haru*hana インタビュー

特集

チャン・デヒョンがソロアルバム「FEEL GOOD」を引っさげて来日!曲作りのインスピレーションの源は?

 オーディション番組「PRODUCE 101」シーズン2に出演し、RAINZのメンバーとして活躍したチャン・デヒョンがソロアルバム「FEEL GOOD」を携えて来日。プロモーションイベントの合間にインタビューしました!

haru*hanaインタビュー

──「FEEL GOOD」の歌詞はすべてデヒョンさんが1人で書いたそうですが、どのように出来上がっていったのでしょうか?

「普段、曲の作業をたくさんやっていますが、コンサートの時だけファンに見せていたのでアルバムとしてお聴かせしたのは初めてなんです。前から書いていたものを基に、僕の本来の明るい部分を見せたいなと思って作りました。元からものすごく明るい方なんですが、笑う時と笑わない時の差が激しいです。今回のアルバムを通して、明るくてやんちゃなところを見せることができてよかったなと思います」

── 歌詞の中で特に気に入ってるところは?

「サビの部分で、『다 필요없서 던져(全ていらない。投げて)』というところです。幼稚に見えないように、愛の歌として受け入れられやすいように、すごく悩んで書いていたところなので、ここが一番好きです。一緒に作業してくれた作曲家さんに、一発で『OK! いいよ』と言われたのですごくうれしかったですし、韓国でも日本でも曲がいいってすごく褒められて。悪い評判がないので、次の曲を作る時にも、ちょっと自信ができました」

── 曲を作る時のインスピレーションはどこから湧いてくるのですか?

「どういうふうにしたら皆さんの共感を得られるのか考えながら、いろいろ想像して書きます。あとは奇麗な単語をいっぱい検索してみます。書く時はじっと座って、ずっと悩みながら考えるんです。周りの人に聴かせてみて感想を聞いて、あまり良い反応をもらえないところは、すぐ直しますね。『FEEL GOOD』のサビの部分は、スターバックスで完成したんですよ。スタバでは恋人同士が恋愛していて、そういうのを見て、ちょっと腹を立てたりしながら(笑)。冗談です(笑)」

haru*hanaインタビュー

── ミュージックビデオもカラフルで楽しかったのですが、デヒョンさん自身のアイデアはどのくらい反映されましたか?

「自分がやりたいこと全部意見を出して相談したら、全部その通りにしてくれたんです。曲もそうだし、ヘアスタイルも、ミュージックビデオの色感も僕のアイデアがほとんど反映されています。髪の色もピンクがいいなと思っていたら意見がぴったり合って。僕、肌が白いので髪を染めた方が似合うなと思ったんですが、結構苦労します(笑)。しょっちゅう染め直さなきゃいけないのが大変だし、髪の毛も傷んじゃいました」

── もともと好きな色は何色ですか?

「ピンクです。明るくて気分が良くなる色が好きです。だからって普段からピンクのものを着たり、持ち歩いたりはしません(笑)。ただ好きなんです」

haru*hanaインタビュー

── RAINZのメンバーからも応援メッセージをもらったそうですね。

「もともと僕は心配性なので、そういう僕をメンバーが気遣ってモニタリングしてくれて。曲を褒めてくれたり、僕が自信を持てるようにたくさんメッセージを送ってくれました。ソロだと、全部自分1人でやらないといけないのでやはり大変です。ダンスの動線とか気にしなくていいから、楽な部分もあるけど、やはり寂しいですね」

── RAINZの活動は終わりましたが、その時メンバーとはどんな話をしましたか?

「最後の活動が日本だったんですが、ずっと泣いていました。日本で一緒に暮らしながら長く活動していたので、思い出がたくさんありました。オリコンチャートに入った時もメンバーみんなと一緒に打ち上げしたし、そういう思い出話をしました。毎日リリースイベントで僕ら会いに来てくれるファンの方たちとか、そういうことが記憶に残っています。今回も来てくださって、本当に感謝しています」

── 今、日本では「PRODUCE 101 JAPAN」が放送中なのですが、何かアドバイスするとしたらなんと声をかけますか?

「MVを見ました。全員大変だと思うんですけど、うまくいってくれるといいなと思います。寝る時間も少ないし、大変なことがいっぱいあるから体力管理に気をつけてほしいです。今やっている通り、楽しみながらやるのがいいと思います。自分もまだまだなので、アドバイスとかっていうことではないんですけど」

── 当時一番大変だったことと、楽しかったことは?

「やっぱりあんまり寝れなかったことですかね。練習しなきゃいけないので。でもその分ファンの皆さんの愛をもらえるから、そこは我慢しなきゃって。楽しかったのは、ステージに立てること。デビュー前なのに、ファンの皆さんの前でパフォーマンスできることが一番楽しかったです」

haru*hanaインタビュー

── ところで、土木技能士の資格を持っているそうですが、普段でも何か役に立つことはありますか?

「正直、日常生活では使えることはないんですよ。芸能人で土木をやったっていうのは面白いから、バラエティー番組で面白い話をたくさんしました。役立っていることは、年上の方たちといっぱい仕事していたので社会生活を学んだ感じです。50代の課長を『お兄さん』と呼んでいたし、そうやって大人の間の空気も読めるようになったし、そういうところが今でも役に立っているんじゃないかなと思います」

──「FEEL GOOD」にちなんで、デヒョンさんを気分よくさせるものをイラストで描いてください。

haru*hanaインタビュー

「近所の友達と会っておしゃべりするのが好きです。高校生の時の友達とか。最近のFEEL GOODは、マネジャーさんと散歩したことです。日本でスケジュールが終わってホテルからずっと歩いて、何も考えずに歩いたら結構歩いてて(笑)。明け方だったんですが、知らないうちに恵比寿に行っちゃって。そうやって散歩したりおしゃべりしたりする些細なことがいいですね」

haru*hanaインタビュー

「それから、映画とかいろんな映像を見ること。最近見た中でのおすすめは、韓国映画の『タチャ ワンアイド・ジャック』です。テレビはバラエティー番組をよく見ます。YouTubeでは、運動とか犬の動画を見てます」

haru*hanaインタビュー

「あとは、おねんねです(笑)。たくさん寝るわけじゃないんですけどコンディションが悪い時とか、頭が痛い時、考えごとが多い時は、寝て起きるのが一番いいです。リセットして新しく始まる感じがするので、あえて寝ようと思って寝る方です。普段は5時間以上は寝ていますよ。横向きで寝ます。仰向けでは寝ません」

haru*hanaインタビュー

── 最後にファンにメッセージを!

「僕のことを忘れないでいてくださってありがとうございます。また新しく僕のリリースイベントに来てくださった方もありがとうございます。貴重な時間を費やして来てくださる方々を失望させないように、面白くしますので、応援よろしくお願いします!」


チャン・デヒョン情報
【CD詳細】

「FEEL GOOD:1ST SINGLE」
販売価格:¥2,400(+税)

▶︎TRACK LIST
01. 던져(FEEL GOOD) 
02. SO 
*PHOTO BOOK 
*フォトカード 10種類/ランダム2種類 

【リリースイベント】
・11月7日(木) 東京:ダイバーシティ東京 ①午後0:00 ②午後2:00
・11月8日(金) 千葉:ららぽーとTOKYO-BAY ①午後0:00 ②午後2:00
・11月9日(土) 神奈川:タワーレコード川崎 午後7:00
・11月10日(日) 千葉:アリオ柏 午後0:00

haru*hana(ハルハナ)とは?
韓国エンタメ好きのための、新しい情報誌「haru*hana」。
ドラマやK-POPはもちろん、最新芸能ニュースまで網羅!韓国エンタメの“いま”を知るならこの1冊!

Twitterアカウント:@haruhana_tvg
バックナンバー :http://haruhana.zasshi.tv/




キーワード

関連リンク

TVガイド最新号

TVガイド
2019年11月22日号
発売日:2019年11月13日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:Kis-My-Ft2

新着連載

PAGE TOP