haru*hana インタビュー

特集

ご飯に髪の毛が入っていた時、こんな反応の女子はイヤ!「あなたもきっと経験する恋の話 2018」で2役に挑戦するカラムの恋愛観とは?

haru*hanaインタビュー

 3月2日から東京・新宿シアターモリエールで全編日本語上演される舞台「あなたもきっと経験する恋の話 2018」(以下「あな恋」)が今年も上演決定! 昨年は、恋愛に奥手なテピョン役を演じたカラムが、今回は恋愛経験豊富なトング役と合わせ、なんと両方の役を演じるという。

──カラムさんは、この作品の韓国版である「オギョクサ」を韓国で上演された時にトング役を、去年は日本で、この「あな恋」でテピョン役を経験されていますが、今回は両方の役を演じることについてどう思っていますか?

カラム 「今までやったことがないことだし、プレッシャーを感じています。最初その話をきいたときは『ふざけんな』って思いました(笑)。でも、よく考えてみたらいいチャンスだと思って。やったことのある作品で、両方の役を経験しているので、全体の台本は頭に入っているから可能といえば可能だし、人生1回しかないから、『やっちゃおっか』って思ってやることにしました」

──恋愛下手なテピョンと、経験豊富なトング、どちらが演じやすいですか? また、前回とは「ここを変えたいな、直したいな」と思っているところなどはありますか?

カラム 「演技しやすかったのはテピョンのほうですね。トングは、それまではただの女友達だったボラが自分のことを好きだと分かった瞬間から、急に彼女のことを好きになるんですが、そこのきっかけの部分とかが表現しにくくて難しかったです。なので、今回はそこをもう少しうまく演じたいですね。テピョンの場合は、女性との接触が全くなかった人という設定なので、相手役の女性のジンソンに初めて会うシーンは、もっともっと焦った感じを出したいです。初めて女性に接した時の気持ちを表現しないといけないんですが、公演数が増えていくにつれて、慣れてしまった部分があったので今回は気を付けないと。前は全編日本語のセリフを覚えるのに精いっぱいだったけど、今回は、細かい部分も気をつけてレベルアップしたいと思っています」

haru*hanaインタビュー

──前回、テピョンを演じたときの服装は、ちょっと変な格好でしたよね。

カラム 「前回のテピョンのビジュアルは、やりすぎ、というか結構すごかったじゃないですか(笑)。前回は、ただただ気持ち悪いって感じだったんですが、今回はもっと現実的に、こういう人いるよね~っていうリアルさを追求したいです。個人的には“ブスメガネ”は必ずつけたい!度数が高くて、つけたら目がすごく小さくなっちゃう望遠鏡みたいなメガネ。でも、はずすとカッコイイってやつ(笑)」

──トングは昔からの女友達と恋愛に発展していく関係、テピョンは一目ぼれから恋愛が始まっていくパターンですが、実際のカラムさんは?

カラム 「う~ん、どうですかねぇ。僕にとって恋愛は、まだ興味がない頭が痛いゲームというか…(笑)。僕はまだ恋愛の必要性を感じていないので、こういう作品をやりながらそういう感情をもっと体に吸収させていきたいなと思います」

──以前から、一目惚れはしないと言っていましたよね?

カラム 「はい、僕は一目ぼれしないタイプです。第一印象とか、見た目的なもので人を判断しちゃだめっていうことを、本当にもう僕はよくわかったので。その人を深く知るためには、ちゃんと向き合ってみないとわからないですよ。結婚している人も10年20年も一緒に生活してみても、今でも分からないっていう人、よくいるじゃないですか。だから恋愛っていうのは結婚のための勉強の一つだと思っているし、いろんな人に出会って、自分に一番ぴったり合う人を探す目を育てる、そういう能力を磨いていく作業じゃないかと思います」

──カラムさんは、付き合う時に結婚まで考えるタイプなんですね。

カラム 「この人と結婚できるかなーって思えるくらいの人となら付き合えるけど、そうじゃなかったら、時間もお金も無駄にしたくないです(笑)。そこまで思える人じゃなかったら無理!」

haru*hanaインタビュー

──では、どんな人だったらいいのですか?

カラム 「まず礼儀がいいこと。普通に周りの人たちに評判が良くて、礼儀がある人ですね。例えば一緒にご飯を食べに行って、そのご飯の中に髪の毛が入っていたとします。そういう時に、すぐ手を上げてお店の人に向かって『これなんですか!? 変えてください。でないとお金払いません』って強く言うタイプの人とかは、僕は絶対に無理ですね。家に帰りたくなっちゃいます。逃げたい(笑)。タクシーに乗る時も、運転手さんに対する態度が偉そうだったりすると、イヤになりますよね。相手の気持ちを少しでも思いやってくれる人がいいです」

──ボラとジンソンならどっちがいいですか?

カラム 「どっちでもないですけど、あえて言うならボラですかね? 幼なじみで楽だし。ジンソンは明らかにちょっとおかしいでしょ(笑)」

haru*hanaインタビュー

──物語の中で、2組のカップルがダブルデートしてケンカが始まるシーンもありましたが、実際カラムさんがそんな場面に遭遇したらどうしますか?

カラム 「僕は、誰ともほとんどとケンカしたことないんですけど、もし相手が怒ったら……家に帰ります!(笑)。用事を思い出したふりして家に帰って、二度と連絡しません(笑)。僕に対して何か不満があるなら、はっきり言ってほしいけど、優しくお願いしたいです。『今、私機嫌悪いから、今なんで私が機嫌悪いのか理由を探して!』みたいな感じだったら、もう無理無理! すぐ家に帰ります(笑)。頭が痛くなっちゃいますよ~! でも実際は僕が、極力相手に合わせる方だから、そうすると相手も合わせてくれるんじゃないですか」

──もし、大国男児のメンバーとWデートするなら誰と行きたいですか?

カラム 「ヒョンミンとインジュンですかね。何か面白いことが起こりそうな感じがするじゃないですか(笑)。それがすごく思い出に残りそう。あと、ずっと2人がしゃべっててくれるから、僕は笑っていればいいので楽です」

──デートするならどんなことしたいですか?

カラム 「川に連れて行って、一緒にウェイクボートに乗りたいですね。タットリタンとかチムタックを出前で頼んで一緒に食べたいです」

haru*hanaインタビュー

──最後に、舞台の見どころをお願いします。

カラム 「前回よりもう少し日本に合わせた作品にしようと思っていて、役名も日本人の名前に変更する予定です。曲も増やそうかっていう相談もしているので、前回『あな恋』を見た方は、以前よりレベルアップしているカラムの姿を見ることができると思います。僕の存在をわからない方も、この舞台を見てくれたら、僕という俳優・アーティストのことがわかると思うので少しでも興味を持ってくださった方はぜひ見に来てください!」

haru*hanaインタビュー
■公演概要
「あなたもきっと経験する恋の話 2018」
日程:2018年3月2日(金)~ 3月11日(日)
会場:新宿シアターモリエール
出演者:カラム、ソヌ(Boys Republic)、クォン・ドギュン(One O One)、チェジン(MYNAME) 他

【公演日程詳細】(トング役/テピョン役)
3月2日(金)午後7:00~ カラム/ソヌ
3月3日(土)午後1:30~ カラム/ソヌ 午後6:00~ カラム/ソヌ
3月4日(日)午後1:30~ カラム/クォン・ドギュン 午後6:00~ カラム/クォン・ドギュン
3月5日(月)午後2:30~ カラム/ソヌ 午後7:00~ カラム/ソヌ
3月6日(火)午後2:30~ カラム/クォン・ドギュン 午後7:00~ カラム/クォン・ドギュン

【追加公演日程詳細】(トング役/テピョン役)
3月7日(水)午後2:30~ チェジン/クォン・ドギュン 午後7:00~ チェジン/ソヌ
3月8日(木)午後2:30~ チェジン/カラム 午後7:00~ チェジン/カラム
3月9日(金)午後2:30~ チェジン/カラム 午後7:00~ チェジン/カラム
3月10日(土)午後1:30~ チェジン/カラム 午後6:00~ チェジン/カラム
3月11日(日)午後1:30~ チェジン/カラム 午後6:00~ チェジン/カラム

<公式ホームページ>:http://r-t.jp/anakoi/
公演に関するお問い合せ:ライズコミュニケーション 03-5790-2661(平日午後1:00~午後5:00)

haru*hana(ハルハナ)とは?
韓国エンタメ好きのための、新しい情報誌「haru*hana」(奇数月20日頃発行)。
ドラマやK-POPはもちろん、最新芸能ニュースまで網羅!韓国エンタメの“いま”を知るならこの1冊!

Twitterアカウント:@haruhana_tvg
バックナンバー :http://haruhana.zasshi.tv/

キーワード
関連リンク

PAGE TOP