完全保存版TVドラマガイド【2019年夏】

特集

セミオトコ

7月26日 スタート テレビ朝日系 毎週金曜 午後11:15~深夜0:15

キャラクター紹介

  • セミオトコ/セミオ(山田涼介)
    この夏、地上に羽化したセミ。由香と運命的に出会い、人間の姿に形を変える。命が尽きるまでの7日間だけ、由香が暮らす「うつせみ荘」で一緒に住むことに。口癖は「なんて素晴らしい世界なんだ」。好物はメイプルシロップ。
  • 大川由香(木南晴夏)
    「うつせみ荘」の住人。食品工場で働いている。人と円滑なコミュニケーションを取ることが苦手。両親共に筋金入りのヤンキーで、兄も伝説のヤンキー。セミの命を救ったことから、訳も分からぬまま7日間だけ一緒に過ごすことになる。
  • 熊田美奈子(今田美桜)
    「うつせみ荘」の住人。デザイナーを夢見て福岡から上京してきた。服飾系の専門学校に通っており、提出物の縫い物を由香に手伝ってもらうことも多い。思ったことはズバズバと口に出す性格。
  • 大川健太(三宅健)
    由香の兄。地元では有名な伝説のヤンキー。強いだけでなく、伝説になるほど“ばか”でもあり、かつては知らず知らずのうちに窃盗に手を出し、由香に通報されて逮捕されたこともある。
  • 岩本春(山崎静代)
    「うつせみ荘」の住人。絵本作家。ベレー帽をかぶり、変わった服を着て過ごしている。力持ちで心優しく、住人のみんなに愛されている。夫のマサとは昔、お笑いコンビを組んでいた。
  • 岩本マサ(やついいちろう)
    「うつせみ荘」の住人。春の夫。以前は春とお笑いコンビを組んでいた。春のことが好き過ぎてツッコミが甘くなってしまうため、お笑いの道を断念。現在は会社勤めをしている。
  • 小川邦夫(北村有起哉)
    「うつせみ荘」の住人。職業不明で部屋にいることが多い。口癖のように「体が弱い」「余命短い」と繰り返しているが、すでに何年も経過している謎が多い男。
  • 庄野ねじこ(阿川佐和子)
    「うつせみ荘」の大家。通称・国分寺姉妹の妹の方。せっかちな姉とは対照的に、とてもおっとりとした性格。
  • 庄野くぎこ(檀ふみ)
    「うつせみ荘」の大家。通称・国分寺姉妹の姉の方。せっかちな性格で、妹のねじこにいつも文句を言っている。妹と口げんかが絶えないが、実はとても仲が良い。

出演者

山田涼介/木南晴夏/今田美桜/三宅健/山崎静代/やついいちろう/北村有起哉/阿川佐和子/檀ふみ ほか

スタッフ・音楽

脚本:岡田惠和/監督:宝来忠昭/監督:竹園元/プロデューサー:横地郁英/プロデューサー:服部宣之/プロデューサー:布施等/プロデューサー:本郷達也
主題歌:Hey! Say! JUMP「ファンファーレ!」

概要

山田涼介が人間の姿をした“セミ”役に! 岡田惠和が紡ぐ奇跡のラブストーリー

地中から羽化しようとしたセミが、ある女性と出会ったことから恩返しのために人間の姿になるという、ひと夏の出会いと別れの物語。主人公のセミを演じるのは、Hey! Say! JUMPの山田涼介。セミを擬人化して演じるという難しい役どころに挑む。脚本はNHK連続テレビ小説「ひよっこ」や「最後から二番目の恋」(フジテレビ系)など数々のヒット作を生み出してきた岡田惠和による、切なく温かく、少し笑える要素も交えたオリジナル作。山田が同局のドラマに出演するのは今作が初めて。岡田とのタッグで、奇跡のラブストーリーを紡ぐ。

記者会見情報

テレビ朝日系の連続ドラマ「セミオトコ」の制作発表記者会見が行われ、主演の山田涼介、共演の木南晴夏らが登壇した。セミ役について山田は、「皆さんが衝撃を受けた以上の衝撃を、僕は受けました」と述べ、「今年の夏、一番はかなく、切なく、ほっこりできるドラマになっていると思います」と胸を張った。記者から山田が演じる“セミオ”の劇中のセリフにちなんで「最近素晴らしいと思ったことは?」と質問された山田は、「最近買った“お掃除ロボット”の動きがかわいい」と回答。続いて三宅健が「コンサートでファンの皆さんの最高の笑顔を見た時に、素晴らしい世界だなと思います!」とアイドルとして満点の回答をすると、会場は大興奮。「きっと山ちゃん(山田)も同じ気持ちだと思いますよ」と先輩の三宅から話を振られた山田は、「僕もそれは大前提で…」とタジタジに。耳まで真っ赤にした山田の慌てぶりに、会場は温かい笑いに包まれた。

  • ちょっと暗くなった心に光を当ててくれる作品になっています(山田涼介/セミオ)

    セミ役について皆さんも衝撃を受けたと思いますが、僕はそれ以上に衝撃を受けました(笑)。現場の雰囲気はとても和やかでほのぼのとしていて、いい意味でリラックスしていますし、映像にもそれが出ていると思います。セミ役を演じるにあたってちょっとセミについて調べたんですけど、ミンミンゼミの声をスロー再生するとクマゼミと似ていて、メスが聞き分けができないというのに驚きました。でも一番驚いたのは、セミの成虫が実は1カ月間生きるということを、先日、高校生が発見したというニュースですね。人は誰もが小さな悩み、大きな悩みを抱えて生きているけれども、そんな中で、ちょっと暗くなった心に光を当ててくれる作品になっていると思います。

  • 暑い夏に心が優しくなるような温かいドラマです(木南晴夏/大川由香)

    とてもかわいらしくてほっこりする、暑い夏に心が優しくなるような温かいドラマです。私はまだ、「うつせみ荘」の方々とご一緒するシーンが少ないのですが、これからどんどん増えてくると思いますので、早く皆さんの輪に入っていけたらいいなと思っています。セット撮影の日は、毎回パンの差し入れをしていただいています。ちゃんとトースターもあって、ジャムやハチミツ、バターなども全部そろえてくれる。朝ごはんを食べずに行けば、おいしいパンが食べらます。本当に幸せです(笑)。

  • ほっこりして温かく、笑えて泣ける、そんなドラマになっています(今田美桜/熊田美奈子)

    このドラマは、ほっこりして温かく、笑えて泣ける、そんなドラマになっています。26日が初回放送日となりますので、よろしくお願いします。ご飯がとてもおいしい現場で、すごく幸せです。昨日の撮影では、木南さんが現場にパンの差し入れをしてくださいました。それが本当においしくて、素晴らしい世界だと思いました。

  • 山田くんの美貌に癒やされて、次の1週間を頑張る気力にしてもらえれば(三宅健/大川健太)

    地元で伝説となっているばかなヤンキーを演じさせていただいています。週末のドラマなので、山田くんの美貌に癒やされて、次の1週間を頑張る気力にしてもらえればと。「セミオトコ」は、そんなすてきなドラマになっていると思います。(「うつせみ荘」の)皆さんがすごく仲が良さそうで、さっきイベント会場へ移動するバスの中で、うらやましいなあって思いました。でも、家族のシーンも楽しいですよ!

  • 山田さんには優しいファンの方がいて、素晴らしいなと思いました(やついいちろう/岩本マサ)

    僕はしずちゃん(山崎静代)の旦那で売れない芸人という、普段とあんまり変わらない役をやっています(笑)。僕、ずっとラジオをやっているんですが、今回山田さんと共演することが発表されると、山田さんのファンが僕のラジオを聞いてくれるようになりまして、たくさんお便りが来るようになったんです。こんなにリスナーが増えるのかと、びっくりしてしまいました。山田さんには優しいファンの方がいて、素晴らしいなと思いました。

  • 和やかで、笑いの絶えない環境で楽しくやらせていただいています(北村有起哉/小川邦夫)

    撮影現場は和やかで、笑いの絶えない環境で楽しくやらせていただいています。僕たち役者の仕事って、“一期一会”なんですよ。毎回新しいメンバーと新しい出会いがある。今回の「セミオトコ」でも「うつせみ荘」の人々や健ちゃん(三宅)といった新しいメンバーで何が起こるのかなと思っています。一番最初の撮影の時の、ちょっとドキドキしたり、猫かぶっていたり、探り探りといった雰囲気が好きですね。スタートの瞬間がけっこう面白かったりしています。

  • 檀ふみと“美人大家姉妹”をやらせていただいています(笑)(阿川佐和子/庄野ねじこ)

    今回は檀ふみと“美人大家姉妹”をやらせていただいて、セリフなのか口げんかしているのか分からないくらいです(笑)。普段私はインタビューをしたり原稿を書いたり、一緒に仕事をする人の数が少ないんですが、ドラマの世界って本当にものすごいたくさんの方々が携わっている。現場のみんなが機嫌よくニコニコと頑張っている姿を見ると、本当に生きてて良かった、日本の若者はすてきだなと思います。

  • 山田さんは透明感があって涼し気な感じがして、夏が似合う人ですね(檀ふみ/庄野くぎこ)

    役柄の上では私がお姉さんですが、あちら(阿川)が本当はお姉さんです(笑)。私は独身でございまして、阿川さんにも先を越されてしまいましたし、普段は1人でご飯を作って食べていて、寂しいんです。先日現場に自作の料理を持って行ったのですが、山田さんにおいしいと言ってもらえて、「なんて素晴らしい世界なんだ!」と思いました。山田さんは透明感があって涼し気な感じがして暑苦しくない、夏が似合う人ですね。

キーワード
関連リンク

TVドラマガイド

朝・昼

月曜ドラマ

火曜ドラマ

水曜ドラマ

木曜ドラマ

金曜ドラマ

土曜ドラマ

日曜ドラマ

PAGE TOP