完全保存版TVドラマガイド【2019年冬】

特集

連続ドラマW それを愛とまちがえるから

2月9日 スタート WOWOWプライム 毎週土曜 午後10:00~午後11:00

キャラクター紹介

  • 伊藤伽耶(稲森いずみ)
    結婚15年目の専業主婦。何事にも真面目で一生懸命だが、周囲に気を使い過ぎて本当の気持ちを溜めてしまいがち。匡とのセックスレスに悩んでいるが、今の生活に感謝しなければと思うあまり、匡に対する不満を認められず、誠一郎と不倫関係に陥ってしまう。
  • 伊藤匡(鈴木浩介)
    伽耶の夫。大手スーパーの課長で、うだつのあがらないサラリーマン。大らかで人のいい性格だが、それが逆に身近な人を傷つけていることに気付かない鈍感な一面も。心の癒やしを求めて、一回り以上も年齢が若い朱音と付き合う。
  • 逢坂朱音(仲里依紗)
    「ハートフル整体院」の整体師。好き嫌いがハッキリしているサバサバした性格。結婚に対してクールな価値観を持っているように見えるが、その裏には本気で人を好きになることへの臆病さがある。匡の恋人。
  • 星野誠一郎(安藤政信)
    遠野ゆきえというペンネームで少女漫画を描いている人気漫画家。大学時代に知り合った伽耶と、数年前にばったり再会してから関係を持つように。身もふたもないことを言うだらしない人間だが、実は繊細な心の持ち主。

出演者

稲森いずみ/鈴木浩介/仲里依紗/安藤政信 ほか

スタッフ・音楽

原作:井上荒野「それを愛とまちがえるから」(中公文庫)/脚本:牧五百音/脚本:新井友香/監督:宮本理江子/監督:樹下直美/プロデューサー:植田春菜/プロデューサー:浅野澄美

概要

「最後から二番目の恋」の制作陣がおくる、稲森いずみ主演の大人のラブコメディー

直木賞作家・井上荒野の同名小説を原作に、チーフ監督の宮本理江子ら「最後から二番目の恋」「最高の離婚」(ともにフジテレビ系)などを手掛けた制作陣が集結しておくる笑って泣ける大人のラブコメディー。同局初主演の稲森いずみが、周囲に気を使うあまり本音の言えない不器用な主人公・伊藤伽耶を演じる。鈴木浩介が結婚15年目を迎えセックスレスの状態にある伽耶の夫・匡、仲里依紗が匡の恋人で整体師の逢坂朱音、安藤政信が伽耶の不倫相手の漫画家・星野誠一郎を演じる。そのほか、渡辺大知、LiLiCo、MEGUMIらも共演し、一癖も二癖もあるキャラクターたちのドタバタ劇が展開される。

記者会見情報

WOWOWで放送する「連続ドラマW それを愛とまちがえるから」の試写会に、主演の稲森いずみ、共演の鈴木浩介、仲里依紗、LiLiCoが参加した。井上荒野の同名小説を映像化した同作は、結婚15年目のセックスレス夫婦の行く末を描く大人のラブコメディー。不倫をテーマとする同作について稲森は、「夫婦公認の恋人がいると聞くと、とっぴな内容のドラマと思われるかもしれないけれど、むしろ普遍的な愛の話。面白いセリフ回しで軽やかに、構えることなく受け入れられる、独特な雰囲気のドラマになっている」とアピール。それには仲も「過去に出た不倫ドラマは、ドロドロのヘドロみたいな雰囲気だったのに、このドラマはポップで明るい」と共感していた。鈴木はLiLiCoとの共演を振り返り「撮影当初はLiLiCoさんとの撮影ばかりで、途中までLiLiCoさんとのドラマなのかなと勘違いした」と言って笑わせた。

  • とっぴな内容のドラマと思われるかもしれないけれど、普遍的な愛の話です(稲森いずみ/伊藤伽耶)

    去年撮影して、やっとこの日を迎えられました。夫婦公認の恋人がいると聞くと、とっぴな内容のドラマと思われるかもしれないけれど、むしろ普遍的な愛の話です。面白いセリフ回しで軽やかに、構えることなく受け入れられる、独特な雰囲気のドラマになっています。鈴木浩介さんとは初共演ですが、ムードメーカーで盛り上げてくれて、面白くて楽しいイメージがあったけれど、実は二枚目だと気付きました(笑)。現場で仕事に向かっている姿や言動が二枚目です。撮影で、(台本)20ページくらいの量をワンカットで一気に演じた際は、ちょっと心臓がバクバクしました。山中湖での深夜から早朝の撮影では、赤富士を初めて見たので、撮影のご褒美だと思いました。数年前からウオーキングが好きで、人気の少ない夜に歩いています。風を感じながらウィンドウショッピング。長い時で2時間くらい、あっという間に過ぎます。

  • 台本を読み物として楽しく読んだけれど、役者としては地獄でした(笑)(鈴木浩介/伊藤匡)

    それぞれの役がそれぞれ鬼のようにしゃべっている。そこが、ほかのドラマとの大きな違いです。会話も小気味よいリズムで書かれているから、読み物として台本を楽しく読んだけれど、それを覚えなければいけない役者としては地獄でした(笑)。撮影当初はLiLiCoさんとの撮影ばかりで、途中までLiLiCoさんとのドラマなのかなと勘違いしました。稲森いずみさんは物静かな落ち着いたイメージ。現場では、主役をやる時の責任感や軸の強さ、体幹が取れていると思いました。軸が強いから、瞬発的な演技の時にひょうひょうと淡々と演じているんだなと感じ、その強さ、エネルギーの放出量の勢いに驚きました。午前2時入りで午前4時開始のシーンがあり、そこで稲森さんと見た富士山はとても奇麗でした。

  • 不倫なのにポップで明るい。長いセリフは大変だったけれど、楽しかったです(仲里依紗/逢坂朱音)

    不倫はいけないことと思いがちだけれど、今回のドラマはそうでもない感じの雰囲気です。「なんだこの明るい現場は?」と思いました。過去に出た不倫ドラマは、ドロドロのヘドロみたいな雰囲気だったのに、このドラマはポップで明るい。長いセリフは大変だったけれど、楽しかったです。(「最近、間違えたこと」を聞かれ)間違えたというか、間違えられたことですが、今だに不在表とかで“仲里さん”と。ファンからインスタとかで“依紗ちゃん”と間違えられることもあるので、もう少し“私(の名字)は仲です”ということを、全国に伝えていきたいです。周りからは「もう少し休めば」と言われるけれど、性格上、休めない。明日死んだらどうしよう!という衝動に駆られるから、常に動いています。昔から、寝ている時にランドセルを背負って学校に行こうとしていたこともあるし、一人暮らしの時は寝ながらケーキを食べていた。最近も、夫に「寝ている時に口をモグモグしているよ」と言われました(笑)。

  • 男友達が浮気相手を紹介してきたりするので、このドラマはリアルだなと思いました(LiLiCo/馬場さくら)

    スウェーデン時代に見たニュースで、日本人の9割は不倫をしているというのを見たことがあります。私の周りの男友達も、平気で浮気相手を紹介してきたりして…。このドラマはリアルだなと思いました。私は主人とラブラブです。結婚してから夜飲みに行かなくなりました。先に主人が家にいる時は走って帰る、それくらい会いたいです。それだけいろいろな話をしたい。今日着ている私の衣装に限りなく近い熱帯魚の写真を送ってきたりする。そういうのがすごく面白いです。

キーワード
関連リンク

TVドラマガイド

月~土曜日

月曜ドラマ

火曜ドラマ

水曜ドラマ

木曜ドラマ

金曜ドラマ

土曜ドラマ

日曜ドラマ

PAGE TOP