完全保存版TVドラマガイド【2019年春】

特集

虫籠の錠前

3月22日 スタート WOWOWライブ 毎週金曜 午後10:00~午後10:30

キャラクター紹介

  • カゴロク(鈴木拡樹)
    異常なほど腕が立ち、屈強な力を持つ謎の男。素直で真っすぐな性格と強い正義感を持つが、それが周囲の混乱を招くことも。そのせいで仕事を首になってばかりのためにお金にうるさくなってしまった。食べ物への執着心も強い。
  • ナナミ(清原翔)
    仕事や情報の仲介を行う、裏社会のブローカー。口がうまくて器用に立ち回れるが、本心では誰のことも信用していない。唯一、一緒に暮らす記憶喪失の少女・ヤナにだけは優しく接している。“むしかごの庭”の財産を手に入れようと画策する。

出演者

鈴木拡樹/清原翔 ほか

スタッフ・音楽

原作:成田良悟/脚本:清水匡/脚本:小寺和久/監督:豊島圭介
主題歌:Survive Said The Prophet「Right and Left」

概要

鈴木拡樹と清原翔の凸凹バディが挑む成田良悟原作の異能力バトルアクション

「バッカーノ!」「デュラララ!!」など、アニメ化もされた人気ライトノベルの著者・成田良悟による完全オリジナルストーリーをメディアミックス展開。その第1弾として、2.5次元舞台を中心に活躍する鈴木拡樹と、モデル出身で今ブレーク中の若手俳優・清原翔がダブル主演を務める連続ドラマをおくる。ひょんなことからコンビを組むことになった、不器用だが腕の立つカゴロク(鈴木)と、口先で裏社会を渡り歩くナナミ(清原)の2人が、カルト教団“むしかごの庭”によって生み出された能力者たちや、教団の残した財産を狙う裏社会の組織などとの抗争に巻き込まれていく姿を描く、新感覚の異能力バトルアクション。

記者会見情報

3月22日にWOWOWライブで放送スタートする連続ドラマ「虫籠の錠前」の先行上映&トークイベントに、ダブル主演を務める鈴木拡樹と清原翔が参加した。同作は、不器用だが腕の立つ謎の男・カゴロク(鈴木)と、裏社会を渡り歩くブローカー・ナナミ(清原)がコンビを組み、さまざまな事件を解決していく異能力バトルアクション。2.5次元の舞台を中心に活躍する鈴木と、モデル出身の清原は本作が初共演。25歳の清原は「てっきり年が近いものだと思い込んでいて、話をするうちに年上だと知り衝撃を受けた」と、33歳の鈴木の若々しさに驚き顔。お互い人見知りだそうで、鈴木が「周囲からは会話をしていないように見えたかもしれないけれど、清原くんに対しては頭の中で話をしていた」とテレパシーでのコミュニケーションを語ると、清原も「それを受け取って返していました!」と否定することなく認めて笑いを誘った。

  • この作品で趣味のランニングが生かせました(鈴木拡樹/カゴロク)

    こんな優しい人間がいたらいいなと思うくらい、優しくて純粋なカゴロクのファンになりました。この作品では結構走っているのですが、僕はランニングが趣味で、こんなに趣味を生かせた作品は過去になかったです。おかげで、ストレスがたまることなく撮影できました。清原くんとは、お互い干渉し過ぎない程度の人見知りなので、居心地は悪くなかったです。周囲からは会話をしていないように見えたかもしれないけれど、清原くんに対しては頭の中で話をしていました(笑)。演じる上では、自分にとって正解のプランではなく、間違ったプランを積極的にやっていけば、やり過ぎた時に監督が止めてくれるだろうと思いました。なので、この撮影は、積極的に地雷を踏みに行くようなものでした。

  • 自分の考えを隠すために明るく振る舞っているキャラクターです(清原翔/ナナミ)

    自分の考えを隠すために明るく振る舞っている、孤独感のあるキャラクターです。口が達者という設定なので、そこに説得力が出るように、身振り手振りの部分を意識しました。鈴木くんはてっきり年が近いものだと思い込んでいて、話をするうちに年上だと知って衝撃を受けました。(鈴木くんが)真っ白な衣装を着てナポリタンを食べるシーンがあったのですが、派手に洋服にこぼして汚してしまうのならば分かるけれど、カットがかかった後に「こぼしました」と言うので見てみたら、カメラに映らない内腿部分を汚していました(笑)。

キーワード
関連リンク

TVドラマガイド

朝・昼

月曜ドラマ

火曜ドラマ

水曜ドラマ

木曜ドラマ

金曜ドラマ

土曜ドラマ

日曜ドラマ

PAGE TOP