KISS&CRY

特集

宇野昌磨選手がBリーグのスペシャルゲストに! バスケットボールの才能も発揮!?

 5月6日に東京・アリーナ立川立飛で行われたバスケットボールBリーグのレギュラーシーズン最終戦「アルバルク東京×京都ハンナリーズ」戦に、宇野昌磨選手がスペシャルゲストとして登場。“30秒間で何本シュートを決められるか?”などの企画にチャレンジし、会場を盛り上げました。

KISS&CRY
KISS&CRY
KISS&CRY
KISS&CRY

 宇野選手は、アルバルク東京から贈られた背番号12のユニホームを着て試合を観戦。バスケットボールを含めてスポーツ観戦は今回がほぼ初めてということでしたが、一進一退の攻防が続く試合の行方を真剣な表情で見つめていました。

KISS&CRY
KISS&CRY

 そしてタイムアウトでは、“30秒間で何本のシュートを成功させられるか?”という「シュートチャレンジ」に挑戦! 試合開始前のインタビューで宇野選手は、「本当に下手なので、期待しないでください」と話していましたが、計3本のシュートを見事に決めました。

 本番でしっかり決める“強心臓”を発揮した宇野選手。ハーフタイム中の会見でそのことについて聞かれると、「最初は本当に自信がなかったんです。何本も打たせていただいたので、その内に距離感が分かってきて…。プレッシャーに強いというよりも、慣れだと思います」と自己分析。また、「弟と遊ぶ時にバスケをすることが多いですが、コートでは1、2回くらいしかやったことがないので、『シュートチャレンジ』と言われた時は、“本当に入らないけど、大丈夫かな?”と思いました。でも、なんとか入って良かったです」と笑顔を見せました。

KISS&CRY

 さらに、宇野選手がサインボールを客席に投げ込むプレゼントコーナーも。大きく振りかぶって投げた宇野選手の剛速球は、勢いあまってなんと天井に激突! その強肩ぶりに、会場は大いに沸きました。

KISS&CRY
KISS&CRY

 試合は、アルバルク東京が今季最多の106点を挙げ、快勝! 最強クラブを決定する「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2017-18」へ向けて、弾みをつけました。宇野選手は勝利セレモニーにも登場し、ゲームMVPを獲得したザック・バランスキー選手にプレゼントを渡して、アルバルク東京の選手たちと記念撮影をしました。

KISS&CRY

 ハーフタイムに行われた記者会見の模様を紹介します。


── 今日はアルバルクのホーム戦です。印象を聞かせてください。

宇野「フィギュアスケートではホーム、アウェーというものがないので、(ブーイングなどに対して)なんだか複雑な気持ちになりました。相手チームが少しかわいそうだなって…。でも、僕はアルバルク東京の応援として来ているので、そういうことを思うこと自体が違うのかなとも思いました。フィギュアスケートの観客は、全員の選手に拍手をおくってくれますが、また違ったスポーツなんだなと感じましたね」

── バスケを見て、刺激になった部分があったら教えてください。

宇野「僕は、相手チームがずっと気になっていました。たくさんファウルを取られた後のフリースローで、声援とは違う掛け声(ブーイング)の中でプレーするというのは、どんな心境なんだろうと思って見ていました」

── 大舞台で力を発揮するためには何が必要でしょうか?

宇野「自分が練習してきたものを試合で出すことが一番大切だと思いますが、皆さんたくさん練習していると思いますので、僕が言うことは何もないと思います」

── アルバルク東京に向けて応援メッセージをお願いします。

宇野「バスケのことはよく分からないので、精いっぱい頑張ってほしいなと。(選手たちは)頑張っているので“頑張ってほしい”というのは、変なんですけど…。全力で応援したいと思います」

 素直な言葉で初観戦の感想を語ってくれた宇野選手は、5/12(土)・13(日)に行われる「プリンスアイスワールド 2018 40th Anniversary -ROAD OF THE ICE-」の青森・八戸公演ほかに出演します。宇野選手とアルバルク東京の活躍を応援しましょう!


<公演情報>
【プリンスアイスワールド 2018 40th Anniversary -ROAD OF THE ICE-】
http://www.princehotels.co.jp/iceshow/
<放送情報>
【プリンスアイスワールド 2018 横浜公演】
◆5月20日(日) BSジャパン 午後1:30~4:00
「KISS&CRY」とは?
「KISS&CRY」シリーズは、日本のフィギュアスケーターのみなさんをフィーチャーし、その「戦う」姿、「演じる」姿を合計50ページ超のグラビアでお届けしています。つま先から指先・その表情まで、彼らの魅力を存分に伝えます。また、関連番組TVオンエアスケジュールも掲載。TVの前で、そして現地で応援するフィギュアスケートファン必携のビジュアルブックです。
Twitterアカウント:@TeamKISSandCry

キーワード

関連リンク
PAGE TOP