完全保存版TVドラマガイド【2020年冬】

特集

知らなくていいコト

1月8日 スタート 日本テレビ系 毎週水曜 午後10:00~午後11:00

あらすじ(第7話 2月19日放送)

校了前日、高熱を出した特集班デスク・黒川(山内圭哉)が、ケイト(吉高由里子)にデスク代理を命じて病院へ。編集長の岩谷(佐々木蔵之介)も大物小説家との食事会に向かう。そんな中、国会議員の政治資金不正流用について実名で告発した私設秘書が、実名証言を取り下げると言い出した。担当の木嶋(永野宗典)が説得に向かう中、ケイトらは差し替え原稿の用意に追われる。

キャラクター紹介

  • 真壁ケイト(吉高由里子)
    「東源出版」に勤務する編集者。週刊イースト編集部・特集班に所属。入社10年目。永田町にも警視庁にも人脈があり、上司にもかわいがられている。映画評論家で字幕翻訳の第一人者である母譲りの人受けの良さと明朗さを持つ。職場の後輩で交際2年目の春樹からのプロポーズを期待している。
  • 尾高由一郎(柄本佑)
    「東源出版」に勤務するカメラマン。ピューリッツァー賞の候補となった過去もある硬派な報道カメラマンだったが、ある理由から動物写真カメラマンに転向。結婚しており、妻と子どもがいる。数年前はケイトと付き合っていたが、現在は仕事仲間であり、よき相談相手でもある。
  • 野中春樹(重岡大毅)
    「東源出版」に勤務する編集者。週刊イースト編集部・連載班に所属。ケイトの恋人。気難しい連載作家相手に苦しんでいた時、先輩だったケイトのアドバイスで仕事がうまくいくようになる。それ以来、ケイトを尊敬している。
  • 岩谷進(佐々木蔵之介)
    「東源出版」に勤務する編集者。週刊イースト編集長。デスク時代に歴史に残るスクープをいくつも取り、当時のカメラマンだった尾高とは兄弟のような仲。編集部が一心同体の気持ちになれるような雰囲気作りがうまく、週刊イーストは週刊誌の中で常に売り上げ1位をキープしている。
  • 乃十阿徹(小林薫)
    東大出身の英米文学研究者。自転車修理の店を営みながら細々と暮らしている。

出演者

吉高由里子/柄本佑/重岡大毅/佐々木蔵之介/小林薫 ほか

スタッフ・音楽

脚本:大石静/演出:狩山俊輔/演出:塚本連平/プロデューサー:西憲彦/プロデューサー:小田玲奈/プロデューサー:久保田充/プロデューサー:大塚英治
主題歌:flumpool「素晴らしき嘘」

概要

吉高由里子が週刊誌の敏腕記者役で主演! 大石静脚本のお仕事系ヒューマンドラマ

吉高由里子が週刊誌の敏腕記者役で主演するお仕事系ヒューマンドラマ。週刊誌編集部を舞台に、主人公・真壁ケイト(吉高)が、記者としてだけでなく、人としても成長していく姿を描く。脚本は「家売るオンナ」(同系)、「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系)など、話題作を数多く手掛けてきた大石静のオリジナル。仕事も恋も順風満帆だったケイトが、最愛の母の死をきっかけに、驚がくの真実を知り運命に翻弄されるさまを、軽妙なタッチで1話完結で紡ぐ。ケイトの元カレでカメラマンの尾高由一郎を柄本佑、ケイトの後輩で恋人・野中春樹をジャニーズWEST・重岡大毅が演じるほか、佐々木蔵之介、小林薫らが共演。

キーワード
関連リンク

TVドラマガイド

朝・昼

月曜ドラマ

火曜ドラマ

水曜ドラマ

木曜ドラマ

金曜ドラマ

土曜ドラマ

日曜ドラマ

PAGE TOP