KISS&CRY

特集

本田武史さん、小塚崇彦さん、村上佳菜子さんが“フィギュア音楽”について徹底トーク!

 関ジャニ∞が毎回さまざまなアーティストをゲストに迎え、一夜限りのジャムセッションやトークを繰り広げる音楽バラエティー「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日系)。“音楽”について深く掘り下げながら、初心者にも分かりやすく解説してくれる、音楽好きもビギナーも楽しめる番組だと話題の「関ジャム」で、6月24日放送回で「フィギュアスケート音楽」を取り上げます。今回は、その放送の見どころをご紹介!

KISS&CRY

 ゲストはプロフィギュアスケーターの、本田武史さん、小塚崇彦さん、村上佳菜子さん。解説者としても活躍する3人が、“ジャンプだけじゃない!フィギュアスケートと音楽の重要な関係”をテーマにたっぷり語ります。


フィギュアの採点方法を羽生選手の「SEIMEI」で解説
フィギュアスケートでは、使用する曲も得点に大きく関わるということで、まずはフィギュアの採点システム“技術点+演技構成点-減点=得点”を説明。平昌冬季オリンピックで金メダルに輝いた羽生結弦選手のフリースケーティング「SEIMEI」の映像とともに得点表を分析していくと、その採点方法に関ジャニ∞メンバーの反応は…!

“ステップシークエンス”と“コレオシークエンス”
SP(ショートプログラム)とFP(フリープログラム)には、必ず入れなければいけない要素(エレメンツ)があるとのこと。ジャンプ、スピンのほかに、重要なのが“ステップシークエンス”と“コレオシークエンス”。これを知っていればフィギュアスケート観戦が断然楽しくなる!というこの要素を、VTRで分かりやすく説明します。

“スケートは楽器の一つ! 音楽を捉える振り付け”
「曲の一部になりたいと思って演技している」といい、“スケート靴のエッジで氷を削る音も、曲を構成する一つの新しい音”と考えているという小塚さん。グランプリファイナルで銀メダルを獲得した’08‐’09年シーズンの自身のプログラム「TAKE5」のVTRとともに、その具体的な表現方法に迫ります!

“世界No.1! 髙橋大輔のステップ”
小塚さんはプロフィギュアスケーター・髙橋大輔さんのステップを解説。リズムよりも“音”を重視しているという独特な音楽表現や、上半身と下半身の優れたバランスなど、髙橋さんの’13‐’14シーズンのフリースケーティング曲「ビートルズ・メドレー」のVTRを用いて、そのすごさについて徹底分析します。

“音楽表現がすごい! 羽生結弦選手”
圧倒的な美しさと高い完成度を誇る羽生選手のジャンプ。小塚さんは羽生選手の“音楽表現”と“ジャンプ”の深い関係に注目。横山裕さんが「美学ですね!」と絶賛した、ジャンプに隠されたある秘密とは?

“ストーリーのない曲に、自分の想いを込める”
映画音楽など、ストーリーのある曲を表現するのが得意だった村上佳菜子さんが、“ストーリーのない音楽”の表現について紹介。’13‐’14シーズンのショートプログラム曲「バイオリンミューズ」に込めた想いとは? VTRとともに、自身の演技を解説します。また、村上さんの大ファンというゲストの貫地谷しほりさんが語る、村上さんの魅力とは?


 その他にも、ここでしか聞けない話が満載! フィギュアスケートファンも初心者も、もっとフィギュアのことが好きになる内容がギュギュッと凝縮された内容なので、ぜひ放送をチェックしてください!

KISS&CRY
<放送情報>
「関ジャム 完全燃SHOW」 
日曜 午後11:10~深夜0:05
※地域によって放送時間が異なります。

「KISS&CRY」とは?
「KISS&CRY」シリーズは、日本のフィギュアスケーターの皆さんをフィーチャーし、その「戦う」姿、「演じる」姿を合計50ページ超のグラビアでお届けしています。つま先から指先・その表情まで、彼らの魅力を存分に伝えます。また、関連番組TVオンエアスケジュールも掲載。TVの前で、そして現地で応援するフィギュアスケートファン必携のビジュアルブックです。
Twitterアカウント:@TeamKISSandCry

キーワード

関連リンク
PAGE TOP