完全保存版TVドラマガイド【2019年夏】

特集

ドラマBiz「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」

7月22日 スタート テレビ東京系 毎週月曜 午後10:00~午後10:54(初回は午後9:00~午後10:48)

キャラクター紹介

  • 村越誠一(反町隆史)
    中小企業を倒産の危機から救う再建弁護士。依頼人には笑顔で接し、0.01%でも再建の希望がある限り、粘り強く熱く困難に立ち向かっていく。依頼人に、暮らしを守る知恵と勇気と希望を授け再生へと踏み出す力を導き出そうとする一方で、傾いた会社を早く潰してしまおうとする債権者に対しては、時に驚くような法的手段も使いながら粘り強く対峙する。
  • 永井茜(小池栄子)
    台所事情のよろしくない村越法律事務所の経理。毒舌だが、猫グッズが大好きというかわいらしい一面も。村越の部下でありながら、何があっても村越を信じ、受け止める包容力の持ち主でもある。
  • 池田伸司(堀井新太)
    村越法律事務所の事務員。弁護士を目指すも司法試験に失敗してしまうが、持ち前の情熱と実直さで事務所を盛り上げるムードメーカー的存在。常に一生懸命だが、それが空回りしてしまうことも。
  • 村越祥子(和久井映見)
    誠一の妻で、優しく力強く誠一を支える。時には、法律事務所のスタッフらが思いもつかないようなアドバイスをすることも。誠一との間に、より強い絆を育んだ出来事がある。
  • 米倉正臣(橋爪功)
    村越の師匠に当たる弁護士。大手弁護士事務所の所長を務めている。何かと村越に目に掛け、何げない一言が村越にとって助け船になることも。

出演者

反町隆史/小池栄子/堀井新太/和久井映見/橋爪功 ほか

スタッフ・音楽

原作:村松謙一「いのちの再建弁護士 会社と家族を生き返らせる」(角川文庫/KADOKAWA)/脚本:西荻弓絵/監督:西浦正記/プロデューサー:浅野太/プロデューサー:中川順平/プロデューサー:小松幸敏/プロデューサー:浅野澄美/プロデューサー:三田真奈美
主題歌:水谷果穂「朝が来るまで」

概要

反町隆史主演。中小企業を救う実在の弁護士がモデルの熱きヒューマンドラマ

現役の弁護士・村松謙一の「いのちの再建弁護士 会社と家族を生き返らせる」を原作に、日本の企業のうち99.7%を占めると言われている中小企業を倒産から救うことに心血を注ぐ弁護士の活躍を描くヒューマンドラマ。実話からインスパイアされた物語が展開され、人を助ける弁護士の仕事と家族の愛を描いていく。初の弁護士役で主演を務めるのは、およそ10年ぶりの同系ドラマ出演となる反町隆史。弁護士事務所の仲間に小池栄子と堀井新太、妻役に和久井映見、師匠に当たる弁護士役に橋爪功が扮する。監督は、「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~」シリーズ(フジテレビ系)、ドラマBiz「ハラスメントゲーム」(同系)の西浦正記。

記者会見情報

テレビ東京系で放送のドラマBiz「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」の制作発表会見が行われ、主演の反町隆史と共演の小池栄子、堀井新太、和久井映見、橋爪功が登壇した。同作は、現役の弁護士・村松謙一氏をモデルに、中小企業を倒産から救うことに心血を注ぐ弁護士の活躍を描くヒューマンドラマ。初の弁護士役に挑んだ反町は、撮影前に村松氏と会って話をしたことを明かし、「初対面なのに本当に気さくな方で、このドラマが先生の人間性によって生まれているのだなと感じた。その人柄をドラマに生かせていければ」とコメント。その反町の姿勢に、弁護士事務所の経理担当を演じる小池が、「人としても、役者としても誠実な反町さんが演じられたからこそ説得力がある」、妻役の和久井も「撮影に挑む背中がそのまま、人を救う弁護士の背中に見えた」と絶賛。反町は「いいドラマになったと思っている」と自信をのぞかせた。

  • 村松先生のような方がいるからこそ、このドラマにも意味がある(反町隆史/村越誠一)

    最初にお話をいただいた際に、原作の村松先生とお会いして、いろいろなお話を聞かせていただきました。先生は、初対面なのに本当に気さくな方で、心を開いてくれる姿を見て、このドラマが先生の人間性によって生まれているのだなと。そして、その人柄をドラマに生かせていければと思いました。内容を見て、僕も納得していますし、いいドラマになったと思っています。今回、初の弁護士役で緊張していたのですが、最も大切なことは、村松先生がこのドラマを見てくださった時に、「感動できたよ」「リアルだったよ」と言ってくださることで、それが僕が演じていく中での正解だと思ってやっていきました。見ていただいた後に、先生からそう言っていただいたので満足しています。村松先生のような方がいるからこそ、このドラマにも意味がある。見てくださる方にも記憶に残ると思います。

  • 誠実な反町さんが演じる先生だからこそ説得力があります(小池栄子/永井茜)

    とても骨太なドラマになっています。会社が潰れるということを、普段はあまり想像していなかったのですけど、会社を守るということはこういうことだと、誠実な反町さんが演じる先生だからこそ、このドラマにも説得力があるなと思いました。暗いテーマにはなりますが、救いがない話ではありません。最終的には、皆さまも救われると思います。反町さんとは初共演でしたが、めっちゃかっこよかったです(笑)。撮影が終わってしまい、別れるのが嫌でしたが、今日久しぶりにお会いしてやっぱりかっこいいなと。作中のセリフの中で「ボス」と言わせていただいたのですが、一役者としてもボスだなと思い尊敬しています。また、村松先生のように気持ちで仕事を超えていくということは、どんな仕事においてもなかなか難しいことだと思います。弁護士の方も当然仕事として案件はこなしていますが、それよりも人との出会いや、出会った人とのエネルギーを大切にしている村松先生のような方がいると「こういう人がいてくれれば平和でいられるな」と思えます。

  • 頑張る活力になるドラマだと思います(堀井新太/池田伸司)

    このような作品に参加できて良かったと思います。月曜の夜の放送ですが、「明日から頑張るぞ」となれるドラマです。反町さんと初めてご一緒させていただいたのですが、神々しいオーラとキラキラしたダンディースマイルで緊張しました(笑)。最初はなかなか話し掛けられなかったのですが、逆に反町さんが話し掛けてくださって、演技の相談にも乗っていただきました。第1話の撮影が終わった後にも、メールで長文で褒めてくださって、反町さんに認めていただいてよかったと感動しました。プライベートでも、食事や釣りに連れていってくださって、一生ついていきたいと思いました。この作品を見て、僕が一番大事だなと思ったことは、諦めずに毎日必死に生きるということでした。僕はそうだろうかと思った時に、まだまだそうじゃないなと、気を引き締め直しました。頑張る活力になるドラマだと思います。

  • 思いの力は人を動かす、そんなすてきなドラマだと思います(和久井映見/村越祥子)

    私が演じる祥子は、反町さんの妻役なので家族パートがメインなのですが、第1話を見ていただいたら、きっと弁護士事務所の皆さんを好きになっていただけると思います。現場で反町さんが仕事に向かうその姿勢が、そのまま反町さん演じる村越の、人を救いにいくという弁護士の背中になっています。思いの力は人を動かす、難しいことにも変化をもたらす可能性がある、そんなすてきなドラマだと思います。

  • 一見難しそうなドラマですが、実際はとても見やすいドラマです(橋爪功/米倉正臣)

    キャスト、スタッフのみんなが明るくて、初日から「こんな現場でいいのか!?」というぐらいチームワークがいい現場でした。私自身は、アメとムチならぬアメとアメみたいな感じで、毎回お土産を持って村越の事務所に闖入(ちんにゅう)していくという役柄です。一見難しそうで硬派なドラマですが、実際はとても見やすいドラマです。反町くんとは久しぶりの共演ですが、本当にいい青年になったなと思いました。普段澄ましていると怖い顔なんですけど、笑うと本当にチャーミングで、反町くんの笑顔って絶品。色っぽくて少年のような感じもするしね。

キーワード
関連リンク

TVドラマガイド

朝・昼

月曜ドラマ

火曜ドラマ

水曜ドラマ

木曜ドラマ

金曜ドラマ

土曜ドラマ

日曜ドラマ

PAGE TOP