではあまり話は膨らまないです(笑)」

──千葉をはじめ、「~ヤッテミー!!」にはクセのあるスタッフが集まっていますが、城田さんが実際の現場で出会った中で「この人個性的だなあ」と驚いた方についてお聞かせください。

「パッと思い浮かぶのはスチールカメラマンさんですかね。はじめはすごく静かで、『じゃあ撮影します』ってなった時に『(高い声で)ハ~イ!』って急にハイテンションになった方がいて、ドッキリかと思ってカメラ探しちゃいました(笑)。でも、ドッキリではなくて…。そういう人は何人かいますね」

──カメラマンさんが多いんですね?

「個性的な人が多いですね。描写としてその瞬間を切り取るわりに、流れというかリズムがあって、面白いですよね。でも、『ごめんなさい。笑っちゃうんで、ちょっとやめてください』ってなっちゃいます(笑)。『この人はこういうスタイルなんだな』って分かりつつも、かっこいい写真を撮ってもらおうとシュッとしていても笑ってしまって…。スタッフさんでいうと、それが一番インパクトがあって印象に残っています。でも、変わった世界なので、個性的な人ばっかりですよ(笑)。メークさんやスタイリストさんも個性的な人が多いかもしれないです」

──今作は、テレビ朝日の貴島彩理さんがプロデュースされています。昨年「おっさんずラブ」で大きな話題となり、城田さんは2017年に「オトナ高校」でご一緒されていましたが、どんな魅力のある方ですか?

「すごく真っすぐです。冒頭でも申し上げたように、現代の問題がしっかりと盛り込まれていて、何よりオリジナル脚本というところがすてきだなって思います。このドラマの中でも『攻めてる』ってよく出てくるワードなんですけど、やっぱりすごく“攻めてる”んじゃないかなと思います。妖精のおじさんなんて一歩間違えたら『何それ?』って全然受け入れてもらえないかもしれないし、引かれてしまうかもしれないものをあえて作っていき、触れにくい話題もバンバン入れていくっていうところが『攻めてるなあ』って。台本を作るためにインタビューされたりもするんですが、実際に自分が話したことが脚本に反映されていたりして、“一緒にものづくりをしている”っていう感覚が非常に強く、楽しいですね」

──主演を務める岡田さんについてもお聞かせください。

「センスがあって、岡田結実という人の人間性が投影されていて、ひかりという役が非常に魅力的に映っていると思います。いろいろ押し付けられて『かわいそう』って思われるところと、ひかり自身がドジなところもあって、視聴者の方も共感はするしイラッともするだろうし。どっちもあって、いいバランスで人間らしいというか、そういう芝居をきちんとできているところはすごいなって思います。本人にも言ったんですが、僕のセンサー的には、彼女のやる気次第では、非常にいい女優さんになるだろうって。ただ、すぐに笑ってしまうところがあるので、そろそろ泣くぐらいにぶち切れてやろうかなって思っています(笑)」

──妖精役・遠藤憲一さんはいかがですか?

「芸達者というか、オリジナリティーがありますね。ご本人も会見で『スーツ着たらやくざか刑事に見えてしまう』とおっしゃっていましたけど、それを妖精に見せなければならないっていうのは、エンケンさんにしかできないですね。プロットでは『辛口の怖いおじさん』って書いてあるんですが、ご自身のアイデアでふわっとしたかわいらしい妖精にしているんです。困った時に導いてくれて、でも甘やかすだけじゃなくて、時にはしっかりと筋の通った厳しいことも言ってくれて、誰もが『こんなおじさんがいてくれたらなあ』って心のよりどころになるっていうところをしっかり演じられていると思います。あとは、目のお芝居や切ない表情などはピカイチですよね」

──妖精が見えない体での芝居に対しては笑いを耐えられるようになりましたか?

「序盤に比べたら! 最初は見ないようにしていたんですけど、今はエンケンさんを見ても見えてない芝居をするようになりました。さすがにもう終盤なので、そこはある程度の免疫がつきましたね」

──では、最後に2月22日放送の第6話から終盤に向けての見どころをお願いします。

「第5話が『千葉がおじさんのことを見えるようになったか?』という感じで終わって、そこから物語が急展開を迎えていきます。6話は“千葉回”と言われていて、千葉の心情だったり過去が解き明かされるんです。7話も結構パンチの効いた重い内容になっていて、千葉の意外な一面が見られる回でもあります。物語としても、芸能に携わっている人もそうですし、一般の方たちにもぜひ見てもらいたい回ですね。スキャンダルとか、ニュースとか、ネットとか…。このSNS時代を象徴した、まさに“今”の話になっているので、ぜひぜひご自分の生活と交えながら見てもらえればなと思います」

──ありがとうございました!

【プロフィール】 
城田優(しろた ゆう)
1985年12月26日生まれ。東京都出身。2003年に俳優デビュー。舞台では10年、ミュージカル「エリザベート」でトート役を演じ、第65回文化庁芸術祭「演劇部門」新人賞を受賞。16年「アップル・ツリー」では初の演出を手がけ話題に。今年6月にはブロードウェイミュージカル「PIPPIN」の主演、11月には「ファントム」の演出・主演を控えている。また、昨年ミュージカルカバーアルバム「a singer」を発売、歌手としても活躍中。3月21日には「城田優コンサート2019」を予定。俳優としては、ドラマ「ROOKIES」(TBS系)、映画「亜人」など多数出演とマルチに活躍中。
【番組情報】 
「私のおじさん~WATAOJI~」
テレビ朝日系 
金曜 午後11:15~深夜0:15
※地域によって放送時間が異なります。
【プレゼント】
城田優のサイン入りポラを2名様にプレゼント!


●応募方法:インターネットTVガイドのTwitter公式アカウント(@internetTVG)をフォローし、下記の投稿をリツイート。
https://twitter.com/internettvg/status/1098356815430148096?s=21
さらに、ツイート内のリンクをクリックし、必要事項を入力してください。

●締め切り:2019年3月11日(月)正午

●発表方法:当選者の発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます。あらかじめご了承ください。

テレビ朝日担当 K・T 
撮影/蓮尾美智子

キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
TVガイド2020年2月28日号
発売日:2020年2月19日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:410円
表紙:Hey! Say! JUMP

新着連載

PAGE TOP