スペシャルインタビュー

特集

ボイメン・辻本達規が『スポダン』に再び参戦! 「毎回出場して、結果を残せる人になりたい」

 体力自慢の芸能人が参加し、その中で“誰が1番身体能力がスゴいのか”を決める大会『スポダン』こと「究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子頂上決戦2017春(仮)」(TBS系)が5月11日に放送されることが決定しました。前回大会(2017年1月1日放送)で初出場を果たし、腸腰(ちょうよう)筋と精神力がカギを握る地獄のハードル越え“ハードジャンパー”で新記録を出したBOYS AND MEN・辻本達規さんが、今大会にも出場! 収録中の辻本さんに意気込みなどを伺いました。

──再び『スポダン』への参戦が決まった心境を聞かせてください。

 このコロッセオに帰ってくることができて素直にうれしいです。優勝を目指し全てをぶつけたいなと思います。『スポダン』は子どもの頃から憧れていた番組で、前回は出演できることに喜びを感じていました。この前もめちゃくちゃ勝ち負けにこだわってはいましたが、今回は2回目の出演ということもあり、より本気で優勝を獲りに来ているし、結果も出さなければいけないと思っています。前回よりも活躍できるように頑張りたいです。

──前回大会は“ハードジャンパー”で初参戦にして新記録を樹立しましたね。反響も大きかったのではないでしょうか。

 「ずっと跳んでいた人だ!」と、よく言われるようになりました(笑)。ただ、(決勝で負けてしまい)優勝はできなかったので、実は僕の中で納得はいってないんです。でも、ひとつ結果が出せたことはすごく良かったし、今回また呼んでいただけたことに繋がったと思います。

──今大会では「辻本さんに勝ちたい」と名前が上がる場面もあり、多くの出場者からライバル視されているようです。

 皆さんが僕の記録を目標にしてくれたり、“ハードジャンパー”の予選では僕と当たりたくないと言ってもらえたり。そういう声を聞き、多くの方が僕の競技に挑む姿を見てくださり、いろんなことを感じ取ってもらえたのだと実感できてうれしく思います。

──辻本さんは誰をライバルだと考えていますか?

 前回悔しい思いをしたので、(引き続き参戦している)森(渉)さん、野村(祐希)さん、(平野)泰新くん。一人に絞るなら、森さんですね。一番優勝に近い存在なのかなと思っていて、森さんのスポーツマンシップにのっとり戦う姿や、体格の差などのハンデがあったとしても諦めずに頑張るところがとても尊敬できます。だからこそ、森さんに勝ちたいと思います。

──競技の合間に他の出場者の皆さんとお話しする姿を見かけました。どんなことをお話しされていたのですか?

 森さんに競技についていろいろと話を聞きました。森さんは『スポダン』をずっと支えてきた方で、経験が豊富。僕もそんな存在になりたいし、ゆくゆくは森さんのように毎回出場して、結果を残せる人になりたいなと思います。泰新くんにはモンスターボックスについて教えてもらいました。泰新くんも自分の挑戦があるのに、僕の跳び方を見て「ここ、こうした方が良いよ」ってアドバイスをくれたりして。応援席にボイメンのメンバーがいない分、共演者の方々とお話しする機会が増えて、勉強になることがすごく多かったです。

──今回メンバーが応援に駆け付けることができず、少し心細さもあるのではないでしょうか?

 うるさい2人(田村侑久、小林豊)が前回は来てくれて「(周りに迷惑をかけていないか)大丈夫かな!?」と思ったりもしました(笑)。でも“ただのうるさいヤツらがいないだけ”という感じではなく、実はすごく僕のサポートをしてくれていて、2人がいたからやりやすかったのだと、いなくなってから気づきました。もしまた『スポダン』に出られる機会があれば、メンバーには応援に来てもらい僕の頑張りを見てほしいなと思います。

──辻本さんは常に対戦相手に敬意を払い、応援してくれた方々への感謝の言葉を忘れない人。スポーツマンシップをとても大切にしていると感じているのですが、その精神のルーツはどこにあるのでしょうか?

 少年野球をやっていた頃、勝負ではあるけれど相手に敬意を払って戦うということを教えられてきたので、そこはずっと大事にしてきました。この番組は『最強“スポーツ男子”頂上決戦』なので、僕も一人のスポーツマンとして特にその精神は大切にしないといけないなと思っています。対戦相手の皆さんは敬意を払いたくなる方ばかりですし、戦いの場ではありますが、よりよい記録を出すためにも自然と心がけています。

──では最後に、視聴者の方へのメッセージをお願いします!

 僕はバラエティーが好きで、普段はワイワイ、ガヤガヤしていることが多いですが、今回は一人のスポーツマンとして、そうそうたるメンバーと戦っています。僕のスポーツマンとしての姿を皆さんに見ていただき、僕が頑張ることが皆さんの活力になったら良いなと思います。最後まで諦めずに戦う僕を応援していただけると嬉しいです。

 “前回よりも活躍し、優勝を獲る”と宣言した辻本さん。誰よりも勝ちにこだわる彼は“ハードジャンパー”の最高記録保持者にも関わらず、さらに上を目指すストイックな男。その姿勢は、今大会に出場する『スポダン』の次世代を担う若手の面々だけではなく、森さんら『スポダン』精鋭陣にも刺激を与えているようです。前回の悔しさをバネに、体脂肪5%の鍛え抜かれた肉体と持ち前のガッツで勝利を手にすることはできるのか!? ぜひ放送で辻本さんの勇姿をご覧ください。

Text:伊藤美寿々

【プロフィール】
辻本達規(つじもと たつのり) 
1991年5月17日生まれ。岐阜県出身。 
名古屋発のエンターテインメント集団・BOYS AND MEN(通称:ボイメン)のメンバー。2017年1月7日には東京・日本武道館で単独ライブを開催。「ゴゴスマ~GOGO!Smile~」内コーナー『ボイメン★クエスト』(毎週木曜・TBSほか)などに出演中。 
※「辻」は一点しんにょう
【番組情報】
「究極の男は誰だ!? 最強スポーツ男子頂上決戦2017春(仮)」 
TBS系 
5月11日(木) 
午後7:00~9:54
キーワード
PAGE TOP