完全保存版TVドラマガイド【2019年夏】

特集

ポルノグラファー~インディゴの気分~

7月23日 スタート フジテレビ 毎週火曜 深夜1:25~深夜1:55(初回は深夜1:35~深夜2:05)

あらすじ(第5話 8月20日放送 ※深夜1:35~深夜2:05)

ポルノ処女作の刊行が決まった木島(竹財輝之助)は、城戸(吉田宗洋)のオフィスを訪れ、城戸の転職と結婚の予定を初めて聞かされる。「君は最低だ」と言い捨てて帰ろうとする木島を引き止める城戸だったが…。

キャラクター紹介

  • 木島理生(竹財輝之助)
    純文学作家。学生の頃に大きな賞を受賞したが、出版社の担当とけんか別れしてからは仕事をしておらず、現在は創作に行き詰まり困窮した生活を送っている。大学の同級生だった城戸と再会し、官能小説の執筆を持ち掛けられる。
  • 城戸士郎(吉田宗洋)
    ポルノ小説の編集者。小説家を志していたが、大学時代に同級生の木島の作品を読み、自分の才能のなさを思い知らされて夢を断念、現職に。木島の才能を買っており、自分が担当する官能小説のレーベルでの執筆を提案する。
  • 久住春彦(猪塚健太)
    大学生。ひょんなことから木島と知り合い、やがて付き合うことになる。
  • 蒲生田郁夫(大石吾朗)
    ポルノ小説の大家。がんの療養中で余命いくばくもなく、次作が自分の遺作になると明言している。

出演者

竹財輝之助/吉田宗洋/猪塚健太/大石吾朗 ほか

スタッフ・音楽

原作:丸木戸マキ「インディゴの気分」(祥伝社/on BLUE comics)/脚本:三木康一郎/演出:三木康一郎/プロデューサー:清水一幸/プロデューサー:柳川由起子/プロデューサー:齋藤理恵子
主題歌:鬼束ちひろ「End of the world」

概要

「ポルノグラファー」の続編。竹財輝之助演じる小説家・木島の過去の恋愛を描く

FODでの配信後に話題となり地上波放送もされた、官能小説家と大学生のラブストーリー「ポルノグラファー」の過去を描く続編。丸木戸マキの漫画「インディゴの気分」を原作に、孤独な天才小説家・木島理生と、その才能を利用しようとする編集者・城戸士郎の苦悩と恋愛模様を描く。前作で、木島の家の鍵を城戸が持っているなど、作家と編集者以上の関係をにおわせていた2人の過去が明らかになる。木島役の竹財輝之助、城戸役の吉田宗洋、大学生・久住春彦役の猪塚健太が前作に引き続き出演し、物語のキーマンとなるポルノ小説の大家・蒲生田郁夫に大石吾朗が扮する。演出・脚本を手掛けるのは、前作と同じく三木康一郎。

キーワード
関連リンク

TVドラマガイド

朝・昼

月曜ドラマ

火曜ドラマ

水曜ドラマ

木曜ドラマ

金曜ドラマ

土曜ドラマ

日曜ドラマ

PAGE TOP