スペシャルインタビュー

特集

三浦貴大&安藤政信初共演の「神酒クリニックで乾杯を」。「全シーンが面白くなりそう」

 現役医師の作家・知念実希人の人気シリーズ「神酒クリニックで乾杯を」が連続ドラマ化され、2019年1月からBSテレ東で放送される。世間に知られることなくひっそりとセレブや政治家などのVIPの治療を行なうクリニックを舞台にしたこのメディカルミステリーで初共演を果たすのが三浦貴大と安藤政信。取材日に初めて顔を合わせたという2人だが、共通の知人がいるということで和やかムードだった。

──今日、初めて会われたそうですが、お互いに過去の出演作などで印象はありましたか?

三浦 「安藤さんは僕が役者を始める前から活動されているので出演作もたくさん拝見しているんですが、どの作品を見ても物腰とかセリフのしゃべり方、動き方がいつもただただかっこいいなと思っていたんです(笑)。だから今回、ご一緒できるのがうれしくてクランクインをずっと心待ちにしていました」

安藤 「共通の知人が三浦くんと食事している時に来ないかと誘われたんですけど、その時はちょうど行けなくて(照れ笑い)。今日、初めてお会いしたんですけど、雰囲気がどっしりしていて安心感がありますよね。共演していいシーンが作れたらいいなと思っています」

──医者役ですが役作りなどはどのようにしていこうと思っていますか?

安藤 「いつも役作りはあまりしないんですけど、これまでやってきた20年の経験値もありますし、医者は『コード・ブルー』シリーズ(フジテレビ系)で外科医を演じているので、もし分からなくなったら藍沢(『コード・ブルー』で山下智久が演じている主人公)に連絡して『ここどうしよう?』って聞こうと思います(笑)」

三浦 「藍沢に!(笑)」

安藤 「自分の芝居を見るのが本当にイヤなので、実は『コード・ブルー』を見ていないんですけど、これを機に見ようと思います(笑)」

三浦 「僕も医者役は経験あるので、それを生かしていこうと思いますけど、九十九(勝己)は視聴者目線と近いところの存在なのでなるべくニュートラルな状態で臨みたいですね」

──医療ものですけど、患者が起こすトラブルや事件を解決していくというミステリーの要素も魅力ですよね。

安藤 「クリニックを頼ってきた患者を受け入れて、問題を解決して幸せな方向に持っていってあげる。そういう内容が子どもの頃に見た佐藤浩市さんが出演されていた『ザ・ハングマン』とか、『必殺仕事人』(ともにテレビ朝日系)のような雰囲気があるなと思いました。だから自分たちが演じるキャラクターは責任重大なことを請け負ってやっているんだなと」

三浦 「そうですよね。何かの職業の裏側を見せつつ、実はこういうことをやっているんですよという描写はやっぱりかっこいい。自分がそういう役を演じられるのが楽しみです」

──三浦さん演じる事情ありの外科医・九十九は、安藤さん演じるクリニックの院長・神酒章一郎をはじめ、個性的なクリニックのドクターたちに翻弄されていきますよね。

三浦 「そうですね。僕は家でジーッとしているタイプなので翻弄したりされたりもしませんし、実際、僕が『神酒クリニック』に面接に行ったらすぐ帰ってくると思います(笑)」

安藤 「あははは(笑)」

三浦 「ここはヤバいなって思う(笑)。クリニックの面々もみんな濃すぎるし」

安藤 「僕の大好きな竹中直人さんも出てくるしね。でも僕もああいうところにはそもそも近づかないな。しかも第1話のゲストが小林幸子さんなんですけど、小林さんが演じられる役がまた強烈なので、あの患者を受け入れる勇気がない(笑)。小林幸子さん、衣装どうするんだろう……」

三浦 「あははは(笑)」

──見どころはどんな点になりそうですか?

安藤 「脚本を読んでいると、今のところ全シーンが面白くなりそうなんですよね。ドラマ的な要素も多いのでぜひ注目してほしいです。これで面白くなかったら俺らのせいだな~(笑)」

──アクションもありそうですよね。

安藤 「ありますね」

三浦 「僕もタックルするシーンがあります」

安藤 「かっこいいアクションになるか分からないけどね(笑)。やっぱり見どころは毎回来るゲストの方のインパクトだと思います。そういうゲストの方を受けて、僕らも面白くなるよう動けるようにしたいです」

三浦 「そうですね。あとは視聴者の方は九十九と同じように翻弄されながら見ていただけると楽しめるのかなと思います」


【プロフィール】 
三浦貴大(みうら たかひろ)
1985年11月10日生まれ。東京都出身。蠍座。A型。2010年に映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」でデビューし、同作で日本アカデミー賞新人俳優賞、報知映画賞新人賞を受賞。近年では映画「サムライフ」(15)、「進撃の巨人」(15)、「怒り」(16)、「のみとり侍」(18)、「栞」(18)、ドラマ「銭形警部」(日本テレビ系)、「リバース」(TBS系)、「高嶺の花」(日本テレビ系)など多くの話題作に出演。
安藤政信(あんどう まさのぶ)
1975年5月19日生まれ。神奈川県出身。牡牛座。O型。1996年、北野武監督の「キッズ・リターン」で鮮烈なデビューを飾り、その年の映画賞の新人賞を総なめに。主な出演作に映画「サトラレ」(2001)、「スマグラー―おまえの未来を運べ―」(11)など。近年の出演作に「コード・ブルー―ドクターヘリ 緊急救命―」シリーズ(フジテレビ系)、ドラマ「ブラックスキャンダル」(日本テレビ系)ほか。「連続ドラマW それを愛とまちがえるから」(WOWOWプライム)が19年2月9日にスタート。
【番組情報】 
土曜ドラマ9「神酒クリニックで乾杯を」
2019年1月12日 スタート 
BSテレ東 
土曜 午後9:00~午後9:54

医療事故で働き場所を失った外科医の九十九勝己(三浦貴大)は、師事していた三森教授の勧めで「神酒クリニック」で働くことに。そこでは、院長の神酒章一郎(安藤政信)をはじめ、腕は立つが一癖も二癖もある医師たちが、世間に知られることなく超VIPの患者たちの治療を行っていた。彼らに振り回されつつも、新しい職場になじもうとする九十九だったが、クリニックにはある“裏の顔”があった。患者の心配事や大きな悩みを解決することで、精神状態が安定し、患者の治療につながるという一風変わった治療をしていたのだ。舞い込んで来る不思議な依頼、そして、九十九が請け負う衝撃の“治療”とは?
【プレゼント】
三浦貴大、安藤政信ポラを各1名様にプレゼント!

●応募方法:インターネットTVガイドのTwitter公式アカウント(@internetTVG)をフォローし、下記の投稿をリツイートしてください。

<三浦貴大サイン入りポラ>
https://twitter.com/internettvg/status/1078817878248484864?s=21

<安藤政信ポラ>
https://twitter.com/internettvg/status/1078817879095693312?s=21

●締め切り:2019年1月18日(金)正午

●発表方法:当選者の方には、応募いただいたTwitterアカウント宛に、2019年1月30日(水)までに@internetTVGからダイレクトメッセージでご連絡します。なお、ダイレクトメッセージが送れない方や、ダイレクトメッセージを送付後、3日以内に返信いただけない場合は、当選を無効とさせていただきます。あらかじめご了承ください。

取材・文/熊谷真由子 撮影/松井伴実

キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年6月28日号
発売日:2019年6月19日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:410円
表紙:King & Prince

新着連載

PAGE TOP