スペシャルインタビュー

特集

テレビ東京期待の新人・片渕茜アナに独占インタビュー!
「開運!なんでも鑑定団」アシスタントの“お宝”とは!?

 テレビ東京新人アナウンサーの片渕茜さんに単独インタビューを敢行! 大学時代の生活やアナウンサーを目指したきっかけ、今年の春に九州から上京してきた時の東京の印象、アナウンサーのお仕事についてなどなど、フレッシュなアナウンサー1年生の今の気持ちを余すところなくお伝えします!

――今年の4月にテレビ東京に入社して、アナウンサーとして過ごしてきたこれまでの感想はいかがですか?

「去年までの生活とはがらっと変わりましたね。住む場所も九州から出たことがなかったので、東京の地というだけで全然違うのですが、さらにテレビ局なんて絶対に入れない場所だと思っていたので、そこに毎日通勤している時点で“わー!”といまだに思います。憧れの場所だったので」

――ご出身は佐賀ということですが、東京で驚いたことや発見したことがありましたらお聞かせください。

「まず電車が多いですね(笑)。路線が多いですし、鉄道会社もいろいろありますよね。乗り換えが本当に大変で、(スマホの)乗り換えのアプリがないと動けないです。それを使って移動はできるようになりました」

――休日などは街に繰り出す派ですか?

「最初の頃は結構繰り出していました。福岡から同じように出て来た友達と浴衣を着て浅草を散策してみたり。あとは兄から自転車をもらったので、自転車で行ける範囲であれば出掛けてみたりもしています」

――都内を自転車で走るのは楽しそうですよね!

「はい! でも九州は平野が多いんですけれども、こちらは坂が多いじゃないですか? なのでちょっと自転車での移動は難しいなとも思いました(笑)」

――昨年まではどのような学生でしたか?

「英語専攻でしたので留学生と交流をしたり、実際に短期留学もしたりして、英語になるべく親しむようにはしていました。外国の方がいらっしゃるレストランでアルバイトをして英語で接客したり。英語の勉強と並行して、ダンスサークルにも入っていたのでダンスもいつも踊っていました」

――英語は将来仕事に生かしたいなという思いがあったのでしょうか?

「単純に英語が好きでした。英語を話すこととか、海外のドラマや映画を見ることが好きだったので。自分の知らない文化を知り、そういう場所に飛び込むといった異文化交流がしたかったんです」

――なかなかアクティブな性格なんですね!

「はい、大学時代は動き回ってた気がします!」

――ダンスも大学から始められたのですか?

「小学3年生から続けていました。ジャズとかヒップホップとか結構いろんなジャンルをやっていました」

――実際にアナウンサーを目指そうと思ったきっかけはあったのでしょうか?

「英語やダンスなどをいろいろやっている中で、福岡の放送局でテレビのお仕事もちょっとやるようになりました。小学生の頃からダンスをしたりミュージカル劇団に所属したりして、人前に出ることとか、何か伝える仕事がしたいなというのはずっと思っていたのですが、その局のスタッフの方に“アナウンサー試験を受けたらいいじゃない!”と言われたのがきっかけで、“あ、アナウンサーもあるかな”と考え始めて、そこからアナウンサーという職業を意識するようになりました。ダンスは自分や物語を表現するんですけれど、情報を自分の言葉で伝えるっていうのもかっこいいなと思って。それが大学2年生ぐらいですね」

――表現したり、発信したりすることにもともと興味があったのですかね?

「はい、それはずっと好きでしたね」

――今年の夏は隅田川花火大会で中継を担当しましたが、初の生中継、初の東京の花火、初のヘリコプター搭乗の感想をお聞かせください。

「緊張もしていたはずなのですが、上から花火を見下ろすのも初めてなので、きれいだなという印象が強かったですね。だんだん緊張もとけ楽しかったです。こんな経験はきっと一生に一度だろうなと思います」

――ビルの中に浮かび上がる花火を見る機会はなかなかないですもんね。

「ないですよね。全然印象が違いました! 空一面に上がる迫力ある花火ではなく、夜景が広がる中でヘッドホンを付けているので音も聞こえない花火がフワッフワッと打ち上がっている感じでした。スカイツリーと一緒に見る花火は新鮮でした」

――九州では花火大会にはよく行かれたのですか?

「近所でもよくやっていたので、結構行っていましたね」

――先輩や同僚のアナウンサーとの関係はいかがですか?

「皆さんすっごく優しいです! アットホームな感じですね。大丈夫かな?とドキドキしながら入ったのですが、まったく怖いなんてことはなくて(笑)。みんなで頑張ろうと一致団結する雰囲気がすごくあります。先輩たちも自分の仕事だけをするのではなく、下の人を育てるという空気があり、自分が編み出した取材方法や裏技も教えてくださるので、すごくありがたいです」

――私も普段お仕事をさせていただいている中で、テレビ東京さん全体からとてもアットホームな雰囲気を感じています!

「私もそんな気がします! 他の局を知らないですけど、こんなに恵まれすぎていていいのかなと思っちゃいます。本当にありがたいです」

――アナウンス部のいい雰囲気がひしひしと伝わってきましたが、特に仲の良い先輩などはいらっしゃいますか?

「鷲見(玲奈)さんがすごく優しいです。ごはんに連れていってくださったりします。鷲見さんは2年間女性の後輩がいなかったので、私が入ってきてうれしいと言ってくださいます」

――まさに鷲見さんはお姉ちゃんのような存在なんですね。

「はい、かき氷などを一緒に食べに行きました。今度はチョコを食べに行こうと話しています(笑)」

――10月からは「開運!なんでも鑑定団」のアシスタントに就任されました。小さい頃からご覧になっていた番組だと伺っておりますが、実際にご自分が出演されるようになっての感想はいかがですか?

「不思議な感じですね。なんでここに自分が出ているんだろうっていう感じがまだします。でも、今田(耕司)さんも福澤(朗)さんもとても優しくしてくださるので、単純に楽しいです。現場で気さくに話しかけてくださったりしますし、福澤さんはアナウンサーとしても大先輩なので、いろいろ真似できるところはないかなと思いながら勉強させていただこうと思っています」

――福澤さんから何かアドバイスなどは受けたのでしょうか?

「直接“こうした方がいいよ”みたいなことは言われませんが、初めてごあいさつした時に私が佐賀出身だということで“有田焼が有名だよね”とか、佐賀のおいしいお酒の話などをしてくださり、本当にたくさんの引き出しがある方なのだなぁと感じました。そういう言葉の一つ一つを聞き、見習わないといけないんだなと思いました。本当に博識ですし、初対面の人とも話を広げることが大事なんだよって教えてくださっていると思うので、見習いたいです」

――アナウンサーになってから、ご家族をはじめ、友人や周りの方々からの反応はいかがでしょうか?

「私というよりも家族にすごい反響があるようです。妹から“友達からこんなのが届いたよー”と(片渕アナが映っているテレビ画面を撮影した)写真が送られてきたり(笑)。私が通っていた中学校の先生が私のことを授業中に話されていたというのを聞きました。いろいろなところから反応があるのでうれしいですね」

――私も拝見していますが、「鑑定団」は長寿番組かつ人気番組ですし、特に反響も大きいのではないでしょうか?

「そうですね。私の祖父、祖母世代もよく見ているので、祖父と祖母にもいろいろ反響が来るみたいですよ(笑)」

――毎回さまざまなお宝が登場する「鑑定団」にかけまして、ずばり片渕さんの“お宝”を教えてください。

「私が大学受験の時に母親が作ってくれた猫のマスコットのお守りですね。よく親から猫に似ていると言われるんですが、今もそれをずっと持っていて、励みにしています。福岡では一人暮らしもしていたのですが、ここまで遠く離れた東京での一人暮らしは初めてなので、いろいろな機会に家族と連絡を取ったりもしますね」

――今後どのようなアナウンサーになっていきたいかお聞かせください。

「先輩の夏休みの代役で報道、バラエティー、スポーツなど結構いろいろなジャンルの番組に関わらせていただいたのですが、どれもそれぞれ楽しさがあるんです。自分でも今絶対にこれがやりたいというふうには絞ってはいないのですが、報道番組に携わっていきたいなと思っています。でもまずは先輩方の期待に応えられるよう頑張りたいなという気持ちが一番強いですね」

――では最後になりますが、視聴者の皆さんへのメッセージをお願いします!

「まずは基礎から固めていかなくてはいけないという段階だと思っているので、温かく見守っていただければうれしいなと思います!」

――今後のご活躍を楽しみにしています。本日はどうもありがとうございました!

「ありがとうございました!」

 取材を受けることには不慣れだと言いながらも、終始笑顔ではきはきとインタビューに応じてくださった片渕さん。今年の4月に入社したばかりの社会人1年目らしいフレッシュな雰囲気を持ちながら、とても落ち着いた奥ゆかしさもまとった印象を受けました。学生時代にダンスに英語にとご自分の興味あることへアクティブに挑戦を続けてきた彼女らしく、これからもさまざまなジャンルの番組での経験を経て、アナウンサーとしてさらなる活躍を期待したいと思います。皆さん、テレビ東京の片渕茜さんをぜひともよろしくお願い致します!

Interview&Photo=五十嵐啓晃(テレビ東京担当記者)

片渕茜(かたふちあかね)
1993年7月26日生まれ。佐賀県出身。
2016年4月にテレビ東京にアナウンサーとして入社。
趣味はダンス、東京を開拓すること、海外旅行。
現在は『ワールドビジネスサテライト』(トレたまキャスター)、『開運!なんでも鑑定団』などに出演中。
PAGE TOP