KISS&CRY

特集

宇野昌磨選手が「ディズニー・オン・アイス2018」で“想い”を込めた『See you again』を熱演

KISS&CRY

 7月29日まで名古屋・日本ガイシホールで開催されている「ディズニー・オン・アイス2018名古屋公演」。その初回公演に宇野昌磨選手がゲスト出演し、エキシビションナンバー『See you again』を情感豊かに滑りました。

KISS&CRY
KISS&CRY
KISS&CRY
KISS&CRY
KISS&CRY
KISS&CRY

 出演後に行われた、宇野選手の囲み取材の模様を紹介します。

KISS&CRY

──「ディズニー・オン・アイス」への出演は8年ぶりですね。

宇野「12歳の時に滑らせていただきましたが、(その時は)狭いリンクに慣れていなくて、トリプルサルコウで左肩を強打した思い出があります(笑)。貴重な経験をさせていただきました」

── 8年ぶりに「ディズニー・オン・アイス」で滑ってみて、12歳の時と違いはありましたか?

宇野「昔はただただ夢中で滑っていましたが、(今は)いろんなことを考えられるようになりました。お客さまに少しでも楽しんでいただくためには、自分のベストな演技をすることが一番の近道だと思うので、(今日は)精いっぱい滑らせていただきました」

── 演技後、大きな拍手が沸き起こりました。感想を教えてください。

宇野「滑りながら、周り(の観客)を見ていましたが、『ディズニー・オン・アイス』は子どもがたくさんいるので、いつもと違った雰囲気でした。僕の演技を見に来てくれた子どもは少ないと思うんですけれど(笑)、少しでも(子どもたちの)記憶に残れたらいいなと思いました」

── 今回、『See you again』を選んだ理由は?

宇野「選んだ理由……さまざまな気持ちを込めて、です。具体的なことは答えないでおきます」

KISS&CRY

── 髙橋大輔選手が現役復帰しましたね。

宇野「すごく不思議な感じです。僕が何か言える立場ではないですが、ファンの1人として(髙橋選手の演技を)見たいなと思っています。そして、“引退した後に、もう一度復帰するという気持ち”を、本当に尊敬しています」

── 今季のプログラムについて教えてください。

宇野「フリーはまだまだできていなくて……。憧れの先輩方が滑っていた曲なので、僕なりの『月光』を滑れたらと思います。ショート(『天国への階段』)は、タンゴ調から途中でロック調になるので、その切り替えだったり(をうまくやりたい)。これまではとは、また違った自分を見せられたらと思っています」

── ルール改正でフリーの演技時間が4分30秒から4分になりましたが、やらなければいけない要素はジャンプが一つ減っただけです。このことについてどう思われますか?

宇野「いちばん簡単なジャンプ、僕だとトリプルサルコウになりますが、これを跳ぶのに30秒かかるわけではないので、前よりも詰まったプログラムになってしまいます。ジャンプばかりのプログラムと思われないように、ジャンプ以外のところもプログラムとして表現できたらと思います」

── 今季のジャンプ構成について教えてください。

宇野「4回転サルコウか4回転ループをどちらか1本、4回転トウループ2本、4回転フリップ1本、トリプルアクセル2本という構成の予定です。シーズン中に変えていく可能性はありますが、今は4回転サルコウを入れたプログラムの方を練習しています。シーズンに入って、4回転ループも練習していこうと思っているので、二つ(4回転サルコウと4回転ループ)入れるのか、どちらか一つにするのかは今後決めていきます」

── 現状で4回転は3種類ということでしょうか?

宇野「とりあえずは。よほど余裕がないかぎり、4種類はやりません。やはり出来栄え点が(旧ルールから)大きく変わったので……。トリプルアクセルは自分の中では得意な方なので、しっかり加点がもらえるように練習していきたいです!」

── 今季のテーマを教えてください。

宇野「特にないです。大きな目標は持っていなくて、一日一日“今日はこれをしたい。これは成し遂げたい”という目標を決めて、一歩ずつ登っていきたいです」

KISS&CRY

 ミッキーマウスのスクリーンデビューから90周年のアニバーサリーイヤーを記念した「ディズニー・オン・アイス 2018」は、日本ガイシホールで7月29日まで開催中。その後、大阪、神奈川・横浜、福岡、広島、三重・津、埼玉、香川・高松と全国を回ります。詳しくは公式ホームページをチェック!


【ディズニー・オン・アイス2018】 
https://www.disney.co.jp/eventlive/onice.html


「KISS&CRY」とは?
「KISS&CRY」シリーズは、日本のフィギュアスケーターの皆さんをフィーチャーし、その「戦う」姿、「演じる」姿を合計50ページ超のグラビアでお届けしています。つま先から指先・その表情まで、彼らの魅力を存分に伝えます。また、関連番組テレビオンエアスケジュールも掲載。テレビの前で、そして現地で応援するフィギュアスケートファン必携のビジュアルブックです。
Twitterアカウント:@TeamKISSandCry

キーワード

関連リンク

TVガイド最新号

TVガイド
2019年8月23日号
発売日:2019年8月16日(金)
※地域により発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:相葉雅紀

新着連載

PAGE TOP