KISS&CRY

特集

羽生結弦選手、山本草太選手、島田高志郎選手らが出場! グランプリシリーズ第6戦「NHK杯2019」記者発表会リポート

KISS&CRY

 11月22~24日に北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナで開催される、グランプリシリーズ第6戦「NHK杯2019」。その記者発表会が10月6日、都内で行われました。

KISS&CRY

 最初に、9月に行われた「オータムクラシック2019」で優勝した羽生結弦選手から、ビデオメッセージが寄せられました。

羽生 「いつも応援ありがとうございます! NHK杯ではその時の自分のベストな演技ができるよう、また一つひとつ積み重ねて、自分が思い描く演技になるように頑張りたいと思っています。自分が優勝できた思い出の地でもあるので、その思い出を塗り替えて、上書きできるような、大きな喜びにできるように頑張ります」

KISS&CRY
KISS&CRY

 続いて、<NHK>2020応援ソング「パプリカ」が流れる中、山本草太選手、島田高志郎選手、紀平梨花選手、山下真瑚選手、横井ゆは菜選手、小松原美里選手&ティム・コレト選手が入場。NHKマスコットキャラクターのどーもくん、うさじい、たーちゃんも一緒です!

KISS&CRY

 はじめに、選手たちがそれぞれ今シーズンのプログラムの見どころや目標を発表しました。

KISS&CRY

紀平 「ショート、フリーともに表情をつけること、ジャンプの安定感を意識して練習しています」

KISS&CRY

山下 「フリーは大人っぽい曲なので、メリハリをつけられるように練習しています」

KISS&CRY

横井 「ショートは場面、場面で違った表情ができるように練習してきたので、それを出したいです」

KISS&CRY

山本 「ショートもフリーも海外で振り付けをしました。両方とも最後のステップから盛り上げていけるプログラムなので、そこをがんばっていきたいです」

KISS&CRY

島田 「ジャンプ、スピン、ステップ、全ての強化に取り組んでいます。自分のストーリーを、観てくださっている方たちに見せたいです」

KISS&CRY

小松原 「ケガをしてしまったおかげで、周りの方に助けられていると分かりました。プログラムを通じて、楽しい時間を還元したいです」

コレト 「全日本選手権2018で優勝できましたが、世界のレベルではまだ低すぎます。今シーズンは、もっといい成績を出せるように頑張りたいです」

KISS&CRY
KISS&CRY

 今回がNHK杯初出場となる島田選手は、「TVで観ていた世界なので、まだ自分がその場に立つという実感がありませんが、日本で開催される国際試合に出るということも初のことなので、精一杯楽しんで雰囲気を味わいたいです」と意気込みを語りました。

 また、昨シーズンに続き、2年連続の出場となった山本選手は「昨シーズンのNHK杯は楽しめるような試合にしたいと思って挑んで、楽しく終えられました」と振り返り、「今シーズンは、“戦う”という強い気持ちを持って挑んでいきたいです」と闘志を見せました。

KISS&CRY

 続いてのトークコーナーでは、女子3選手が質問の答えに当てはまる人を指さすことに。1つ目の「氷上と陸上の姿にギャップがある人は?」という質問では、紀平選手、山下選手の2人が横井選手を指名。紀平選手は「氷上ではかっこいいし、表現が豊かだけど、普段はおもしろくて。いつも会話が弾む感じです」と理由を話し、山下選手も「(横井選手は)実はすごくおもしろくて、でも氷の上に立つと真面目で一生懸命。全然違う」と横井選手の素顔を明かしました。「スベッてなかったんだな、って(笑)。良かったです!」と会場の笑いを取った横井選手が選んだのは紀平選手。その理由について「試合の時はしっかり自己分析をしているけれど、意外とふんわりして天然なところがあります」と話しました。

KISS&CRY

 次の「負けず嫌いな人は?」という質問では、2人が紀平選手を指名。これに紀平選手は「結構不安になりますし、絶対勝つというのはあまり意識できていない時もありますが…」と予想外だった様子。そして、「でも、私よりもっと負けず嫌いな人はいっぱいいると思います(笑)」とはにかみました。山下選手は紀平選手を選んだ理由について、「ノービスのころから練習でも『絶対跳ぶ!』という風に見えました。試合でもメンタルが強いな、と思います」と話し、横井選手は「この試合のためにやらなければいけないことを自分で考えて、負けないために努力しているのが見えるので指名しました」と回答。昨シーズン、シニア1年目にして旋風を巻き起こした紀平選手の強さの秘密が明かされました!

KISS&CRY

 最後は、選手たちが「NHK杯2019」の目標を発表しました。

紀平 「昨年のNHK杯の点数を超えられるように頑張りたいです。会場の皆さんを楽しませる演技、安定感のある演技ができたらいいなと思います」

山下 「ショートとフリーで曲調が全然違います。ショートは楽しんで見てほしいですし、フリーは『こういう曲でも滑れるんだな』って思ってもらえたらうれしいです」

横井 「ショートとフリーでまったく違う女性を演じているので、それが見ている方に伝わればいいなと思います。点数は200点を超えられるように、今自分ができる最大限のものをミスなく演技したいです」

山本 「NHK杯はたくさんのお客さんが入る試合なので、そこを楽しみたいと思っていますが、まずは結果を求めて完璧な演技を皆さんに見せられるようにがんばっていきたいです」

島田 「ショートはダンサーの方に振り付けていただいて、自分の感情を込めやすい振り付けになっているので、そこをしっかり一つの作品として仕上げていきたいです。フリーは自分自身が踊っていて楽しい曲です。会場で観てくださっている方と一体になって、まるで一つの映画を見ているかのような気分にさせたいです」

小松原 「会場にいる皆さまが来てよかったと思える、かつパーソナルベストを出す演技をして順位を上げたいです」

コレト 「今シーズンは楽しい曲を選びました。いい演技をして、できれば点数も上げたいです」

KISS&CRY
KISS&CRY

 2019-2020シーズンのグランプリシリーズ最終戦「NHK杯2019」は、11月22~24日に開催されます。それぞれのベストな演技を目指す選手たちを、全力で応援しましょう!


<関連HP>
【2019NHK杯国際フィギュアスケート競技大会】
http://nhk-trophy2019.jp/

<放送情報>
【フィギュアスケート グランプリシリーズ2019】
●第6戦NHK杯

NHK 総合
11月22日(金)午後7:30~8:45 生放送(男子ショート)
11月23日(土)午後6:05~6:45 生放送(女子フリー)
11月23日(土)午後7:30~9:45 生放送(男子フリー)
11月24日(日)午後1:05~3:00 生放送(エキシビション)※放送時間延長の場合あり
11月30日(土)午後4:20~6:00 録画(総集編)

NHK BS1
11月22日(金)午後4:45~7:30 生放送(男女ショート)
11月23日(土)午前9:00~9:50 録画(女子ショート)
11月23日(土)午前10:00~10:50 録画(男子ショート)
11月23日(土)午後4:40~6:05 録画(シングルフリー見どころ&女子フリー)
11月24日(日)午前9:00~9:50 録画(女子フリー)
11月24日(日)午前10:00~10:50 録画(男子フリー)
11月24日(日)午後0:00~0:55 生放送(エキシビション)※放送時間延長の場合あり

NHK BS8K
11月22日(金)午後4:45~6:35 生放送(女子ショート)※放送時間延長の場合あり
11月22日(金)午後7:05~8:45 生放送(男子ショート)※放送時間延長の場合あり
11月23日(土)午後4:50~6:45 生放送(女子フリー)※放送時間延長の場合あり
11月23日(土)午後7:25~9:45 生放送(男子フリー)※放送時間延長の場合あり
11月24日(日)午後0:00~3:00 生放送(エキシビション)※放送時間延長の場合あり

<雑誌情報>
KISS&CRY 氷上の美しき勇者たち2019-2020シーズン開幕号~Road to GOLD!!!(表紙・巻頭特集:羽生結弦選手/Vol.30)

10月10日(木)発売 ※一部地域を除く
https://zasshi.tv/products/detail/HBTNM191004_001-00-00-00-00-00

「KISS&CRY」とは?
「KISS&CRY」シリーズは、日本のフィギュアスケーターのみなさんをフィーチャーし、その「戦う」姿、「演じる」姿を合計50ページ超のグラビアでお届けしています。つま先から指先・その表情まで、彼らの魅力を存分に伝えます。また、関連番組TVオンエアスケジュールも掲載。TVの前で、そして現地で応援するフィギュアスケートファン必携のビジュアルブックです。
Twitterアカウント:@TeamKISSandCry





キーワード

関連リンク

TVガイド最新号

TVガイド
2019年11月1日号
発売日:2019年10月23日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:ビートたけし×村上信五

新着連載

PAGE TOP