完全保存版TVドラマガイド【2019年夏】

特集

僕はまだ君を愛さないことができる

7月15日 スタート フジテレビ 毎週月曜 深夜2:50~深夜3:50

あらすじ

※最新のあらすじは秋ドラマで更新しています。

キャラクター紹介

  • 御手洗陽(足立梨花)
    靴メーカー「ダイアナ」に勤務する主任で、愛する靴の仕事にやりがいを感じている。仕事にも恋にも一生懸命だが、恋愛はあまりうまくいっていない。正義感が強く、簡単には妥協しない努力家だが、お人よしの一面も。高校時代からの幼なじみである蓮は、よき理解者で一番の親友。
  • 石田蓮(白洲迅)
    都市の再開発などを手掛けるデベロッパー「芹沢地所」に勤務。誰に対しても優しく、気遣い上手なのでモテるが、これまで付き合った数人の女性とは、親しすぎる陽の存在が原因で破局している。陽に思いを寄せながらも親友として優しく見守る。高校時代、陽に「絶対に好きにならない」と宣言している。
  • 水沢竜星(浅香航大)
    陽の元カレ。5年前、起業に失敗したことで自暴自棄になり、突然陽の前から姿を消した。ベンチャー企業の社長になって再び陽の前に現れ、復縁を迫る。
  • 河野麻希(松本妃代)
    蓮の会社の後輩。理想の結婚相手である蓮に対して、猛烈なアプローチをかける。
  • 鳴海悠(佐久間悠)
    陽の会社の後輩。優しい性格で甘いマスクの持ち主。絶妙な気配りで陽に接近していく。

出演者

足立梨花/白洲迅/浅香航大/松本妃代/佐久間悠 ほか

スタッフ・音楽

脚本:シュー・ユーティン「イタズラな恋愛白書」/脚本:新井友香/脚本:古賀文恵/脚本:今奈良孝行/監督:熊坂出/監督:玉澤恭平/監督:山田卓司/プロデューサー:櫻井由紀/プロデューサー:東康之/プロデューサー:代情明彦/プロデューサー:伊藤太一
オープニングテーマ:板野友美「君に贈るうた」/挿入曲:indigo la End「小粋なバイバイ」/エンディングテーマ:indigo la End「結び様」

概要

足立梨花と白洲迅のW主演でアジアで大人気の台湾ドラマを日本版リメーク

“恋人以上”の親友関係である男女2人が織り成す恋模様をリアルに描き、アジア中で大ヒットした台湾のテレビドラマ「イタズラな恋愛白書」を、「イタズラなKiss」シリーズ、「きみはペット」(共に同系)などを手掛けたスタッフと日本人キャストでリメーク。原作の魅力的な部分はそのままに、日本オリジナルの要素もたっぷり詰め込んだラブストーリーが展開する。仕事にも恋にも一生懸命なヒロインの御手洗陽を足立梨花、そんな陽に思いを寄せながらも、親友として優しく見守る石田蓮を白洲迅が演じる。2人の関係に波乱を起こす水沢竜星を浅香航大が演じるほか、松本妃代、佐久間悠らが共演する。

キーワード
関連リンク

TVドラマガイド

朝・昼

月曜ドラマ

火曜ドラマ

水曜ドラマ

木曜ドラマ

金曜ドラマ

土曜ドラマ

日曜ドラマ

PAGE TOP