完全保存版TVドラマガイド【2019年冬】

特集

JOKER×FACE

1月14日 スタート フジテレビのみ 毎週月曜 深夜0:55~深夜1:25(初回は深夜1:20~深夜1:50)

キャラクター紹介

  • 流川(松本穂香)
    動画配信チャンネル「JOKER」を運営し、動画投稿で荒稼ぎする謎の美女。“犯罪ボーダーライン”の現場に柳を潜入させて撮影した動画を配信し、何のためらいもなく対象者をさらしていくが、その目的は謎に包まれている。
  • 柳(松尾諭)
    流川の口車に乗せられて動画制作の片棒をかつぐはめになる中年男。流川に操られ、右往左往する。
  • レン(須藤蓮)
    「JOKER」に心酔する謎の男。

出演者

松本穂香/松尾諭/須藤蓮 ほか

スタッフ・音楽

脚本:玉田真也/演出:スミス/演出:山岸聖太/演出:青木達也/プロデューサー:櫻井雄一/プロデューサー:望野さやか
主題歌:milet「Again and Again」/挿入歌:milet「I Gotta Go」

概要

松本穂香と松尾諭がW主演。渋谷を舞台にしたクライム・エンターテインメント

注目の若手女優・松本穂香と、映画やドラマに引っ張りだこの個性派俳優・松尾諭がダブル主演する、新感覚のクライム・エンターテインメント。動画配信チャンネル「JOKER」を運営し荒稼ぎする謎の美女・流川(松本)と、その片棒をかつぐはめになる中年男・柳(松尾)が、東京・渋谷を舞台に犯罪すれすれのトラブルを起こすターゲットを狙い、罠を仕掛けていく。劇作家・玉田真也による完全オリジナルストーリーを、演出を担当するスミスをはじめ、「ぼくは麻理のなか」「青と僕」(ともに同系)を手掛けたクリエーターらが再集結し、映像化。都内各所でオールロケを敢行したスタイリッシュな映像で、スピーディーな物語が展開する。

記者会見情報

フジテレビの連続ドラマ「JOKER×FACE」の取材会に、主演の松本穂香と松尾諭が出席した。同作は、東京・渋谷を舞台にしたクライム・エンターテインメントで、過激動画を投稿する謎の女性・流川(松本)と、流川に翻弄され動画撮影するはめになる柳浩平(松尾)が、犯罪すれすれの現場に潜り込んでは社会の裏側で起きるトラブルの数々を赤裸々にしていくさまを描く。松本は「ボーっとした女の子の役が多かったけれど、流川はハキハキしたテンションの高い役柄」と語り、口の悪い流川を演じた撮影中は「自分の独り言も口汚くなっていた」と苦笑い。ダブル主演となる松尾は、「もうすぐ撮影終了ですが、ようやく“松本さん”から“穂香ちゃん”と呼べるようになった」と、やっと打ち解けたことを報告して笑わせつつ、「流川に翻弄される情けない男。地で行けるので気負いはまったくなかった」と手応えを得ていた。

  • これまでの役と違って、ハキハキしたテンションの高い役です(松本穂香/流川)

    SNSなど、今の時代にはやっているストーリーで、自分が演じたことのない役柄です。これまではボーっとした女の子の役が多かったけれど、流川はハキハキしたテンションの高い役柄。松尾さんとダブル主演で、楽しそうだなと思いました。普段言えないような言葉を使う、口の悪い女の人の役なので、撮影中は自分の独り言も口汚くなっていました(笑)。お笑いのジャルジャルさんとか、動画サイトはよく見る方です。1日1本ネタを上げるってすごい。大変だろうな、常に配信のことを考えて生活しているんだろうなと。何かの拍子にジャルジャルさんの動画を見て、それから今の楽しみはジャルジャルさんだけですね(笑)。

  • 役作りすることなく地で行けるので気負いはまったくありませんでした(松尾諭/柳浩平)

    今では打ち解けていますが、穂香ちゃんは僕とダブル主演で驚いているだろうし、「なんでこの人と?」と感じているだろうなと、先週まで思っていました。もうすぐ撮影終了ですが、ようやく“松本さん”から“穂香ちゃん”と呼べるようになりました。(松本演じる)流川に翻弄される情けない男という役ですが、僕自身が基本的に情けない男なので、役作りすることなく地で行けるので気負いはまったくありませんでした(笑)。


キーワード
関連リンク

TVドラマガイド

月~土曜日

月曜ドラマ

火曜ドラマ

水曜ドラマ

木曜ドラマ

金曜ドラマ

土曜ドラマ

日曜ドラマ

PAGE TOP